キャプテンスタントマン

キャプテンスタントマン

 西武新宿線田無駅南口にあったゲームセンター(何年か前閉店した2階にある店ではなく、現在インド料理店が入ってる建物)で目撃したゲーム。詳細情報がわかっていないゲームの中でも、私が一番知りたいと捜し求めていたものだったが、何と後年になり某ゲーセンで再開する事が出来た。

メーカー:バーリー・ミッドウェイ
 デザインセンスの良さに反比例して、メーカー自体は一流でも二流でもないかなりの零細だったものと思われる。
コース :
 トラック状でなく↓三角形を二つあわせた、言いかえればポインタの砂時計アイコンみたいな形をしている。

  ▽
  △

 従ってキャラは縦横だけでなく、斜めにも進む。
自車、敵車:自動車でなく、三角形で飛行機みたい?

ボタン :
 赤くて錠剤みたいに小さく、外側金属無塗装の縁取りが入っていた。1P2P選択ボタンも同じデザインだが、色は黄色だったと思う。またただドットをとるだけでなく、特定のフィーチャー(どうしてか忘れた)になると、ボタンを押せば弾が出て、敵を倒せる。
その他 :
 説明の順番が前後してしまったが、色は背景が青、自機が黄、敵が赤、ドットとコースが黄色だか水色だか白。この辺は「ヘッドオン」と同じ。

 筐体は表面が黒、側面が木目の長方形、つまりタイトー等と同じ当時の標準的デザイン。そしてインストカードの一番下に、ソニックみたいなマスコットキャラが入っていた。よく読んでもらえるとわかるが、これが登場したのはまだ79〜80年頃。「パックマン」がやっと出た時代にマスコットキャラを設定していたり、前述通りキャラが斜めに進んだり、ドットイート以外の独自のフィーチャーが入る等、当時としては異常とも言える程時代を先取りしていた。

 ゲームオーバー  アト1カイアソベマス