クロス車の考察

クロスシート車の考察(大手私鉄編)


 「特急料金を払わない料金不要の横座席車(以下「無料クロス車」と呼ぶ)は導入出来るか、否か?」

 これは鉄道にとって永遠のテーマであり、そして永遠の論争とも言える。

 ちょっと目を向けるとほら「関西とか京急は無料クロス車導入して快適やのに、JR東日本の新特急は料金とるんか? あんだけ長い距離を走る小田急はどないしとんや?」とか「何が何でも無条件で無料クロス車導入論」しか唱えない者は多い。

 ところで彼ら導入派が、どの沿線で育って鉄道趣味人になったか、よ〜く調べてみた事はあるかな? 関西や京急沿線の出身はいても、凄く混む事で知られる首都圏の区間(例えば駅なら新宿や北千住、鉄道なら小田急や総武快速線)で育った人は殆どいない。彼らは「どれだけ空いてると使えるか」しか知らないのだ。

 逆に反対派はそんな暴論など吐かず「どれだけ混むと使えないか」体でよく知っている。つまり反論としてよく使われる「混雑時の車内移動や詰め込みがひど過ぎるから不可」だ。距離が長ければ、長時間座る疲労度が問題になると言う事は導入派も使う理由だが、加えて乗ったまま乗降せず通路を歩かない人は増えるし、長ければ閑散区間は絶対走る事になるので、混雑率が短距離路線より相対的に減るのだろう。

 クロスシートの軽減(一部をロングにする、2列2列を1列2列にする、クロスを収納出来たりロング変換可能にする等)と言う策もあるが、今の所近鉄のデュアルシート以外は上手く行っていない様だ。無料クロス車で知られた京阪神・名古屋・福岡でさえ、最近は混雑がひどくて導入し難いと言う話を、何人もの利用客から聞いている。
 さてこの問題に明確な法則性が見つからないか、京阪間や西鉄の距離から考察を始めた結果、無事に出す事が出来た。これは先に「都市間電車と郊外電車の考察」で書いたが、もう一度ここで書こう。

 路線距離が、都市間電車は50キロ、郊外電車が100キロを越えると、料金不要クロスシート車が導入出来る。また都市間電車は60キロ以上、郊外電車は観光地があれば短い距離でも、有料クロス車が導入出来る。

(なおもう一言付け加えると、トイレについては有料クロス車はともかく、無料クロス車では都市間電車郊外電車を問わず、100キロからと考えると良いと思われる。東武と近鉄にロング車でもトイレ付車両があったのに対し、100キロにギリギリ足りない名鉄にトイレが殆ど無いのがその証明だろう)

 これを言ったら時々「100キロてのはちと極端過ぎない?」と言われた事があった。そこで実際に表にまとめてみたので見てもらいたい。補足しておくと 都市間電車
会社 路線 始発 終着 距離 無料クロス有料クロス 備考
名鉄 本線 豊橋 新岐阜 99.8 あり あり  
京急・京成   羽田空港 成田空港 97.7 あり   京成は羽田空港直通時から京急車による無料クロス車登場
阪神・山陽   梅田 姫路 91.8 あり   阪神は山陽直通時から山陽車による無料クロス車登場
西鉄 大牟田 福岡 大牟田 74.8 あり    
京成   上野 成田空港 69.3   あり 京成は羽田空港直通時から京急車による無料クロス車登場
京急   品川 三崎口 65.7 あり あり 有料クロス車は夕方のウイング号のみ
南海 本線 難波 和歌山市 64.2   あり  
山陽   西代 姫路 54.7 あり    
京阪   淀屋橋 出町柳 51.6 あり    
阪急 京都 梅田 河原町 47.7 あり    
京王 京王 新宿 京王八王子 37.9      
近鉄 奈良 難波 奈良 32.8   あり  
阪急 神戸 梅田 三宮 32.3      
阪神   梅田 元町 32.1 あり   阪神は山陽直通時から山陽車による無料クロス車登場

郊外電車
会社 路線 始発 終着 距離 無料クロス 有料クロス 備考
近鉄 大阪 上本町 宇治山田 139.2 あり あり  
東武 日光 浅草 東武日光 135.5 あり あり  
東武 伊勢崎 浅草 伊勢崎 144.5   あり 有料クロス車は太田から桐生線へのみ
東武・秩父 東上 池袋 三峰口 112.9     現在直通運転廃止
近鉄 名古屋 名古屋 宇治山田 107.1 あり あり  
西武・秩父 池袋 池袋 寄居 102.7 あり    
西武・秩父 池袋 池袋 三峰口 88.8 あり    
小田急 小田原 新宿 小田原 82.5   あり  
西武 池袋 池袋 西武秩父 76.8 あり あり 秩父鉄道直通時から無料クロス車登場
東武 東上 池袋 寄居 75.0      
近鉄 南大阪 あべの 吉野 65.0   あり  
南海 高野 難波 極楽橋 63.6   あり  

