〜過去の独り言〜
2010

最近の独り言に戻る


1月3日新春ライブのリハが無事終了。久しぶりにご覧の男たちが勢揃いしてワイワイとやりながら、もんのスゴ
いサウンドがどんどん出来て行きます。いやあ真ん中で歌を歌っている快感、それはもうキョーレツです。あん
な曲もこんな歌もやります、皆さんお楽しみに!お陰さまでチケットがソールドアウトしたようですが、当日券
は出るそうです。ああ良かった。急に来られるようになる人だっているかもしれないしね。しかし来年の1月3
日ってもうすぐじゃないの!きゃー!

12/30
あああ終わってしまった!あと4本ぐらいやりたかったなあ、、、。しかしまあこの暮れのこの時季ってのはな
んでこんなにキュンと切ないのか!なんかお客さんとお別れするのがとてもつらいのだ。昨日の名古屋TOKUZO
ライブは、最後スタンディングでみんなに盛り上げてもらって、もうひたすら幸せを実感するひとときでした。
大切なイブの夜にぼくのライブに足を運んでくれて皆さん本当にありがとうございました。いやあ3連ちゃんと
いうのはヒッジョーに楽しい!三日間で声は徐々にへたっていくけれど、それを乗り越えて歌えた時の喜びは格
別で、ああ音楽やってて良かったと実感するのです。ギターも随分弾き倒しました。お客さんがやれやれ!って
言うもんだからつい、、、(ウソ)。年末の皆さんの忙しい時にこんなツアーをやっちゃってすいませんでし
た。でもこれだけ(LIVE)はやめられないのです、ゆるして〜。そしてまだこの先に新年のバースデーライブが
あるというのがたまらない!あの連中が集まるですよ!!ああどうしよう!!それを考えると夜も眠れない(ウソ)。
今日はぐっすりと(good sleep)
眠ります。みなさんおやすみなさい。
12/25 3:55am
やっぱり爆音は良いのだ!デカイ音でギターをキューンとやると即カラダが反応し、とたんに“ワルい奴”にな
るのだ。そうなるとしばらくそっちのワールドに行っていて中々戻れないからソロもグンと長くなる。ソロが長
くなるということはお客さんのことを意識しなくなるということで、おっとそれはイカンかもと途中で我に返っ
て戻ってくるわけだが、さっきの神戸ライブでもそういう場面が何度もあり、実にエキサイティング&スリリン
グだった。ステージ上の音も凄くイイ音で歌い易かったな。真横にセッティングした成田さんとの音のやりとり
もかなり楽しかった。観に来てくださった皆さん、本当にありがとうございました。成田さんと二人のアンサン
ブル、いかがでしたか?ちょっと気持ちイイでしょ!さあいよいよ本日はツアー最終日。名古屋TOKUZOにて今
年のすべてを出し切る所存です。19時開演です。当日券出ます。皆さんぜひ騒ぎに来てください!
メリークリスマス!

12/24
広島OTIS!でのライブが終了しました。ツアー初日からこんなに飛ばしていいのかなと思いつつ飛ばし、1st Set
終了後に“あれ?つぎアンコールだっけ?”と錯覚するほどの高揚感
。あれはなぜか?と今ホテルで一人思い起
こせば原因はただ一つ。ドラムが生音だったからだ。OTIS!は非常に良い意味で狭いので、ドラムにマイクを立
てる必要が無い。したがってお客さんにも僕にも、
成田さんの叩いたままのビートとグルーヴがそのまま確実に
届くのだ。ドラムと最前列のお客さんとの距離わずか1.5m!これはもう沸き上がるしか無いでしょう!広島で
はここのところアコースティックのライブが続いてたので、ビックリなさったお客さんもいらしたみたいです
ね。こういう斎藤も何卒よろしくお願いいたします。しかし皆さんのノリ、もう最高でした!本当にありがとう
ございました!さて本日はお馴染みの神戸ウィンターランド。19時開演です!お待ちしてます!

12/23
昨日12月20日はfmYOKOHAMAの25周年の日。エフヨコとは縁が深いです。レギュラーを二回やらせていただ
きました。87年からの「グレイスランドへようこそ」と2001年からの「カフェララル」。両方とも生放送で
ちょっとスリルもあって楽しかったのです。昨日のイベントではまたまた爆発的にくっちゃべってしまい、反省
しながらの「横浜」歌唱でしたが、片山とけっちゃんがサポートしてくれて助かりました。共演の谷村有美さん
と佐藤竹善さんもお変わりなくステキで、流石のパフォーマンス。楽屋がまた楽しかったんだ、、、。さて、い
よいよ明日から西日本クリスマスツアーです!成田さんと僕の楽器を満載にした車は本日既に広島に向かって出
発しています。みなさん!クリスマスライブだからと言って、サイレントなナイトを期待しちゃダメです(まあ
そういう場面もありますけどね)。成田さんのグルーヴに乗っかって、みんなでゆらゆら揺れましょうよ!
