阪神・淡路大震災から10年目になります。
多くの教訓を残した地震・・
6433人に及ぶ震災死亡者の方々に追悼の意を捧げます。

残された方々の元気を祈ります。
被災者だった私も家族も、元気でやってます。

東道武志

2003年1月17日

追記:平成28年3月11日

2011年3月11日 PM2:46
マグニチュード9.0⇒(M6.8)
東日本巨大地震の真実

まずはこちらをご覧ください。
全てはそれからです。

東道武志

平成28年2月28日pm4:29


27年5月14日pm10:18
5月13日am6:12宮城県沖でM6.8が発震したが、
さらにもう一発が控えているものと思われる。
警戒継続!

27年5月13日am1:18 [厳重警戒]更新
5.11は、無事に過ぎ去ったが、この先数日間
警戒を解かず天変地異に十分注意し、備えを怠らないように。


26年10月5日pm10:32 [厳重警戒]更新
いよいよ秒読み段階に入ったか。
何処のサイトも情報が切迫している。
11〜13の連休辺りは何処へも出かけない方がいいのかもしれない。


26年8月2日
久々の更新である。
やけにインターネットが重く、しかも巨大な予兆を捉える情報が俄かに多くなってきたことから、更新さえも憚られるようになってきた。その時は刻一刻と迫ってきているのは確かなのであろうが、今何をしておくべきなのか想像もつかない。どうやら破壊的状況は連鎖して起こり得る可能性が高く、その後のインフラの復旧にどれだけの時間を要するのかが一番知りたいところだ。そうなる前の準備は、ある程度整えたが、身内を救いに行ける状況が整うまでの日数がたいへん気がかりである。交通網が大きく遮断され、通行止めを回避し、現地に辿り着くのは容易なことではないだろう。それは、阪神大震災の時も、311の時も共通している。しかし・・都心部の大規模な破壊は、現場に近づくことさえ出来なくなるかも知れない。

26年4月21日am7:17[厳重警戒]更新
太陽風の直撃とバヌアツの法則から大きめの地震に注意が必要。特に4月下旬から5月のゴールデンウイークは、最大の注意が必要。

26年2月26日am1:21 [厳重警戒]更新
2月28日〜3月1日まで、厳重警戒を要す。
必要なものは早く手配を。


26年2月21日am1:21 [警戒]更新
入手が必要なものは早く手配を。
震災級本震前の前震となるクラスの前兆が重なっている。


26年1月8日pm2:40 更新
悪い条件が重なっている。
ここ数日中、厳重注意が必要と思われる。


26年1月1日pm11:51 更新
茨木が揺れている。
ガス抜きとなり本震の時期が先延ばしになったのか、
それともこれが前震なのかは解らない。
言えることは、元旦というのに我が家は給湯器の故障に見舞われ
お湯が使えなくなったことである。
冷たい水に、改めてお湯のありがたさを正月から知ることとなった。
この冬空の中、ライフラインが断たれることだけは勘弁願いたい。
良い年を・・と願いたいところだが、
あらゆる意味で覚悟の必要な年になりそうな気配である。


25年12月31日am1:31 更新
48時間以内、M5+の発震に注意!

 

25年12月17日am11:50 更新
やけに不気味な静けさ・・今日は満月。

25年10月25日pm8:31 更新
太陽風の連発が26日に地球に到達。
台風通過後の数日間、地震に警戒が必要。


25年9月12日pm11:31 更新
串田氏の地震予測が更新された。
今月の27日から28日に前兆現象が終息する可能性があり、仮にこの時期に前兆が終息をした場合、10月5日前後に近畿圏でマグニチュード7.9の大地震が発生するとのこと。
今まで複数の情報から書き込んでいたが、ごく最近になって身近なところで前兆現象らしきものが複数出てきた。家電製品の異常、地上への大きなミミズの出現。これは神戸で被災する前にも現れていたことだ。また、311以降は、それまでの異様な地震雲が金沢の空からはほとんど確認される事がなかったのに、ごく最近になってまた現れだした。
来るか来ないかの問題よりも、来る事を想定した準備を怠らないような注意が肝要。大規模な被災は、流通の麻痺や長期間に及ぶライフラインの断絶が予想される。急に対処できないだろうから、事前に災害に備えた準備を周到にしておいた方がよい。特に都心部の大規模災害には、行政は無力である事を知っておくべき。




