三方崩山[2007年10月21日]


白ガレから見た紅葉の三方崩山 【山行日時】 平成19年10月21日(日) 晴れ
【山の名前】 三方崩山 … 2058.8m (三角点)
【山行名簿】 HIROほか3名
【山行概略】

白川村の秘湯・平瀬温泉から登る山、三方崩山。何とも険しそうな感じのする山名だが、紅葉がすばらしいと聞いていて、登りたい山の一つとして心に留めていた。本当は白山の別山への登山予定だったが前夜の降雪で変更になり、今回登る機会がたまたまやってきた。
三方崩山は名前どおり頂上に続く稜線の崩壊が進み、足元には細心の注意を要する箇所も多かったが、紅葉と白い雪を一度に楽しむことができた。
朝7時に一宮に集合し、東海北陸道を荘川ICまで走り、そこからは国道156号を富山に向う。何度も走り見慣れた風景を見ながら、御衣湖を過ぎて白山登山口に架かる大白川橋を渡ると間もなく旧道と新道の分岐、平瀬温泉入口の看板が見えてくる。新道を少し先に進むと左手の山に入っていく未舗装路があり、登山口と案内があった。砂利道を何度も折り返しながら高度を上げてゆく。普通車では少し難のあるほど荒れている上に道は狭い。不思議なことに終点近くになると舗装路に変わる。
行き止まりが登山口となっていて、車は6台ぐらい停めるスペースしかなく、既に5台の車があったので、残ったスペースに何とか車を置く。身支度をして登山口を入る。

08:50 駐車地点を出発
コンクリートの階段を上がると草が茂る中を上へと伸びる登山道があり、水のない湿った緩やかな沢を上へと進む。30分ほど歩き、汗がにじむころ支尾根上のスペースに出た。北側から風が吹き上がり寒さを覚える。道は支尾根をストレートに上がらず、右側の広い斜面に出て何度も折り返しながら高度を上げていた。日陰で少し寒いが登りで体は温かい。斜面が緩やかになると目の前に主尾根が見えてきて、ひと登りで取り付く。
登山口のコンクリート階段
09:42 主尾根に取り付く(〜09:47)
主尾根はなだらかで広く歩きやすい道、陽もあたり暖かい。光り輝く紅葉の道が目にまぶしい。25分ほどで4等三角点にたどり着く。ここから先はかなり急な登りが続いた。足元も悪く、トラロープが左手の木沿いに上までずっと伸びていた。足元には動物が食い散らした赤い実が所々に落ちていた。林の中を30分ほど喘ぎながらひと登りすると、木々が低くなり見渡しの利く場所(白ガレ)に出た。
主尾根の紅葉は真っ盛り小動物が食べた木の実が落ちていた
10:47 白ガレ(〜10:57)
白ガレは足元は大きく崩れていて危なさそうだが、目の前に紅葉が広がり奥には岩峰の山頂がよく見える。写真をとり小休止する。休憩後、滑りやすい草付きの道を上がると岩場の雰囲気。尾根沿いの岩の間を通り抜ける。振り返ると高度感のある風景が広がる。道の両側ともかなり崩壊が進み、鎖場もあり少し緊張を強いられる。
よく見ると北側の斜面や木々には雪が積もっていて白くなっていた。12時近くなったので頂上手前のピークの草付きで昼食を済ませた。その後は尾根通しにさらに西へ進み、大きく道が南に折れると頂上直下。雪が積もった道となり、登りきると山頂に出た。
白ガレ高度感のある登山道鎖があり落ちると大変な険しい道北側斜面は雪で白くなっていた雪を被った頂上
12:50 三方崩山山頂に到着(〜13:30)
山頂からは南と東側が木がなく見晴らしが良かった。西側の木々の奥には白くなった奥三方岳の頂上が見える。遠くには穂高の山並みが雲の間から時折顔ををのぞかせる。風は微かだが気温が低いので、じっとしていると寒い。小休止し下山を急ぐ。
頂上の2等三角点奥三方岳槍ヶ岳・大喰岳・中岳・南岳北穂高岳・涸沢岳・奥穂高岳・西穂高岳
14:56 四等三角点・1373.1m地点(〜15:00)
白ガレまでは眼下に広がる風景を楽しみながら順調なペースで下る。白ガレでは15分ほど休み最後の眺めを楽しんだ。ここから先は足元の悪い急な下りと林の中ということもあり、登りに感じたとおり滑りやすく足の置き場に注意を要し、何度か尻もちつきそうになった。急坂を下り切り、道がなだらかになると、4等三角点に着いた。
16:00 駐車地点に戻る
緩やかな森の中の道をのんびり下る。主尾根から北斜面に入るとやや薄暗くなり、足元が見えにくくなりスピードダウン。ブナの大木の林立する道の上の方をふと見るとクマの顔が。浮石を踏まないように慎重に歩いて下る。登山口に下りると、駐車場から見える東側の山が紅葉とともに夕日に赤く染まり、燃え上がるように輝いていた。充実した山行ができたことに心から感謝。
ブナのこぶがクマの顔に見える
参考 今回の日帰り湯は平瀬温泉にある大白川温泉「しらみずの湯」。以前共同浴場のあった場所に立派な日帰り温泉施設ができていた。入湯料600円。

○国土地理院2万5000分の1地形図=平瀬(標高差1300m)登山口周辺図