「MAKOTONES」最新号の発行と、ニューTシャツの販売もお楽しみに!まずは明日広島OTIS! にて19時半開演
です。皆さんのお越しをお待ちしております!当日券のお問い合わせはOTIS!(082-249-3885)まで!
12/21
東京はやっと寒くなって冬らしくなってきた。まさにランニング日和と言える。ところが情けないことに1週間
半ほど前、軽い肉離れをやってしまい(非常に軽いのでご心配無く)、今日まで走るのをやめていた。さっき雨
が止んで外があまりに気持ち良さそうなので、恐る恐る走ってみたら、やっぱりまだ早かった。ああ残念。早く
治ってくれよふくらはぎ!さて、20日にやるエフヨコイベントのリハが終了。この日のライブには佐藤竹善さん
や谷村有美さんも出るので楽しみだ。あの時代にそれぞれ“ラジオナイト”を担当したこの3人のトークセッ
ションも予定されているので、乞う御期待。僕のステージは片山敦夫と高橋けっちゃんとのトリオでお送りしま
す。それが終わるとすぐにクリスマスツアーだ!よっしゃー!
12/11
夕方散歩中、桜の落ち葉のキレイさに見とれて立ち止まる。クンクンクン、冬の匂いです。舗道の脇に集まった
黄色い葉っぱ、あれは何でしょうね。夜のランニングでは色が見えなかったからちょっと感動しました。さて来
月のツアーと正月ライブでニューTシャツがデビューします。今までとはまた違うタイプのイイ感じ。もうすぐ
サンプルが上がってくるようなので楽しみです。皆さんも期待していてくださいね。それから一つ下に書いた写
真展「DOGGY NEWS 」福岡鎌倉京都と廻っています。福岡は本日まで。これは和みますよ。
11/29
しばらく独りごちていませんでした。10日、Billboard LIVE東京で行われたSUEMITSU & THE SUEMITHのライブ
にギターで参加しました。SUEMITSU & THE SUEMITHというのは、木村カエラさんの「バタフライ」を書いた末
光篤くんのソロユニットで、この日は末光くんのピアノと僕のアコースティックギターだけのステージでした。
オリジナルから大きくリアレンジされた曲たちの中には、別の曲かと思うほどイメージを変えたものもあり、彼
の才能の豊かさを感じながらの楽しいセッションでした。13日はお友達のフォトグラファー奥村
康人さんの写真
展を観に吉祥寺の街へ。その昔、受験で成蹊大学に落ちたトラウマから、しばらく自分にとっては苦手な街だっ
たのですが、Star Pine's Cafeでのライブで何となく気になりだし、今回久しぶりに行って大好きになってしま
いました。昭和の香りを残す飲屋街があるかと思えば、住宅街に突然おしゃれな雑貨屋さんを見つけたり、とに
かく街に活気がみなぎっている。老若男女が楽しそうに散歩してます。訪れた“ギャラリーフェブ”は、外の光
が一杯入る優しい空間で、目の前には公園があります。犬好きの奥村さんが長年撮り続けてきたワンちゃんたち
のモノクロ写真がずらりと展示されているのですが、どのワンも驚くほどリラックスしていて、見ていて思わず
顔が緩みます。すごい!完全に奥村さんを友達だと思っている!この幸せ一杯の写真展「DOGGY NEWS 」は、
18日から20日までやってますので、皆さん是非観て来て下さい。そのあと地方もまわるそうです。
11/17
昨夜は久々にしっかりと打ち上がった。東京でのライブはたいてい車で行っているので打上げはまず無い。その
分地方は弾ける。押尾くんと初めてじっくり話が出来たし、告井延隆さんには為になる音楽話をタップリ聞かせ
てもらった。オグちゃんとは二次会になだれ込み、シャンパンを開け、一体何時まで飲んでたんだろう?それに
してもマーティンコンサートは何度やっても楽しいし、燃える。マーティンクラブジャパンの代表福岡司くんの
行動力と笑顔に支えられ、ミュージシャンとスタッフが一斉に動く。そこには毎回相当の苦労があるに違いない
が、決してそれを見せないから、我ら音楽屋は自由にワイワイと楽しんじゃうのだ。彼に心から感謝したい。ギ
ター一本で繋がる人と人。沢山の出逢い。このツアーももうすぐ60本だそうです。いやいやまだまだ続くでしょ
う。次はどこの街にお邪魔するのか楽しみです。さてここで最新情報。2011年1月3日(僕の誕生日)に渋谷
duo
MUSIC EXCHANGEで久々のフルメンバーライブをやります。1月3日、こりゃもうあまりにも正月ですが、
みんなお願いだから来て〜。
11/7
昨日はマーティンライブ inトーキョー。会場となった恵比寿ガーデンル−ムは立見のお客様も大勢いらして、文
字通りの大盛況。出演は押尾コータローさん、近藤房之助さん、小倉博和さん、小倉久寛さん、そして私とい
う、まさに異種格闘技的面白さで会場もヒートアップ。僕は例によってそれぞれのアーティストのステージにお
邪魔させてもらいましたが、やったセッションのすべてにコーフンしたのでした。だってみんな全然違うんだも