25年8月17日am0:51 更新
ニュージーランドでM6.5の地震が発生。
ここ3日以内の地震に気をつけて。
発生がなくとも1週間は警戒を怠らぬよう。



25年5月2日pm7:46 更新
串田氏の予測は、延長となったが、大地震の兆候を示すラドン濃度の低下が始まった。世界のどこかで被害級の大地震が来ることは間違いないものと思われる。しかもその20%は日本で起きている。現在の日本は何処もかしこも安全なところなどない。大地震が一度起こると、それは1回で収まらず立て続けに繰り返すことも予想される。下のグラフは、本日までのラドン濃度の変化状況と311の際のグラフを示している。黒青赤緑全ての線が落ちきった時に311が起きている。グラフの縦の数値に注目して欲しいが、明らかに311の時よりも数値がでかい。これが何を意味するの
か・・311よりも大規模な地震が来ることを覚悟しなければならないと思われる。


25年4月17日pm3:13 更新
いよいよか・・・串田氏の大地震予測が。
震源地:琵琶湖を中心とする近畿全域
本震の規模:M7.8±0.5
推定発生日時:平成25年4月29日前後
推定発生時刻:午前9時(±2)あるいは午後6時(±2)。
尚、1週間前の4月22日には、この情報の決定が確認される。


25年4月13日pm2:54 更新
本日早朝5時33分、淡路島付近を震源地とするM6.3の地震が発生した。
今回の地震が本震なのか前震なのか・・。
13日早朝から深夜まで今年最大の太陽フレアの地球直撃が誘発した地震かと思われる。

でも予測の規模と震源地が合致していない。
時期もこれからが本番になるのでは・・と思われる。
今年は、それもあって早めに関西出張を済ませた。

今月中に琵琶湖北西部を震源地としたM7.9の地震が来るとの串田氏の情報もある。
また、東海・南海・東南海の連動地震が1年以内か・・と危惧されている。
TPPを通すまでは人工地震は避けられると思うが、強い反対があればその時は危ない。恫喝を受け続けている日本の前途は厳しいものばかりである。

それから、空に複数の飛行機雲(ケムトレイル)が見えたときは、外出は極力控えた方がいい。
鳥インフルなどの生物兵器を撒き散らしているようなので。
・・・と、こんなことばかり言っていたら「あの人・・アホ?・・」と一般人には思われるかもしれないが、現代は見えない鉄砲玉が飛んでくる戦時下と覚悟しておいた方がいいくらいだ。
情報戦の最中、何も知らないと毒牙の餌食となる。
法曹界・警察・医療関係・大企業・・迂闊に信じていたら、とんでもない目に遭う。

ご用心ご用心。


25年4月4日am2:54 更新
先程(am1:58)M4.3 震度4の地震があった。
震源地はここ(石川県加賀地方)である。
先月は能登で、昨日は京都北部で鰯が豊漁だと聞く。
ここ数日、身の周りで気が付いた異変というのが二つ。
一つは代車のリモコンキーが利かなくなるといったこと。
もう一つは電磁弁の誤作動である。
後者の方は、311直前や大きな地震前に頻発した。

本当は、明日から関西方面へ出張の予定であった。
遅くなればなるほど危険が増すからと急遽決めたことだったが
1日様子を見ることにする。
近畿地方は、串田氏が4月中旬から下旬と予測していることだし、
他の予測もかなり危ない数値をたたき出している。
先程の地震が本震の前の前震だとは思わないが、
これで予測も何らかの変化が現れよう。
いち早く無事な間に事を済ませたいものである。


