2016/05/31 リーグ通信、おしらせ、写真集を更新!
2016/05/23 参加チームを更新!
2016/05/16 リーグ通信、規約・規定を更新!
2016/05/13 リーグ通信を更新!
2016/05/12 リーグ通信、試合スケジュール(6,7月分)を更新!

 
 

〜お知らせ #09〜

 
役員の変更について
 
田中雅之氏は事情により、副会長を辞職することとなりました。
 

〜お知らせ #06〜

 
会場責任者について
 
試合スケジュール6,7月分の会場責任者はチーム名のみで表記していますが担当チーム会場責任者は忘れずに試合結果を事務局にお知らせください。
報告は正確に伝えるために電話ではなく、メールで以下のアドレスに送信してください。
shun19512000@yahoo.co.jp
 

〜お知らせ〜

 
市民体育館のバスケットゴール設置について
 
 

〜お知らせ〜

 
シニアリーグ・スーパーシニアリーグ募集のお知らせ
 
青森市社会人バスケットボールリーグではバスケットボールを生涯スポーツとして楽しみ子供や孫の世代にも、その面白さを伝えようとリーグ戦を開催しています。男子は40歳以上(スーパーシニアリーグは50歳以上)女子は35歳以上であれば、どなたでも参加できますし個人でも加入できます。
詳細はトップページにありますシニアリーグからご覧いただけます。
 

〜お知らせ〜

 
市民体育館使用時の注意及び指摘事項のお知らせ 
 
市民体育館で試合の際に下記の事項について体育館館長より厳重な注意がありました。使用上の注意を厳守して下さい。

1,喫煙時外出の際でも土足禁止。
2,喫煙時外出の際でも職員玄関の出入りは禁止。
3,児童待機室及び授乳室の利用ルールの厳守。
4,ホールでの準備運動(アップ)は禁止。

1.2は特に喫煙時に体育館の外へ出る際に見受けられるので注意して下さい。

3について、児童待機室は、保護者同伴の元に使用するのがルールです。保護者が試合やTOのため子供のみで遊ぶということは禁止されております。館長より「事故があると大変なことになる」ということで注意を受けました。

4については、従来より禁止されていること。

今後の試合などでも注意をして頂き徹底した認識の元で使用していかなければバスケットボールの体育館使用禁止となりますので周知の徹底をお願いいたします。
 

〜お知らせ〜

 
【重 要】 市民体育館からの注意事項  
 
社会人バスケットボールリーグの試合を行う際の器具の扱いについて指摘がありましたのでお知らせします。
バスケットボードをセッティングする際のコードを乱暴に扱わないように注意がありました。同様にデジタルタイマーを つなぐ電源ドラムについても注意して扱うように指摘がありました。
いずれもコンセントに繋ぐプラグに損傷が見られるので 注意深く扱うようにしてください。
どちらの器具も会場設営の際に事務室から借り終了したのちに事務室に返還してください。
会場責任者は必ず確認も行うようにしてください。
 

〜お知らせ〜

 
審判講習会について 
 
開会式でもお知らせした通り審判講習会に半分以上参加しないチームの帯同審判員には次回の青森県公認審判の更新が不可となります。
各チームには2人以上の公認審判の帯同が義務付けられておりますし2チーム以上の審判の兼務も出来ないこととなっております。
各チームは審判講習会に参加してレベルアップをしてください。
なお、審判講習会は原則毎月1回を予定しています。

各チームの審判講習会出欠状況は
平成27年度審判講習会出欠一覧表よりご確認下さい。
 

会場責任者マニュアル

  • 会場設営をする前に体育館側(事務室等)に、設営することを伝える。
  • 各チームに会場設営の準備を指示する(ゴール・机等)。
  • オフィシャルの用具やオフィシャルの人数等を確認して迅速にゲームが出来るように指示する。
  • ゲーム終了後の清掃、撤収(ゴール・机等)を指示する。
  • 清掃や忘れ物の確認をして体育館側(事務室等)に終了の連絡をする。
  • (21時50分)までには体育館から駐車場へ出ることを徹底してください。
会場責任者は、該当する試合日の全チームに関する責任を負います。
Aコートだけあるいは2試合の内の1試合だけということではありません。
設定から撤収までのAB両面コートの全4試合を2人で協力して行ってください。
 
 

 事務局/成田 豊 

 ●携帯電話
  090-7329-4792
 ●自宅電話&FAX
  017-766-3790
 

 白鳥 俊一 

 ●メール連絡先
shun19512000@yahoo
.co.jp
 
 
     
当ホームページでは、一部にPDF形式ファイルを使用しております。
PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Systems Incorporated
(アドビシステムズ社)のAdobe(R) Acrobat(R) Readerが必要となります。Acrobat Readerは、アドビ社のホームページ等で無償で配布され
ています。