5αリダクターゼとジヒドロテストロン(DHT)



正しい育毛をするには、薄毛のメカニズムを把握し理解しておく事が大切です。
その中でも基本中の基本でもあり、最も重要な事が、
この5αリダクターゼとジヒドロテストロン(DHT)です。これからのあなたのためにもしっかり勉強をしておきましょう!

この事を知れば回復させるためのやるべき答えが見えてきます!


還元酵素5αリダクターゼ(1型・2型)


5αリダクターゼ(還元酵素)は、テストステロン(男性ホルモン)と結び付いて、ジヒドロテストロン(DHT)に変換する働きがある。それは、男性のハゲ・薄毛を引き起こし、促進させる最も強力な男性ホルモンである。
(このDHTは、通常の男性ホルモンの5〜10倍あると言われている。)

その事からもDHTは強力な男性ホルモンといえます。

その強力なDHTが若ハゲ、薄毛を引き起こす最大の原因であります。

また、5αリダクターゼ(酵素)のタイプには2種類あり、1型5αリダクターゼと2型5αリダクターゼのタイプが2種類あることが解っています。

頭皮では、下記の図のように皮脂腺にタイプ1型5αリダクターゼがたくさん存在し、また、髪の毛をつくり出し活発に成長させるために大切な毛乳頭にはタイプ2型5αリダクターゼが存在します


この5αリダクターゼは、男性ホルモンと結び付く事により、最大限まで高いレベルに変える働きがあるのです。

図 頭皮の毛根に1型・2型5αリダクターゼが存在する。


そして、最近になって解った事が、男性型脱毛症は、1型5α-リダクターゼより、2型5α-リダクターゼが、より強力な影響を与えると言われています。

そして、ここに興味深いデーターがあります。

@ 5α-リダクターゼ欠損症(2型5α-リダクターゼが欠如している)の男性では、男性型脱毛が見られない。


A 1型5α-リダクターゼは男性型脱毛の側頭部と後頭部の毛乳頭細胞で発現するが、 2型5α-リダクターゼは前頭部や頭頂部(つむじも辺りを含む)の頭皮の毛乳頭細胞に発現する。

このAでも解るように、 2型5α-リダクターゼは、ハゲ・薄毛に成りやすい前頭部や頭頂部の毛乳頭に発現するのです。




また、薄毛の要因の1つである遺伝的要因も、5αリダクターゼが多く生成されるという体質が遺伝するということでは無いか?とも言われています。


これは、5αリダクターゼの多く生成されやすい体質が遺伝して薄毛を引き起こすという事です。

 薄毛の問題は、この5αリダクターゼが大きく握っている事は事実です。




 5αリダクターゼは1型・2型両方の対策が必要であるが、特に2型の影響が大きく
 2型5αリダクターゼの対策を重点的に実施しなければならない!




強力な男性ホルモンあるジヒドロテストロン(DHT)




毛根で男性ホルモンは5αリダクターゼと結びついて、より強力な悪玉男性ホルモンであるジヒドロテストロン(DHT)に変換される。

そのジヒドロテストロン(DHT)は、男性の薄毛や抜け毛の引き金になります。

髪の毛根が長い期間にわたって、ジヒドロテストロン(DHT)のメッセージを受け取る時、毛乳頭はより少ない髪を生産し始め、やがて髪の毛の生産を行わなくなるのです。

ジヒドロテストロン(DHT)は直接細胞に働きかけるのでなく、DHTは毛乳頭にある受容体(レセプター)にくっつき働きかけ、脱毛因子を増やし「髪の毛をつくるな!」の指令を出し続けます。

これにより、髪の毛の生産を著しく減少させているのです。

また、遺伝的要因により、DHTの感受性が高い人は、一度、脱毛のスイッチが入ってしまうと急速に薄毛になりやすいのも事実です。

通常のDHTの量でもあっても、DHTの感受性が高い人は、DHTに過剰に反応してしまいやすい事が問題です。

そのため、普通の人よりも、急激に薄毛化が加速しやすいとも言えます。




いずれにしろ5αリダクターゼと男性ホルモンが結びつき、変換されたDHTにより脱毛因子が多く生成されて「髪の毛をつくるな!」の指令が出ることで、髪の毛がうまく育たずに、簡単に抜けてしまいます。

回復のためには、これらをいち早く解消しなければいけません!

 

 








ソーパルメットとは!




これが男性型脱毛症の正体!?    さらに的を射た正しい育毛方法!
                            【最高の育毛を実現させるために知っておくべき事!】

 5αリダクターゼとDHT  男性型脱毛症の正体!?  やっぱ!成長因子でしょ!  生え際の復活法 

 皆さんからの育毛情報   的を射た正しい育毛方法    史上最強の育毛プログラム