の!各エキスパート達と共に奏で、歌えた僕は本当に幸せ者です。途中、小倉久寛さんと二人で“特殊衣装”に
着替えたりしていやいやオモロ。観に来て下さった皆さん、昨日のライブ
いかがでしたか?オモロかったで
しょ。このオモロさをあさって大阪でも味わえるやなんて、もうほんまサイコーやわ!11月6日(土)大阪TB
ホール
で、皆さんのお越しをお待ちしております。
11/4
杉山くんの大阪ライブにお呼ばれしまして、昨日歌ってまいりました。その進行は驚くべきもので、第一部がな
んと僅か6曲!しかし
第二部はその倍以上の13曲数。凄いバランス!で、蓋を開けてみればこの全19曲のうち
15曲参加という究極の“がっぷりよつショー”でした。杉山くんはコレを日替わりで3daysやるんですからタフ
です。常に余裕があって何にも動じないゆとりの笑顔。いやあ見習いたいなあ。もう一人のゲストは杉山バンド
のバンマスである角田俊介。これがもう絶好調。打ち上げ二次会は完全に角田の独壇場でした。さてまた今週の
土曜日、大阪に戻ってまいりますので、関西のみなさんよろしくー!
10/31
昨日と一昨日、二夜連続で凄まじい歌唱を聴いた。23日はPaul Rodgers。Bad Companyの東京公演はギターの
Mick Ralphsが急病で不参加となり、少々ガッカリ気分で臨んだのだが、オリジナルメンバー二人の強烈な“本
物ロックパフォーマンス”に圧倒され大満足。特にボーカルPaul Rodgersは、自分がコレまで生で観たロック
ボーカルの中で群を抜いて素晴らしかった。ブルージーでエモーショナルな歌唱法、寸分も乱れぬピッチ、とん
でもない声量、そして何と言ってもあのノド、声質なのだ。嗚呼、アレこそがロックでしょ!誰も太刀打ち出来
ないぞありゃ。実を言うと、Paul Rodgersってまだ現役でやれてるらしいね、ぐらいの認識で観に行ったから、
ぶん殴られたような気分だ。殴られてよかった。最高に気持ちがいい。そして昨日24日は岩崎宏美35周年記念
コンサートに行った。1975年、高校生の彼女が「デュエット(二重唱)」でデビューした時、僕はJeff Beckの
新譜「Blow By Blow」に涙したり、文化祭でRory Gallagherの「Messing With The Kid」を熱唱したり、そして
恋に破れたり、、、これは関係無いか。。まあ僕も高校生だったのよ。髪を背中まで伸ばし、Music Life誌をむ
さぼり読み、ロック以外は音楽ではない、日本の歌番組なんて低級過ぎて絶対観ない!などと吠えながら、実は
岩崎宏美の歌だけは気になってしょうがなかった。作曲を担当した巨匠筒美京平のサウンドメイクが完全に洋楽
で、そこに心奪われた部分もあるが、やはり歌。天まで響いちゃうほどの伸びやかな声。上手過ぎて全然アイド
ルって感じじゃなかったもん。そんな岩崎宏美さんが僕の番組「THE SESSION」に来てセッションが実現。これ
が楽しかったんだあ(11/7オンエアです。お楽しみに!)。そして招待していただいたコンサート、歳を重ね
て成熟したシンガーの美しさと、変わらずポップな歌い方にうっとりしながらふと気が付いた。オレ、日本人歌
手のコンサート、初めてだ!ああビックリ。こんなことじゃダメだね。もっといろいろ聴かなきゃな。
本物のロックボーカルと、本物の歌手を続けて観た二日間でした。オレはまだまだですな。
10/25
来月あたまに東京と大阪でマーティンライブが開催されますが、今回もかなり面白い顔ぶれとなりました。東京
では近藤房之助さんが初登場。ものほんブルースが聴けるのです!そして
異色のゲスト小倉久寛さんは、僕が口
説き落としての登場です。ああわくわく。更に小倉博和(オグちゃん)の方は東京だけでなく大阪にも出演する
事が決まりまして、、、ということは大阪は告井さん、押尾君,オグちゃんという三大ギタリストが集まるの
だ。これはスゴい!客席で観たいなあ、、、。
10/20
冷たい雨の中、本日の公開生番組に足を運んで下さったみなさん、ほんとうにほんとうに、ほんとうにありがと
うございました。予定されていた屋外でのライブが中止。急遽
サテライトスタジオ内での演奏ということになっ
てしまいました。待って頂いたのに、たった3曲でごめんなさい。15分という時間内で出来るだけ面白いものを
見せられないかと、柳沢にでっかいアンプを持込んでもらって、全編エレキで弾きまくってもらいました。でも
アタマに描いていたのは、オープンエアでたまプラーザの街に響き渡る、ヤツの泣きのチョーキングだったんだ
けどなあ、、、。あと、観に来て下さった皆さんが外で、僕らだけ屋内というのもなんとも申し訳なくて、、、
しかしとは言いながら、ガラスの向うの沢山の笑顔を見てたら、ハートがぐんぐん燃えて来た! 雨なのに「天気
雨」を歌い、ジョンの誕生日なのにジョージの曲をやってすいません。ちょいとメロウにアレンジした「I Need
You」はいかがでしたか?僕はかなり楽しかったのでした。来て下さった皆さん、風邪引かなかった?大丈夫?
