医師専用ページです。
一般の方が読まれても、わからないと思います。
 
大腸ファイバースコープ挿入テクニック講座

少し押し込む挿入法

直線化挿入法
現在ある大腸内視鏡挿入法は、理論はあるが技術論がない。
どんな技術も「こつ」があり、その「こつ」を、詳しく教えてもら
えれば、技術の習得は早くなるが、大腸内視鏡挿入法に関し
ては、その肝心な「こつ」は、自分で試しながら、各自で習得
して行くしかないのが現状である。このため、順序立てた修
練を積めば、上達するという道はない。 この理由は何であ
ろう。大腸内視鏡挿入法の名人の先生方が、とても意地悪
で、「こつ」を教えたくないのだろうか。私はそうでは無いと思
う。おそらく、大腸内視鏡挿入法にあまりにも多様性がある
ことがその理由と思われる。教える立場の先生も、具体的な
指示、たとえば、90度右に回転して、1.5cm引き戻すという
ような指示を出すことは不可能で、ファイバーを実際に持っ
て、こんな風にとしか教えようが無いと思う。
 ところで、この大腸内視鏡挿入法の多様性の主な要素は何
であろうか。もちろん、患者さんの側の多様性は解決不可能
なのであるが、大腸内視鏡挿入法上の要素として、私は、2つ
考える。1つは、「送気・送水やファイバーを押しこむ操作で、
腸管を拡張・伸展させること」であり、もう一つは「ファイバー
による腸管のループ形成操作」である。これらは、元来、自然
の状態では患者さんの大腸にない要素を、ファイバースコー
プ時の視野確保という理由で、付け加えたものである。大腸
内視鏡挿入法の名人といわれている先生方は、大腸内の拡
張・伸展調整の名人であり、ループ解除の名人である。しかし、
名人の先生の方法は、伝達不能のため、名人と全く同じ挿入
法を用いている弟子の先生はいないように見受けられる。
 現状の挿入法では、この2つの大きな問題を解決し、素早
い大腸内視鏡挿入が可能になるには、少なくとも1000例以
上の症例を経験する必要がある。大腸癌の有病率が増加し、
大腸内視鏡挿入の技術者が求められている現状で、このよ
うな、曖昧な教育しかできない挿入法では、技術者を多数育
てることは困難である。
 ここで少し違う面から考えてみよう。大腸内視鏡検査時に、
被験者は、なぜ痛みを感じるかであるが、この原因は、腸管
の過伸展にある。先ほど述べた大腸内視鏡挿入法の多様性
の2つの要素は、大腸内視鏡挿入時に、被験者が痛みを感じ
る原因でもある。この2つの要素が解決できれば、被験者が
痛みを感じないように挿入ができるようになる。
 以上のような背景で、5年くらい前より、送気をしない、ルー
プ形成をしない、しかも教えられる挿入法を試し始めた。
 
この挿入法は、今までの分類から行けば、
無送気、無フード、無腹部圧迫、軸保持短縮
法というカテゴリーに入ると思われる。

 少しずつ改良しながらであったが、初めは、RSまで、それか
ら徐々に深部へと開発してきた。この方法は、多様性が少ない
ため、同じ原理の繰り返しで、内視鏡挿入が可能である。1つの
襲の越え方が理解できれば、そのほかの細かなテクニックは、
繰り返しのなかで、自然に身に付いてくる。現在は、この方法で、
盲腸まで行くことは可能だが、脾攣曲からは送気した方が時
間的に早いので、とりあえず、S状結腸を通過するまで、この
方法を使用している。さらに、この方法が理解できれば、少し
送気すればまさに軸保持短縮法になるので、横行結腸より
深部への挿入が楽になる。
 ここで強調しておきたいのは、今までの挿入理論は、決して
不要なものでは無く、送気して観察したり、ポリープをとるため
に視野を確保したりする時や、挿入困難例には必要なので、
常識として知っておく必要がある。
コロンモデルを使用したデモビデオ
CF挿入の画面ビデオ画像が悪いので小さくしてご覧ください
今後は、YOUTUBEで情報発信
したいと思います。質問はメールで
どうぞ。