25年3月23日am1:33 更新
ふと気付いたことだが、ここには

太陽風
NASA世界電子数情報
HAARP電離層データ
行徳地震予知データ
気象庁海水温データ
その他の情報を毎日複合的に見ては、結論として書き入れてきた。
しかし、ここのところ金沢の空では、
これといった宏観現象が311前の頃と比べると殆ど現れていない。

先月起こった北海道の地震前では、突然テレビのボリュームが
最大まで上がるという現象が起こった。
311直前では、ナビゲーションの自車位置が狂った。
神戸の震災では、触れたガラスのコップが静電気で割れたり、
テレビのリモコンが勝手に変わったりした。

普段、ほとんど起こらない現象が前兆現象であるのなら
「何かある!」とも感じやすいが、最近の他からの情報だけでは
その結果が出ていないことから、二つのことが想像される。

身近で目立った宏観現象が現れない限り、
被害想定に至るほどの地震は起こらない。
あるいは、とてつもなく大きな地震となる、か・・

いづれにしろ、ここ10数年の地震が100%自然現象であるとは思っていない。
神戸の震災も含めて。

H25年3月16日pm3:16 更新
今夜半から厳重警戒を!


H25年3月2日pm2:06 更新
今月11日で311から丸2年となる。
不穏な情報が多数あり、同日辺りの大きな地震が危惧されるところである。
もう数日したらさらに詳細な情報が得られると思うが、事前に避難を検討しておいたほうが良いかもしれないような気配である。
新情報があれば追って掲載するが、行動計画を練った方がいい。


H25年2月21日am2:06 更新
今月26日が満月である。
あらゆる情報が大きな地震前であることを示唆している。
ライフラインが断たれた際の最低限の準備を怠りなく。
内陸でM7以上が起これば、延焼火災で焼け出されることも想定に入れて。
海洋側でM7以上が起これば、高台への避難経路を想定に入れておくべき。
しかしこの寒さは異常だ。
確か、神戸の震災前もかなり冷え込んだ記憶がある。
危機意識を持つことと臆病とは、似て非なるものであることを忘れるな。


H25年2月10日pm3:00 更新
過去においてソロモン諸島の地震から5日後に日本にも地震が起こっているという歴史がある。2月6日(M8.6)から5日後の2月11日は要警戒。本日が満月であることからも、この48時間は,用心に越したことは無い。さらにこれが結果として現れなかったとすれば、その時期が遅くなるほど、より巨大な地震となりうる可能性が高まる。

最低限、ライフラインが断たれた際の備えだけはしておくべき。


H25年1月30日pm9:04 更新
本日奇妙な前兆現象が発生した。。
時間は午後3時40分頃だったと記憶する。
突然、テレビのボリュームが数秒間で最大まで上昇!
大きな音に何事が起きたのか!・・と驚いたが
神戸の震災前でもテレビの異常があったことを思い出した。
あの時はチャンネルが勝手に変わったり、入らないはずの放送が入ったりした。
その約一ヵ月後くらいに阪神大震災が発生した。
今回のものは、それ以上に不気味な気がする。
前兆から結果が遅くなればなるほど、蓄積されたエネルギーは大きくなり
巨大地震の発生となりうる。

因みに下記の結果は、27日ではなくが28日に現れた。
2013年1月28日 3時41分頃
2013年1月28日 5時57分頃


H25年1月26日am2:54 更新
今月27日に注意せよ。明日だ。


H25年1月7日pm20:01
近畿地震 1・8情報 解除(情報ソース)

1/10まではないとされているが・・
警報が解除されるたびに警戒心が緩み油断が出てくる方が危険。。
油断禁物

H24年12月26日pm21:40  更新(情報改定)
下記情報に改定あり。
H24/12/29→H25/1/8
(前震が無い場合の推定発生時刻は「午前9時±2」あるいは「午後6時±2」と予測されています)