もし大丈夫だったら、あつーいコーヒーなど飲んで、11時の“夜遊び”まで目を覚ましていて下さいね。
10/9
明日は田園都市線のたまプラーザで、FM横浜の公開生番組に出演します。駅ビルのショッピングモール“たまプ
ラーザテラス、ゲートプラザ”という新しい場所のようですが、出演者の中でライブをやるのは僕だけで、一人
で歌うのは寂しいし、人通りの激しい所でちょっと恥ずかしいなあと思い、柳沢に声を掛けたら即“OK!”。
よーし、明日も楽しく行くぞー!お近くの皆さん、ぜひお買い物にいらして下さい。ついでに僕の歌でも聴い
てってください。14時台に出演予定です。来られない方はラジオの生放送を聴いてね。
10/8
クリームの「Swlabr」から、「もいちど添い寝」、「歯が痛い」ヘと繋がるロケンローな“個人メドレー”でス
タートした今回のライブ。角田もベースを3種導入し、各曲のボトムを支えながら、時には華麗なソロも披露。
二人で「きっといつか」や、ザッパの「Zoot Allures」など、ちょっと珍しいナンバーもやりました。さてゲス
トのKくん、もうお見事と言う他ありません。サムズアップのあの極端なハッピー(お客さんが全員笑ってい
る)の中、空気をバッチリつかみ、あったかい突っ込みとボケをかますあの愛すべきキャラ。ビリー・ジョエル
の「My Life」、Kくんの「Traveling Song」で第一部終了。二部ではイギリスの4人組ビートルズがミラクルズ
をカバーした「You Really Got To Hold On Me」をこの夜アジアの3人組が更にカバー。そして来年から兵役の
ために2年間活動を休止するKくんが歌うニューシングル「Dear...」。言葉の一つ一つが胸に響きます。アン
コールは一人で「ディナー」を歌ったあと、さっきから会場をうろうろしている長髪男をステージに呼び出して
説教。「桑田さんの番組でマイクに近すぎだぞカースケ!」。いきなりドラムセットが運ばれて来たと思った
ら、運んでいるのが唸りの片山敦夫じゃないの!もう一度Kくんを呼んで「No Woman, No Cry」。そのあと
カースケに命じられ斎藤自らミラーボールとなり、アース・ウィンド&ファイアの「September」を始めたとた
ん会場のムードが一変。サムズがディスコ
になっちゃった!ラストはKくんの歌い始める僕の「It's Alright」で
締め。更なるアンコールを頂いて「あなたに逢いたい」では片山も入って、角田、カースケと4人で演奏しまし
た。みんなありがとう。しかしこんなことなら柳沢と成田さんと深町さんも呼んでおくんだったよ。
Kくんあり
がとう。武道館に応援しに行くね。そして観に来て下さった皆さん、本当にありがとうございました。皆さんの
笑顔が僕の原動力です。カースケが「これはコンサートではない。寄席だ!」と言っていましたが、数年前札幌
で同じことを斉藤和義くんにも言われ、デヘへ
と喜んだワタシです。だって楽しいんだもの。思えばこの9月、
週末に必ずライブがありました。良い感じの緊張感がずっと持続して身も心も絶好調。このあとしばらく無いと
思うとちょっと寂しくなります、、、いやいや!と思ったらあるんです! 10/9にエフヨコの公開生ライブ
(これは是非みんなに駆けつけてもらいたいです!)、10/30には大阪で杉山くんとのセッションライブ、そし
て11月にはマーティンライブが東京と大阪で予定されています。さらに12月には広島、神戸、名古屋での“二
人旅ライブ”が決定しています。詳細も間もなくお知らせ出来ると思うので、皆さん楽しみにしていて下さい!
