京急の優れている本当の理由?

京急の優れている本当の理由?

 さて京急の話である。この文章を見ている皆には、どういう鉄道か説明の必要は無いだろう。関東大手で最も関西的と言うのは有名な話だ(実はマニアでない一般利用客は、京急でも関心や好感度を持ってない事が多いそうなのだが、とりあえずここではその話は略)ところがこの京急について、時々こんな話が聞かれる。

「京急以外の関東の鉄道は大量輸送だけに専念しているが、関東で京急だけはそんな方針に溺れず、高速運転や料金不要クロスシート車等のサービスを提供し、関東で唯一成功した路線である」

 中にはホームページや商業書籍で書いている所もあったが、それっておかしくないか?私には下の様に言ってる風にしか聞こえない。

「京急以外の関東の鉄道も京急も、運んでいる客の量とか立地条件は同じなのに、京急以外はああしたやり方で大量輸送に失敗し、京急だけが同じ量の輸送に成功したのだ」

 ご存知の通り京急はどうしても特別賛歌になる事が多く、私自身もこうした分野を始めたのは、京急以外の関東の鉄道ダメ主義を唱える者に会ってからだ。そしてこれらは今も変わらず、冷静で理論的な分析をしない京急賛歌が後を断たない(ピクトリアルだかジャーナルで、関東と関西の鉄道の違いを考察しようとして、結局ただ京急賛歌だけで終わってたおマヌケ奇稿を見た事あるぞ。京急2000型だけの写真付き。川島かと思ったらそうでなく、どっかの教授を自称する人だった…)

 ではどうしたら一歩引いて冷静に見つめる事が出来るのか?どう分析すればいいのか?その先を理論的に見つめた言葉は非常に少ない。ところが私の場合、これに対して回答の一つと言えるものを見出していた事がある。それが以下の文章なのだ。

 本文の前に一度話をずらすが、実は(ラインより)下の文章はインターネットの前にパソコン通信が盛況だった時代、私があるネットに書いたものだ。書いた自分はいつも通りの感覚で力作のつもりでなかったが、妙に評判が高く、立地条件の全然違うJR中央線が問題になった時も、以下の発言をとり上げてくれた方がいた程だ。そこで今回過去ログの中から苦労して、一部加筆修正の上掲載となった次第である。

 もう一つ言うと加筆修正したとは言え、各鉄道の状況は当時のままになっているのもある(今見たら、当時から今回初掲載まで約7年半たってました)従って大変身した京急空港線等最新の状況が完全に反映されていない。この辺は時間を作って現在に見合う様修正しているので、一部勘弁頂きたい。
 よく京急が「カーブや短い駅間距離が多いのに、高速運転して評価が高い」と言われるが、それだけの理由主張はある程度間違っているのでは?と私は考えている。他にもカーブが多い私鉄なら京王や阪神等が高速運転をしており、主要優等の評定速度だけなら京急の特急と互角。カーブが多くても京急以外でも高速運転は可能だ。一方で高速運転線型が京急と同じかそれ以上であっても、常にダイヤの短所が露出してる路線もある。

 それはすなわち、良いダイヤを作れる条件としてカーブや駅間距離は余り関係無く、むしろ路線全体の配線的余裕にあるのではと言う理由に気がついた。

 確かに京急自体も様々な独自の技術(詳細はここでは略すが)で秒単位に運転時分を縮めてるが、京急の路線全体が「ダイヤが作り易いシンプルな立地条件にある」のが真実ではないかと。逆に言えば以下に挙げる悪条件をもし完備していたら、京急のダイヤもかなり欠点が目立つ(努力しても、立地条件の比較的似る京成や京王程度まで)ものになっていたのではと考える。

 そしてそれらの条件を以下に書いてみたので、暇な方はご笑覧頂きたい。これらの路線条件は殆どが、生まれ持って得た宿命に近いものがあるのではと。他社他線で検討出来る材料にもなっているので、皆さんの知ってる路線にも当てはめてみたら、面白い考察が生まれる可能性があるかも知れない。ただし当然ながらここはまず京急本意に限定して書いた為、他社に完全応用出来ない所もある事を一応お断りしておく。  以上、京急がダイヤ作成面で好条件にある理由を色々考えてみたが、勿論独断と偏見も入ってるかも知れないので、そこら辺はある程度勘弁を(^^;

 あと言い忘れたが、車体が中型か大型と言う事も、優劣にはあまり関係なさそうだ。郊外電車は早くから大型にするのが必須だが、都市間電車タイプは終始中型だけで持つ筈だ。もし京急が横浜始発でかつ横須賀線が存在しなかったら、今頃20m4扉10連で統一されていたかも知れない。勿論ダイヤの優劣は別問題だ。
 最後の最後に、上記発表直後に発生した後日談もちょっと書いておこう。

某A氏「う〜む、プロも顔負けの分析ですね。「独断と偏見」とはとても思えません。マニアあがりの自称「評論家」に爪のアカでも煎じて飲ましてあげたいです」
わたし「私としては、川島令三に飲ませたいんですけどね」
某A氏「ああ、やっぱりそう来るだろうと思いましたよ」
某B氏「ちょっと待って下さい。果たして川島さんがそうでしょうか」
(ちなみこのB氏っていわゆる「川島の表現のコピーしかいえない君」で、この時点でかなり皆からの評価がアレだった)

 で結局これが原因で川島論争が持ち上がり、議論が正面衝突した某C氏から「京急についてああした高度な分析をされたのに、川島氏についてこうだとは残念です」なんてコメントももらったが、結局そこで「も」川島支持派は勝つ事が出来なかった。

 あっちなみそのネットはもう閉鎖してますので、この話題探しても見つかりません。悪しからず。

 全体の始発駅へ戻る  このジャンルの分岐点へ戻る