Side Track

Side Track

 さあ、どんどん行きましょう。(笑)

 目的は”キラーエンジン”の追跡をかわしながら、すべての乗客を列車に乗せること。線路はおおまかに5重の輪状構造をしており、ところどころつながって全体としては迷路状になっている。線路脇に乗客がずらりと並んでおり、単に列車が通り過ぎれば乗客を乗せたことになる。乗客をドットに見立てた「ヘッドオン」の亜流。

 列車は一番外側、キラーエンジンは一番内側の線路からスタート。線路の切り替えは行きたい方向へレバーを倒すだけである。レバーを適切な方向へ動かさなかったりタイミングが遅れた場合には、画面上で線路が繋がっている方向へ勝手に切り替わる。いかに線路の切り替えを間違わずに行えるかがこのゲームのポイントである。加速ボタンを押している間、列車は加速される。加速はキラーエンジンをかわすのに有効であることは言うまでも無いが、線路の切り替えのタイミングは難しくなる。

 列車は初め1両でスタートするが、一番外側の線路にあるスタート地点を左から右へ通り過ぎる度に(逆方向はダメ。左回りが順方向である)車両が1両づつ増えていく。得点は1両編成の場合、一番外側の線路脇にいる乗客は1人10点、二番目は20点・・・一番内側は50点。2両以上では1両の時の得点×車両数。車両をいっぱい増やせば高得点であるがキラーエンジンに追突されやすくなるので、ほどほどにしておいた方がよい。

 画面上のすべての乗客を列車に乗せると面クリア。キラーエンジンに激突されてしまったら、それまでどれだけの乗客を乗せていようとも、すべての乗客が未乗車の状態からゲーム再開となってしまうのは「ヘッドオン」と同じ。クリア時の車両の数がそのまま新しい面に持ち越される。

 ゲームオーバー  アト1カイアソベマス