H24年12月16日pm20:02  更新
近畿(琵琶湖周辺および以下を含む)にM7.8クラスの大地震情報あり
福井県嶺北・三重県全域・岐阜県・滋賀県境・亀岡市・舞鶴市
H24年12月29日前後 厳重警戒せよ


H24年11月23日am4:03  更新
極めて間近に迫っているとしか言いようがない。
その日は、数十日と待つこともなく訪れる。
これが間違いであって欲しいが・・

仮にそれが、被害が及ばない程度の自然災害だったならば、
来年の1月11日が狙われる。

神戸や東北のように

H24年10月10日am1:42  更新
更新せざるを得ないほどの警戒レベルが出ている。
いつも言っていることだが、有事の際には数日感、自力でなんとか生き延びていかなくてはならない。
最低限、以下のことくらいならできるだろう。
電気・水道がストップしたことを想定しておき、生活用水として風呂の水を捨てないでおく。
また、ジャーの中には、ご飯があるということ。
家の中でも、厚底のスリッパを履き、寝床の横に置いておくなど。

災害用逆浸透膜浄水器の紹介
THE RO-MAX in Japan は、こちら


H24年8月19日pm11:04  更新
8月21日を含めたその前後に要警戒!

H24年7月22pm23:04  更新
本日、古かったとはいえ、携帯のバッテリーが突然お釈迦になった。
それと、まだ新しいブルートゥースのイヤホンが話し中にバッテリー切れを起こした。
車のアンサーバックが故障した。
これは全て本日の出来事である。
こうした電気機器の故障が、神戸の地震直前でも頻発した。
何事も無ければよいが、十分警戒した方がいい。
24時間以内から、1週間・・・。


H24年6月29日am10:55  緊急情報
「1週間以内に関東地方でM7以上、震度6、7規模の地震が起こる。」
との情報が・・・
(情報元:日刊ゲンダイ)

H24年6月5日am0:04  更新
落ち着く間もなく、また明日より10日まで危険日に入ります。
特に今月27日は、大きめの地震に注意。


H24年5月11日pm11:04  更新
竜巻という被害は、想定していませんでしたが、まだ警戒は解かないでください。
ここ1週間から10日間、なお一層の警戒が必要かと思われます。


H24年5月1日pm2:04  更新
本日より10日間位の間に、M5.5〜7クラスの地震が発生する可能性があります。
発生時期が遅れるほど、その規模が大きくなりそうです、
十分な警戒が必要かと思われます。警戒地域は、太平洋側だけでなく、中部日本海側も含まれます。


H24年3月21日pm8:37追加更新
3月20日は日本ではなく、メキシコを襲った。その規模はM7.8。
決して日本が無事だった事を喜んでいるのではない。
時限爆弾を抱えた日本。それはここにある。
http://datsugen.com/?p=731

H24年3月19日pm4:17追加更新
他所のHP(掲示板)に人工地震の件を書き込めば、すぐさま工作員と思われる輩の反応があります。そこでは丁寧に引きますが、ないとは言い切れない悪い企みや計画は、それが多くの人に知られると起こしにくいものです。人々に何かを気付かせ、自分で調べてもらう。すると、とんでもない情報にぶち当たるものです。今のところ、それ以外の方法が見つかりません。現代のようにネットの時代は、 情報を拡散する側(覚醒させる側)と、それを掻き消そうとする側(洗脳させる側)とで情報が錯綜し混沌としています。たいていインテリぶった口ぶりの書き込みに、その(工作員)傾向が強く現れているように思われますが、判断するのは馬鹿にしたような完全否定派であることを見抜けばいいでしょう。国際社会では通用しませんが、日本人本来の国民性は、”謙虚”という美徳を知っています。政治家でもそうです。メディアに悪く報道されている側の真意を探し出し、汲み取ることが重要です。
いよいよ明日、 3月20日ですが、何も起こらないことを心から祈るばかりです。