9/26
というわけで遅くなりましたが、いよいよ明日行われるマンスリーライブ最終回のゲストはKくんです。11月に
は武道館公演という大舞台が控えているKくんですが、明日は気楽に僕らとのセッションを楽しんでもらいたい
な。楽しくなるぞー。横浜サムズアップで18時半スタートです。おっと、開演前のBGMを楽しみたい方は17時
半からどうぞ!皆さんのお越しをお待ちしています!!
9/24
なんですかこの寒さは。雨がどっさり降ってます。台風が来ているのね。あさっての横浜サムズアップライブの
時間までに
止んでるといいなあ。さてそのライブ、楽しい楽しいリハーサルが終わりました。今回もベースの角
田がサポートしてくれます。そしてゲストですが、もちろん呼んでおりますよ。今回もサイコー!オトコです。
歌を歌います。楽器も弾きます。彼には愛を感じるんだよなあ。さあだーれだ。明日お伝えしますね。
9/23
かなり遅くまで飲んだのは、屋台の夜風が気持ち良すぎるせいなのだ。打ち上げのお店で鰹のたたきや青のり天
ぷらなど。ひと通りいただいたというのに、0時をまわってから屋台に大移動。ラーメンとおでんなど食べなが
らもう一杯。お陰で今朝は眠かったなあ。しかしオグちゃんは元気です。空港までのタクシーでもギターを語り
続ける真のミュージシャンなのだ。さて、昨日はまず午前中に名勝桂浜に行って参りました。カラッと晴れた撮
影日和、やはり見事な景観です。高校の修学旅行以来だったので、ちょっとはしゃいだかも。1時前に街に戻っ
て日曜市をぶらぶらすると“いも天”発見。揚げたてだからが熱々で中々食べられないんだけど、これが美味い
のよ。ライブ会場のキャラバンサライは建物の2階でした。で、1階は何かと言うと、ヤッター!楽器堂Opus本
店。涎の出そうなギターアンプが2台あって、これを試してたら東京に帰りたくなくなった。通好みの驚くべき
品揃えで、ヤバい楽器屋さんです。ウーンたまらん。さてライブ。生まれて初めて高知で歌いました。それだけ
で充分グッと来ているのに、お客さんが熱いのだ。南国土佐っ子は陽気で明るいね。オグちゃんのウルトラプレ
イで、お客さんと僕にボッと火が付いた。あれもこれもとやりたくなって、セッションは長くなり喋りも止まら
ない。良い楽器とステキなお客さんに囲まれて、終始ハッピーな二人だったのでした。高知の皆さん、来て下
さった皆さん、本当にありがとうございました。さあ、次はいよいよ25日。横浜マンスリーライブの最終回で
す!行くぞー!
9/20
高知の街はこの時間まだまだ盛り上がっています。屋台が出ているから、これ毎週末?と聞いたら、いえいえ毎
日です。と言われびっくり。本日はこの元気な街でマーティンライブです。ツアー最終日ということで盛り上が
ること必至ですが、なんてったってゲストにオグちゃんですから、セッションはそれ以上に違いありません。皆
さん是非是非おいでください。今夜高知キャラバンサライで18時30分スタートです。お待ちしております!
9/19 0:33AM
11日正午前、ホテルを出たらやっぱり暑かった。昨夜の涼しさはたまたまだったかな?一年半振りに一人善光寺
に向かい歩き出す。空は快晴、日影の少ない時間だったからあっと言う間に汗びっしょり。涼しいお店に避難し
てお蕎麦を頂きました。美味。去年は御開帳の時だったから大変な行列だったけれど、今回は空いていて本堂に
もすぐ着いた。おみくじで吉を引いてそれでもう満足。どこまで乗っても100円の、ぐるりん号バスでホテルに
戻りシャワーを浴び、いざライブ会場へ。リニューアルした美鈴楽器のホールはクラッシック用の音響設計で、
アコースティックギターの生音と相性バッチリ。ゲストの有田純弘さんのナイロン弦バンジョーも凄くいい音
だった。有田さんに選んで頂いたブルーグラスの名曲「Big Country」と「Blackberry Blossom」をセッショ
ン。どちらもブルーグラス初体験の僕には難曲だったけれど、有田さんの堂々たるプレイに導かれて大成功。こ
れは嬉しかったな。観に来て下さった皆さん、本当にありがとうございました。ライブ終了後、衝撃のニュース
を聞いてがちょーん!谷啓さんまで行ってしまうとは、、、。僕はクレイジーがビートルズと同じくらい好き
で、小学生の頃、よく親父に映画に連れて行ってもらった。映画では谷さん、いつもちょっと気の弱い真面目男
で、植木さんやハナさんにいいように振り回される。数々のヒットソングでは、谷さんだけがオクターブ上で
歌っていたりして楽しい。しかしトロンボーン奏者としては、ジャズのスウィング・ジャーナル誌上で一時期上
位にランキングされるほどで、グループの中で最も現役ミュージシャンを感じさせてくれた人でもあった。クレ
イジーキャッツ及び植木さん映画はほとんど観たが、谷さん主役の「クレイジーだよ奇想天外」をもう一度観た
い。主題歌の「虹を渡って来た男」は名曲ですよ。「プンプン節」はサイコー。「愛してタムレ」はもちろんの
