別ページにも書く事にするが、80年前後はタイトーが別会社のゲームの作成、つまりライセンスとかハッキリ言えばコピーに力を入れていて(そう言えばコピーに手を焼いたと言う話をナムコでは聞いたが、「インベーダー」では聞かなかったなぁ…)タイトー直営店でそれらを結構確認する事が出来た。これもその時代の産物の一つである。

 当ゲームは当時のセガの傑作の一つであり(ボスキャラの存在等、敵全滅型のパイオニアである事も忘れてはいけない)現在も基板なりメガドライブなりお目にかかれる事は比較的多い。ここでは存在さえ忘れられてしまったタイトー版を、セガ版と比較して紹介してみたい。ゲームそのものの説明は下記関連LINKに詳しいのでそちらを参照。またゲームの正式名は「サムライ」、セガ版のコンパネは「さむらい」となっているが、デモ画面の「侍」が印象的だったので、あえて「侍」で統一させて頂いた。

相違点 セガ版 タイトー版
画面右上のメーカー名 あの独特のセガ書体で「(C)SEGA」 当然「(C)TAITO」だが、書体はセガ風でもタイトー風でもなく、あえて言うと「スペースパニック」「Mr.Do!」の頃のユニバーサルに似ている。なおこのタイトー版の画面を載せていたページも存在したのだが、残念ながら今は掲載していないので説明略。
ゲーム中の音 ピアノみたいな「ポンポンポンポンポンポンポンポン…」 ベースみたいな「ボンボンボンボンボンボンボンボン…」タイトー版で一番目立つ違い。
左右から拘束具(名前忘れた)が出る時の音 こちらは忘れた。「シュピピッ!」だったかな? 「インベーダー」UFO撃墜音
つば競り合いおよびデモで「侍」の字が斬れる時の音 「チョイィン!」 「ツピイッ!」
ザコの名前 同心 岡っ引き なお専門家に言わせると、同心と岡っ引きは別の役職だそうな。
コンパネ 当時のセガ独特の、短いレバーや薄いボタン。当ゲームは専用コンパネだった。 こちらは専用のパネルを作らず「スペースチェイサー」の流用だった。理由は多数出回っていた「インベーダー」が2方向で、4方向が流用し難かった為だろう。

 上に並べた通りゲーム性そのものはまったく同じで、一部の仕様(それも殆どが音)のみが違うだけである。音は違いがある場合、当然ながらセガ版の方が良かった様だ。なおコピー専門のメーカーと思われるTAX版も存在し、これまた音が違う。

 ゲームオーバー  アト1カイアソベマス