第三惑星

第三惑星

メーカー:新日本企画かと思ったらサン電子だった。

ゲームの概要・背景等:
 敵が編隊を組んで進み、侵略するとゲームオーバー等「インベーダー」型シューティングが原案だが、自機も敵も4方向に動けるのが違う所。画面じゅうに隕石(自機敵双方の弾で破壊可能だと思った)をちりばめた一本道の迷路がある。

自機:
 デザインは「スペースチェイサー」の飛行機に大変似ている。4方向に移動して弾を発射するが。注目はダメージの仕方。1回被弾すると「ブッ、ブッ、ブッ、ブッ…」と音がして、片翼がちょっと欠けて、攻撃可能だが移動力が少し落ちる。で2回被弾すると「ブブブブ…」と音がして、先頭もちょっと欠けて、移動のみしか出来なくなる。3回被弾でゲームオーバー。

 直す方法としては、左下にコの字型をした基地があるので、そこへ行けば暫くすると直る(1段階直るのに1秒かかるので、3段階目を直す時、完治も出来るし、2段階目までだけの応急修理も出来る。この辺は「スタートレック」ゲームの宇宙基地と似ているし、現在ウルティマやドラクエから発達したフィールド型RPGにおける、HPや宿屋に受け継がれてるかも)。当時のゲームは持ち時間制か3回失敗したら終わりだが、それを別のステータスで表現したと言う事は、同じ「インベーダー」改良シューティングである「オズマウォーズと」共に、時代を先取りしていた。

敵:
 「インベーダー」を平べったくした様なもので、(確か)左上から一列になって縦横に進み、中央の地球を目指す。それを自機で全滅させるのが目的。 自機が全滅するか敵が地球に着くと、中央の地球が画面いっぱいに膨れて(確か世界地図みたいな縦横元禄模様になってた気が…)ゲームオーバー。なお迷路の構成と敵の歩く道は毎回同じで、2面以降は敵が増える。

敵:敵点数紹介とかの画面が無く、延々とデモプレイだけしてた気がする。

パソコン移植:
 当時からPC-8001の機械語ゲームを「スーパー○○」のタイトルでガンガン作っていたツクモオリジナルソフト(ファミコンゲームも手がけてましたよね。今は知らないけど)と言うブランドがあった。ツクモのゲームの名は「スーパーインベーダー」「スーパースタートレック」等殆どにスーパーが付いていたが、このゲームは確かある別名が付いていて(これが「スーパー…」だったのかな?)、その後に(別名第三惑星)と書いてあったと思う。

その他:
 こう書くと結構斬新に見えるが、実は画面が一色だったり、自機の動きが結構ぎこちなくクリアするのが難しくて、前述した面クリア後の難易度もハッキリしないので、営業的には失敗したと思う。なお同じ作風のゲームの第二段は3次元視点シューティング「ワープ1」で、敵が弾を下に落としてくるもの。これはハドソンソフトでMZ-80に移植されていた。

 ゲームオーバー  アト1カイアソベマス