こと、「あんた誰?」はいきなりビロ〜ンだもの!そう言えば昔、「プンプン節」か「あんた誰?」をライブで
歌ったことがあるなあ、、、。旧友高田梅三郎氏と「刑事あいうえ音頭」というクレイジーキャッツへのオマー
ジュ的自主制作映画を作った頃で、この映画のサントラライブを、北の丸公園の科学技術館サイエンスホールで
やったんです。その時僕はスーツを着てハンドマイクで谷啓ソングを歌った。ひょっとして覚えてる人います
か? 谷啓さん、本当におつかれさまでした。ありがとうございました。
http://www.youtube.com/watch?v=L5YIQvWhE1I&feature=related
9/12
長野に来ています。涼しい!カラッとしている!ふと秋のにおいがしたような、、、いやあ気分爽快。本日は
マーティンライブ in 長野。美鈴楽器本店の新しいホールでゲストに有田純弘さんをお迎えしてお送りします。
今日も会場で素晴らしいギターたちが待っているわけで(入場無料ギターショーは午前10:00から)、ここから
夜のライブの為に楽器を選べるのが本当に楽しみなのです。長野の皆さん、是非是非おいで下さい。
ライブは18時30分スタートです!。
9/11
ラジオの公録ライブと、マーティン広島ライブと、松田弘さんのライブと3連ちゃんでした。まず例によってプ
リンスパークタワー東京の「Melody Line」で行われたThe Sessionの公録。ゲストに植村花菜さんと、南佳孝さ
んをお迎えしました。こちらはオンエア前なので内容は言えませんが、音楽性のまったく異なる3人が作った
ハーモニー、コレがなかなかいいんです。個性が混ざってステキです。翌日新幹線で広島入り。ゲストのおおは
た雄一さんとは5曲もセッションして、笑顔が絶えないライブでした。終演後“カープの店”で打ち上げ。残念
ながら「夜遊び」は聴けなかったけれど、深町さん面白かったでしょ。そして翌朝新幹線で東京へ。車中爆睡の
予定があんまり眠れず、ぼーっとしたまま恵比寿リキッドルームに入ったらとたんにリハ。西慎嗣のMIX NUTS
に入って演奏するのだが、彼のギターは本当に素晴らしい。彼との出会いがなかったら、ぼくは音楽の世界に
入ってなかったかもしれないな。ライブではなんと「Don't Worry Mama」を演奏!慎嗣バージョンと僕バー
ジョンの合体でした。ベースの山村哲也とはデビュー前まで一緒にバンドをやっていて、ハラボーズでも一緒で
した。30年近く前の話です。そしてこの日の主役、松田弘さんと二人で「蒼いパリッシュ」(懐かしい!)。片
山を呼んで3人で「天気雨」も。それにしてもほとんど出ずっぱりの松田さん、本当におつかれさまでした。今
回呼んで下さってありがとうございました。オトコだらけの打ち上げでは、俳優の小倉久寛さんと音楽談義。小
倉さん、やっぱりたのしい!
9/7
本日9月4日、広島に参ります!なんだかヒジョーに嬉しい。久々の旅だというのもあるけれど、ライブ3連ちゃ
んの真ん中、遠くに飛び出して行ってすぐまだとんぼ返りで別ライブ、というこの忙しなさ感がイイ!広島は子
どもの頃住んでいたことがあるので、そもそも好きなのです。マーティンライブは今日から毎週末3回続きます
が、今日広島のゲストはおおはた雄一さん。ちょっといつもよりセッション多めで行きますよ。皆さん、是非是
非遊びに来てください!club creamで19時開演です。お待ちしてまーす!
9/4

マンスリーライブ、Vol.2が無事終了しました。オープニングは初期スティーリー・ダンの隠れた名曲「Dirty
Work」。僕の92年頃のアコースティック・ツアーでよくやっていたナンバーです。角田がなんとウッドベース
を初披露して実に新鮮なスタート。各曲、例によって細かいリアレンジを施したり(「Don't Give It Up!」が途
中「What Is Hip?」に!とか)、フリー・パートを作ったりして(「宇宙から来た石」「Time 」)、いやいや
本当に楽しく歌い、奏でたわけですが、今回のライブをいっそう盛り上げてくれたのがゲストの渡くんです。心
を打つ彼のオリジナルはやはり素晴らしい(「メロディー」「戦い続けるのさ」)。「天気雨」ではAメロを交
互に歌って、サビでは斎藤、念願のハモにまわりました。ワタリ節の「天気雨」は非常にキュートです。人柄が
にじみ出ている。さて暑さにやられたメンズトリオはこの他に「Lady Madonna/The Beatles」、「You Really
Got Me/The Kinks」、「Honesty/Billy Joel」、「バンバンバン/スパイダース」を演って打ち上がり、最後は
ダブルアンコールをいただいて「別れ話は最後に」を弾き語りしました。猛暑の中おいで下さった皆さん、本当
にありがとうございました。楽しんでいただけましたでしょうか。野郎三人からのLOVEを受け取っていただけ
ましたでしょうか。次回マンスリーはいよいよ最終回。9月25日です。おたのしみに!
