図書出版 阿吽社 AUNSHA

  日本史/部落史

  アジア史/中国史

  ヨーロッパ史/アメリカ史

  
部落問題/人権問題

  
教育

  
思想・社会問題

  経済

  児童文学論/女性論

  
新刊のご案内

  
近刊のご案内

  ご注文について

  アクセス

  リンク

    書籍のご注文・お問い合わせはこちらから → MAIL   


       
 高野川から蓼倉橋をのぞむ
 
神國ニ於ケル一傳道師ノ生活

アイザック・ドーマン著
恩智 理訳


   ★A5判・並製・260頁  
    本体2800円(税込2940円)  
   ISBN 978-4-900590-94-6


 (2012年3月20日発売)



詳細はこちら


★阿吽社について

 
1984年創業以来、京都の地にて人文・社会科学関係書籍の出版を行ってきました。
 以下は「あうん双書」創刊時(1987年)に書かれたもので少々古い文章ですが、小社の出版理念のありようを現在も映し出すものとしてここに掲出します:

 脱工業化・高度大衆消費社会を展望しつつ、情報化社会の到来が喧伝されたのはそう古いことではありません。
 しかし、私達の目前の現実はチェルノブイリ原発事故、ライン川汚染等に象徴されるような加速的に進行するかに見える地球規模での自然破壊・環境汚染、そして労働の細分化・管理化・高密度化による人と自然、人と人との紐帯の喪失、個性の圧殺であり、それは非日常的事態の日常的進行ともいえる状況です。  
 しかも新聞、雑誌、テレビ等が日々私達にもたらす情報の奔流は、すべての出来事に画一性と一過性の刻印を与えながら過去へ過去へと押し流してしまうかのごとくです。
 そこでは、その絶えまない情報の氾濫にもかかわらず、私達が本当に知りたい事柄・知るべき事柄も一瞬の光芒を放って、たちまち事実の堆積の中に埋没してしまうようです。
 書店の店頭に山と積まれた新刊書も、時代の全体像と未来への展望を求める私達の苛立ちと期待に必ずしも答えてはくれません。

 しかし、時代の全体像を捉える試みは、完成された思想として語られるものばかりとは限りません。
 多くの人々が様々の場所と局面で、物と情報の洪水に抵抗しながら、たとえ部分的ではあっても、この時代を捕捉し変革する密やかな試みを続けているはずです。
 そしてそれはやがて次の時代へと引き継がれる一つの大きな流れを形成するに違いありません。
 このような試みを見出し、紹介することが、あうん双書の願いです。

  
 …上掲の玄関看板は歴史家・奈良本辰也氏の揮毫による…


  
        
 阿吽社 社内近影


株式会社 阿 吽 社(あうんしゃ)
代表者 小笠原 正仁(おがさはら まさひと)

〒602-0017 京都市上京区衣棚通上御霊前下ル上木ノ下町73-9
TEL:075-414-8951  FAX:075-414-8952

E-mail:aunsha@par.odn.ne.jp
郵便振替:01040-0-3838


Copyright(C)1984-2010 阿吽社 All Right Reserved