◆厳重警戒予告3月20日
H24年3月16日pm6:11追加更新

明日より20日位まで、どこにいても避難経路を意識するように行動して下さい。遅くとも25〜26日くらいまで警戒を解かないでください。
情報源は、数か所に及びますがその根拠となるものを列記します。

●太陽のCME(最近の3月11日発生の巨大M8.4CMEや、3月15日に発生したM7.9の中規模フレア)
●HAARPの地震電磁波の稼働
●日本(島根や鳥取)沿岸での深海魚の打ち上げ
●在日イスラエル大使館が3月20日、職員が誰もいなくなるという。
●18〜21日、在日米軍兵士のアメリカ帰還命令。
●テロ情報(自作自演?)
モサドのデブカファイルがアジア地域でのテロ注意報を出しています。明日から一週間位の期間です。 タイ・バンコク、マレーシア・クアラルンプール、インドネシア・ジャカルタ、バリ島、そしてなんと東京です。 ご注意下さい。

また、3月20日というのは、気になる日付でもあります。
以下の出来事は、全て3月20日です。
シオニストは暗示するのが好きなので特に気になります。

1995年3月20日、地下鉄サリン事件。12人が死亡、5,510人が重軽傷。 
2003年3月20日、イラク戦争開始日、アメリカ・イギリス軍、イラクに侵攻
2005年3月20日、 福岡県西方沖地震発生(福岡では、有史以来のM7級大地震)
2011年3月20日、リビア空爆
2012年3月20日、nanikagaokoru
昨年311の1か月前に、反日の韓国がカナダから大量のヨウ素を輸入していた。
原発事故で放射能漏れ事故が起こるとでもいうような計画的な情報でもあったのか・・

H24年3月13日pm2:51追加更新
1995年3月20日、地下鉄サリン事件。12人が死亡、5,510人が重軽傷。
2003年3月20日、イラク戦争開始日、アメリカ・イギリス軍、イラクに侵攻
2005年3月20日、 福岡県西方沖地震発生(福岡では、有史以来のM7級大地震)
2011年3月20日、リビア空爆

これら全てが年代こそ違うが3月20日、同日に起きている。

狙いが日本でなかったら、攻撃目標はイランか・・

緊急警告 H24年3月10日pm3:11追加更新
(ネットでこのような情報が・・3月20日の怪しさは、尋常ではない!
米軍横田基地に住んでいる知り合いの話。
3月18日に部隊全員家族休暇取らされてアメリカに戻されるらしい。基地内のスーパーや公的期間、スタンドや店も18日からすべて休みだから注意してと言われたそうだ。 ちなみにその知り合いはアメリカに行かないで沖縄の基地の知り合いの家に行くらしい。沖縄の部隊は18〜21まで休みだが基地内はいつも通り動くらしい。

追加更新 H24年3月2日am0:21
イスラエル大使館の全職員が、3月20日だけいなくなるらしい、という気になる情報が・・・。
重要警戒日と認識しておいたほうがいいかもしれない。

追加更新 H24年2月29日pm0:21
地震が人工的なものとすると、露骨に3月11日を狙ってくるかもしれない。
HAARPの稼働で、地盤をさらに不安定にしておいて、バンカーバスターミサイルで、狙った時刻に・・。
イルカやクジラは、超音波で仲間同士と連絡を取ることは知られている。潜水艦のソナーは、彼らの脳を直撃する。だから浜に打ち上げられてくる。潜水艦の目的は、バンカーバスターミサイルを地震を発生させるポイントに仕込むためと思われる。
ここ最近、日本各地でクジラの座礁が見受けられる。また、連日のHAARP稼働・・。
日本のどさくさまぎれに、またもシオニスト(イスラエル)の連中がリビアの時如く、イランを攻撃するかもしれない。
計画された第3次世界大戦とオイルショックは、原発推進を加速させ、食糧危機も懸念される。
悪の情報は、それに関連する組織に通達される筈だから、組織のトップクラスが海外逃避したり、一般人ではない外国人が急に姿を消すなどしたら要注意だ。米軍の動きにも気を付けるべきかもしれない。
十分すぎるほど警戒しておいた方がいい。


