千葉大学の卒業制作作品です。97年3月発表です。その97年7月にはデザイン誌(アイデア7月号)の美術系大学誌上卒業作品展として千葉大学工学部工業意匠学科代表として掲載されました。3DCGの素材の扱いやすさを使い、透明アクリルのシンセサイザーをデザインしました。

この画像を見て、どっかで見たようなデザインだと思いませんか?アップルのi macに似ていますよね。 しかし、この作品を制作していた96年から97年にかけてまだi macはこの世に存在していませんでした。 よってこの透明素材、レインボーカラー展開のプロダクトのデザインは僕が先だったのです。i macを真似したのではないですよ。 今のimacカラーブームはこの僕が作ったといっていいでしょう。でもimacカラーにはもう、うんざりです。

back