8/30
「ゲゲゲ展」に行って来た!水木しげる先生米寿記念のこの催し物、なんと100点もの貴重な原画が展示されて
いるのだが、そのディテイルの細かさと美しさ言ったら!まさに点描画だ。まだスクリーントーンなど無い時代
だから、背景の点々や線も一つ一つペンで描いて行ったわけで、その迫力は凄まじい。魂のこもったそれらの原
画を観ていると、なんだかホントに妖気に吸い込まれて行きそうだ。子どもの頃「河童の三平」や「コケカキイ
キイ」読んだ時の、あのちょっぴり不穏な気分が甦って来て、そこにまた感動してしまう。会場出口にはグッズ
売り場が広がり、これがまた非常に楽しい。「ねずみ男汁」という飲み物を買いそうになった。そう言えば、鬼
太郎テレビシリーズのエンディングテーマに「カラ〜ンコロ〜ンカランコロン コロン」で始まるのあったよね。
あの最後の「コロン!」の歌い方が好きだったなあ。コレ、昨日から頭ん中でずっと流れてます。「ゲゲゲ展」
は東京松屋銀座で23日まで。急げ、鬼太郎!
8/20

ワタリ君はとってもイイ人。そして彼の音楽はやっぱり素晴らしい。歌詞の世界が胸に深く響くのだ。角田も感
心していました。さあ29日のライブがますます楽しみになって来た。上は渡 wataryと斎藤誠。あんまりイイヤ
ツなので帰っちゃダメ!と引き止めている、の図。
8/14
桑田さんのラジオ番組「桑田佳祐のやさしい夜遊び」の“留守番DJ”をやることになりました。ひえ〜これはエ
ラいことですよ。完全にビビっておりますが、でもここは何としても頑張らねば!さっきまで、皆さんにお知ら
せせずに行こうとかみみっちいことを考えていたのですが、TFMのTIME TABLEにもう名前が載ってるのを見て
観念しました。皆さん、ダメな後輩が精一杯やりますので、どうか、ゆるして、、。放送は早速明日からです。
えーと、、、桑田さん、あとでダメ出しお願いします。
8/6
凄い!もの凄いものが出来ようとしています。あと3曲だそうですが、ぼくらはこの“もの凄いやつ”の完成を
ゆーっくり待っていればいいんだと思いました。しかしのんびりしているのはいけません。いつ帰って来ても大
丈夫なように準備しておかないと。自分を磨いておかないと。すべてを全力でやらないと。それから言われたよ
うに、自分ももっと健康管理に気を付けなくては。先輩、僕も一生懸命やります。
8/1

ライブ前日に思い付いたことがいくつかあって、急にそれを全部やりたくなった。まずオープニングの登場BGM
にEdgar Winter & White Trashの「Back In The U.S.A.」という超ロケンローナンバーを選んで満足してたら、
急にその曲を歌いたくなった。よーし、BGMに続けてそのまま歌になだれ込もうと決めたはいいが、この音源が
ライブ盤で5分53秒もある。まさかそんな長い間BGM聴きながらステージ上で待ってはいられないので、DAW
ソフトを立ち上げてエディットすることにした。どあたまのリック・デリンジャーの雄叫びと途中ソロパートを
ごっそりつまんで1分40秒に短縮。やった!コレをバックに登場だー!そして続けて生で歌うのだロケンロー!