追加更新 H24年2月11日pm8:11
阪神大震災の謎


追加更新 H24年2月6日am0:16
(人工地震兵器)は太平洋戦争中にもすでに存在した。
20分40秒「地震の次は何をお見舞いしましょうか
この放送を流したNHKの非常勤職員は、その1週間後に夫婦ともに自宅で殺された。
リンク先: http://blogs.yahoo.co.jp/beautyhappinesshide/61275804.html

平成24年1月15日am1:24 追記
極めて危険な状況です。警戒日は、下記の通り。
1/17〜24日
太陽風・電磁波・FM波の兆候が強く出ており、自然現象としての地震の引き金として、人工的に狙われるとしたら17日か24日が最も危険です。数日前よりHAARPも動き出しています。用心もさることながら、家族との連絡の取り方など決めておき、それなりの事前準備が必要かと思います。もし、政府からの公式発表として、原発事故による屋内退避が関東圏まで出た場合、(もちろん逃げれる状況で)避難先があるのなら速やかに避難すべきかと。もし起こらないようであれば、春先まで暫くHPを更新することはないでしょう。そのくらい切迫しています。もし、津波を伴う大地震が起これば、日本のどさくさに紛れてイランで紛争が起こる可能性があります。ホルムズ海峡閉鎖で原油の流通も止まるでしょう。そうならないことを祈るばかりです。


平成24年1月6日am1:46 追記
大きな被害もなく、警戒期間が長期にわたり続いているが、年末年始は無事に過ごすことが出来た。しかし巨大地震の大半は静穏期と呼ばれる時期の後に来ている。統計的には静穏期の12日前後。今現在までは、それなりに連日どこかで地震が起きてはいるが、これが止まったら特に気をつけなければならない。空白期間が長引けば長引くほど、それなりの準備と覚悟が必要になる。繰り返すが、平時の準備の最低限は、飲料水とトイレの確保を忘れないように。特に風呂の残り湯は、次に入る前まで確保するくらいがちょうどいい。特にここ数日、大きな規模の地震が増えており、しかも花崗岩層の深さ10km地点という人工誘発的なものも気になるが、けっこう深い地点でも頻発している。太陽風のCMEも気になるところだが、自然災害としての本物の大地震の前触れに感じてならない。動物の異変や家電製品の異常等を見逃さずにおきたい。






1.     常日頃からスリッパを履く癖をつけておく。

(地震直後裸足で歩いては、ガラスの破片などで間違いなく怪我をする)

2.     フローリングに置いた家具類は、比較的倒れる事は少ない。

3.     じゅうたんや畳の上に置いた家具は、間違いなく倒れる。

4.     断水になっているかも知れないが、一応風呂場の蛇口は開けておく。もちろん栓は締める事。(被災後の生活用水の確保)

5.     寝室で被災した場合の事を考え、家具の倒れる方向に寝ないようにする。

6.     怪我をした時は、サランラップで止血などの応急処置をするとよい。

7.     出来れば、笛を身に付けておくとよい。自力で逃げる事が出来ない場合、助けが必要な時に、声よりも笛を使って生存を知らせ、体力を極力失わないようにする為。なければ近くにある金属などを叩いて知らせ続ける。

8.     被災後の停電の中、懐中電灯やライターを探そうと思っても、置いた場所にはないと思った方がよい。(動かないように設置している場合は別)

9.     台所などで地震にあったからといって、わざわざ火を消しに行くなどしたら、火に掛けた鍋などで、やけどをする場合が多いので、火元に近づかない。

     10.大きな揺れから、2〜3時間後に余震が来る事が多い。

   11.家の傾きで、玄関が開かないこともある。

★これは平成7年1月17日 阪神淡路大震災 震度7をポートアイランド内の14階建ての高層マンション8階における体験をもとにしています。


              by東道武志