ベートーベン鈴木音楽事務所

<ベートーベン鈴木のプロフィール>
  職 業・・・芸能人
  専 門・・・作詞、作曲、歌手、タレント
  出身地・・・茨城県守谷市
  身 長・・・170cm
  体 重・・・65kg
  趣 味・・・ゴルフ、大リーグ
  大好き・・・酒
  大嫌い・・・煙草
  特 技・・・どこでも寝る
  研究テーマ・・・コミックソングの
            作詞、作曲、歌唱、トーク
 <ヒット曲>
  ♪日本全国酒飲み音頭
  チャカ・ポコ・チャ
  ♪演歌血液ガッタガタ

 <会員>
  東京演芸協会(会長)
  日本作曲家協会(正会員)
  JASRAC(正会員)
 
 <ベートーベン鈴木の演芸場出演日>
  浅草東洋館(10月21/28/29日)
  上野広小路亭
  
お江戸日本橋亭



  
動画はこちら





日本全国酒飲み音頭
 作曲・ベートーベン鈴木 作詞・岡本圭司
 酒が飲める酒が飲める酒が飲めるぞ
 酒が飲める飲めるぞ酒が飲めるぞ
  1月は正月で酒が飲めるぞ
  2月は豆まきで酒が飲めるぞ
  3月はひな祭りで酒が飲めるぞ
  4月は花見で酒が飲めるぞ
  5月は子供の日で酒が飲めるぞ
  6月は田植えで酒が飲めるぞ
  7月は七夕で酒が飲めるぞ
  8月は暑いから酒が飲めるぞ
  9月は台風で酒が飲めるぞ
 10月は運動会で酒が飲めるぞ
 11月は何でもないけど酒が飲めるぞ
 12月はドサクサで酒が飲めるぞ 

YouTube







チャカ・ポコ・チャ
作曲・ベートーベン鈴木 作詞・岡本圭司
 チャカ・ポッコ・チャカポコチャ
 チャカ・ポッコ・チャカポコチャ
  あなたの胸にはボインがない
  ウエストヒップの境目ない
  可愛い水着は入らない
  流行追っても目立たない
  お化粧したって変わらない
  整形したけど気がつかない
  テニスに行っても相手がない
  会社が引けても誘いがない
  お見合いしたけどまとまらない
  文通したって返事がない
  ないないづくしでやりきれない
  それでもあなたは生きている

YouTube







演歌血液ガッタガタ
作曲・ベートーベン鈴木 作詞・岡本圭司
 血液ガッタガタ 血液ガッタガタ 
 チッチチッチチッチッチッチ血が騒ぐ
 血液ガッタガタ 血液ガッタガタ 
 血が騒ぐ(チッチッチッチッチッチッチ)

 可愛い子ブリッコA型さん 八方美人で見栄っ張り
  嫌いな性格 A型の女
 目立ちたがり屋B型さん おっちょこちょいが玉にキズ
  嫌いな性格 B型の女
 執念深いO型さん 逃げた男は忘れなさい
  嫌いな性格 O型の女
 二重人格ABさん 本音を隠して恋をする
  嫌いな性格 ABの女

YouTub






 

ベートーベン鈴木の音楽評

  1979年「日本全国酒飲み音頭」で一世を風靡した2人組楽団
  「バラクーダー」のボーカル兼作曲で活躍したシンガーソングラ
  イター。また「楽聖」ベートーヴェンとの比較においては、人生の
  苦悩を「短調」で表現したベートーヴェンに対し、人生の煩悩を
  「単調」に表現したベートーベン鈴木。双方とも斬新かつ寸分の
  隙もない緻密な作曲技法においては、甲乙つけ難く天分をいか
  んなく発揮している。しかしベートーヴェンの偉大な功績に対する
  現在の評価は主として作曲を対象とするものであるのに対し、
  ベートーベン鈴木は作曲のみならず作詞、ボーカルに対しても
  高い評価を得ている多彩万能型。音楽家としての総合評価にお
  いてはベートーベン鈴木がベートーヴェンを凌駕したと言っても
  過言ではない。
  


<ベートーベン鈴木物語>
 
 子供の頃から人前に出るのが好きで小中学校時代は先生生徒の前で落語漫才、手品などをやってウケを取っていた。高校時代に音楽に目覚め独学 でギターを学ぶ。日本大学時代にオールヴァージニアンというアマチュアロックバンドでリードギターをつとめる。(左端)
 

  その後、好きな音楽で身を立てようと在学中にプロの世界に飛び込み
19
才でナッツダンディーズというロックバンドでプロデビューを果たす。
その後コミックバンドの那須三郎とダスターポットに入団。
日劇ミュージックホールに出演する。(左から三人目)

 
 バンド名を岡本八とダスターポットに改名。(左から二人目)
 

 ジャズ喫茶や米軍キャンプに出演する。
解散後、都内(渋谷、新宿)のナイトクラブにて2年間程ギターの弾き語りをし て生計を立てる。そして岡本圭司と二人組みのお笑い楽団バラクーダーを  結成。(左側)

浅草の舞台を中心にテレビラジオの寄席番組で活躍しているうちに
昭和541979)年、自作の歌「日本全国酒飲み音頭」が70万枚を売り上げ  る大ヒット。その後「チャカ・ポコ・チャ」が30万枚、「演歌血液ガッタガタ」が
50万枚と立て続けにヒットを飛ばし歌謡界に殴り込みを掛ける。

平成元年(1988年)に独立を宣言。

現在は作詞作曲を中心に多種多様の仕事先で歌と笑いのショーを開いている。温泉ホテル、スーパーの新規開店、商店街の売り出し、健康ランド、各地のお祭り、結婚式のゲスト、会社の慰安会、カラオケ大会の審査員、コミックソング漫談家としての演芸場出演など・・・ 

そして平成28(2016)年5月一般社団法人「東京演芸協会」の八代目会長に就任する。


ありがとうございました