アロマセラピーとは

アロマセラピーは植物療法の一つで、aromaは芳香、therapyは療法と言う意味です。
植物から抽出される生命絵エネルギーがいっぱい詰まった精油(エッセンシャルオイルを使って心や身体を癒し、一人ひとりのもつエネルギーを高めていくものです。
アロマセラピーに欠かせないのは精油(エッセンシャルオイル)の存在です。
良い精油は、香りを嗅いだときに鼻のあたりで止まってしまう感覚が無く、鼻から脳下垂体まで流れるように伝わっていくものです。
そして、それ自体のエネルギーがとても高く、その精油を入れた瓶を手に持っていたりポケットにしまっているだけでも、その人のエネルギーを高めて癒してくれるほどです。
JHAS本校、そして、その系列校であるJHAS提携校・認定校では、JHASがオーストラリアより直輸入しております
よい精油は、本来エネルギー的な反応を起こしやすく、扱う人によって容易に香りが変化してしまいます。
そのエネルギーを保つためには、植物の栽培環境から、抽出、輸送、販売の環境にいたるまで、注意深いケアが必要です。
それは、扱い方だけでなく、扱う人の心や身体の状態....つまりエネルギー状態がとても大切なのです。
JHAS
では、この精油を「最高の状態に高めて」から生徒さんにお分けしています。

HOME