 どうだろうか。この表に出ている区間やクロス車の選択に若干曖昧な所もあるが、大体あっている筈だ。距離による線引きが比較的はっきり出ている。阪急京都線は50キロにギリギリ足りないが、殆ど50キロだと考えると良いだろう。

 さらにここで注目してもらいたいのが、西武が秩父鉄道に、阪神が山陽に直通した件だ。実は元々この表を最初に作った時、その直通運転は計画すら公表されておらず、車両もロング車のみだった。しかし直通運転が実現した結果、無料クロス車が都心にも入って来る様になった。自社線のみと直通運転とでそれぞれ距離を比べて頂きたい。自分の理論が、発表後に実現した東京と大阪2つの直通運転により、裏付けられたのだ。

 あともう少し触れると、南海高野線が無料クロス車をやめたのが距離としては妥当な事、東武が日光線以外の無料クロス車に熱心でない事もわかる(^_^;)
 ここでちょっと面白い実話を。

 私が参加してるある鉄道系パソコンネットに、いつでもどこでも路線毎の立地条件を考察せず、川島令三の表現をコピーしただけで「無料クロス車を導入すべき」「スピードアップをすべき」としか言わない、つまり「実り無い意見」ばかりで、皆から呆れられてレスもあまりつけてもらえなくなった、困ったちゃんがいた。

 その彼が「南海の空港急行に無料クロス車を導入すべき」と発言したが、勿論皆は全くレスを付けなかったので、もっとタイトルを過激にして「南海は無料クロス車が嫌い?導入すべき」と書いた。そうすればさすがに皆からレスが付くが、勿論レスした皆は、どうして無料クロス車が導入出来ないかの立地条件をよく知っている人ばかりだった。これに彼は最初「論破します」とか言って、何が何でも無料クロス車導入を押し通そうとしたが、上に書いた通り日本で一番無料クロス車導入がし易い阪急や京阪の立地条件に詳しい皆から、どうして無料クロス車が導入出来ないかと言う適格な説明による集中砲火を受け、多勢に無勢で論破されてしまったのだ(笑)その後も彼は三たび無料クロス車導入論を唱えたが「あかん(- -;)この人全然わかってないわ」「をいをい(笑)この人、公共の交通政策と、個人の好みと勘違いしとるぞ」等と論外の反論をされてしまい、引っ込まざるを得なかった。

 その後彼はそのネットから姿を消し、インターネットの公共交通系掲示板にもチョクチョク顔を出していたが、勿論その中身は今でも「実り無い意見」ばかりだった。
 最後に利用客数と言う面から幾つか抑えておきたいポイントを書いて、このページの終わりとしよう。
  • 東京と大阪では、ターミナル駅の乗降人員にメチャクチャ差がある。私鉄で路線一本あたりを見た場合、東京の郊外電車では新宿や池袋等60万台が目立つが(最多は京王新宿の70万弱)、大阪では最多と言われる南大阪線あべの橋をはじめ、どこも30万強までしかない(えっ阪急梅田が100万だった?路線3本で分割すれば30万強でしょ)御堂筋線梅田だけが50万だがこれは地下鉄だ。東京で最も関西的と言われる京急も、最多は横浜の30万強。JRもこんなもので、JR東日本の川口は他に鉄道の接続が無いのに、JR西日本の神戸を上回っている!これを踏まえて、関東の郊外電車が京急やアーバンネットワークと同じやり方で客を運んだら、ラッシュ時にどうなるのだろう?

  • また欧米では通勤にも無料クロス車を使うが、実は世界の先進国の中で、東京と大阪だけ特に都市圏が大きいのだ。ロンドンとかパリとかの国際的都市でも、列車に乗って数分走ればもう田園風景だ。日本だと大阪でも20分、東京なら60分走ってやっと閑散地帯が出て来る事も珍しくない。これだけで欧米の通勤策がそのまま使えない事もわかるだろう。

  • さらに税金や国家予算を鉄道にどれだけ使えるかと言う事において、欧州では「鉄道は電気やガスと同じ公共事業」と言う考えがある為、収入を余り考えなくても建設費をつぎ込める。日本は国鉄や自動車もそうだが、特に大手私鉄は運輸省に頼れず、事実上単身で建設しなければならない。そういった財布の違いもあるのだ。こうなると問題は利用者や鉄道会社でなく、国家レベルになる。

 全体の始発駅へ戻る  このジャンルの分岐点へ戻る