いやしかし待て。BGMとライブの音量設定に細心の注意を払うことを忘れてはならないぞ。BGMがデカすぎると
ライブに入った途端ショボく感じちゃうからね。さて、お次ぎは開演前のBGM作り。今回はDewと僕とのハーモ
ニーが目玉の一つ、BGMも60年代から70年代のコーラスものばかりを集めて並べてみたが、試しにDewのオリ
ジナル曲「Cherry blossoms(英詞)」を入れてみたらもうバッチリ。カーペンターズの「ふたりの誓い」とニー
ル・セダカの「悲しき慕情」の間に入って違和感ゼロ。さずがDewだなあ、などと感心してたらこれまたライブ
でやりたくなってきた。しかしいくら何でも当日いきなりというのは無理がある。譜面も無いし、成田さんは
まったくこの曲知らないし。でサムズアップ。やって来たDewのふたりに「急だけどこの曲もやらない?」と尋
ねてみたら、即答で「やります、是非やりたいです!」の嬉しい展開。というわけでこの歌、僕と成田さんは
ぶっつけで、気持ち良く、何となく演奏しました。いやあそれにしても楽しかったなあ昨日という日は。「初恋
天国」が急にラテン調になったのは暑さのせいなのか。「Don't Give It Up!」が途中、「オレはディレクター」
に変化したのはなぜだろう。その辺りあまり覚えてないです。曲順がひっくり返ったり、弦が切れたり、ナイス
なハプニングがいろいろあって実に良いライブだった!と思うのですが、いらしてくれた皆さんいかがでした
か。Dewの素晴らしさを紹介出来て本当に嬉しい。あんな素直な音楽、今なかなか無いです。外の猛暑をしばし
忘れてしまう清涼感。「Night Wind」という彼女たちのオリジナル曲を演奏しながら、もっともっと沢山の人た
ちにこの静かな感動を知ってもらいたいと思いました。暑い中足を運んで下さった皆さん、本当にありがとうご
ざいました。横浜マンスリー、次は8月29日(日)です。ゲストに風味堂の渡くんをお迎えします。お楽しみに!
7/25
明日という日が本当に楽しみなのだ。ライブ前にこんなに高揚しているのも珍しい。ここの所スタジオ籠りが続
いて、その作業に集中していたため、自分の音楽からしばらく遠ざかっていた。それが先日のリハーサルで歌っ
てみてさあたいへん。眠
らせていたものが一気に爆発した。沢山の人たちが自分の音楽を聴きに来てくれる!
ああ嬉しい。しあわせだなあ。皆さんに心から感謝いたします、ホントです。よっしゃー、明日は楽しむぞ。
7/23
いよいよ今週末に迫った横浜マンスリーライブVol.1。先日この日のためのリハーサルが行われました。いやー
成田さん!成田さんのビート&グルーヴはやはり他の誰とも違う。圧倒的にカッコいいしノリやすい。叩いてい
る姿なんてもう完全に楽器と一体化してるもんな。日本人ばなれした、、というか、もしかしたら日本人じゃな
いのかも、、。いや、どこから見ても日本人過ぎるほど日本人だ。そんな最高峰のグルーヴに乗って歌える自分
が幸せです。そしてこの男二人の“むさい”リハスタに現れたゲスト、Dewのお二人。スタジオの空気ががらり
と変わると思ったらおやっ?そうでもない。彼女たちのふんわりとした優しい雰囲気が、むさいグルーヴコンビ
を包んでとてもいい感じ。ゆったりとしたムードでセッションが始まったのでした。留学中のカナダの高校で出
会ったという春奈さんと悠さん。彼女たちの作り出す音楽はちょっと洋楽的で、どこか懐かしい。本当にピュア
で素直な歌たちです(ココが僕には非常に刺激的)。番組で出会えて良かったなと思います。
さて。この7/24のチケットが、もしかしたら売り切れてるのかもしれません。チケットについては、お手数で
すが、チケットぴあにお問い合わせ下さい。また当日券が出るかどうかについてはサムズアップに問い合わせて
みて下さい。ちゃんと把握してなくてごめんなさい!
7/18
福島の街で初めて歌わせてもらいました。去年の福井以来久々のマーティンライブということで、前日から既に
興奮が始まっていました
。前乗りで生出演したFM福島「TOWN BEAT」で既にちょっと飛ばし気味。そしてこの
日の夕食会はまるで打ち上げのようでした!さてライブ当日、ホテルで朝早くに目が覚めてしまい、部屋でバリ
バリとお仕事。はかどるはかどる。外に出てみたら、昨日の豪雨がうそのように晴れ渡り、空気もサッパリして
なんともいい気分。ますます高揚して来た。そしてライブ。お客さんが僕の歌に聴いってくれてるのがわかって
本当に嬉しかった。初めての街なのに!この嬉しい思いを伝えたかったんだけど、なんか上手くいかなかったな
あ、、。ありがとうをもっと言いたかった。皆さんのことが好きですとはっきり言えば良かったかな。昨日福島
アウトラインに来てくださった皆さん、本当にありがとうございました。ライブを盛り上げてくれてありがと
う!今後はもっともっと福島にお邪魔したいです。街のことももっと知りたいし。さあ次はいよいよ横浜マンス
リーVol.1。よーし練習しよう!
7/11
いやあ良いもの観せて貰いました。昨日行われた「ギターは魔法の杖」では、4組の若いミュージシャン(アマ
チュアなんて呼び方も意味無いと思いました)が出演した。18歳から23歳までの7人がそれぞれ個性あるプレイ
を見せてくれて、僕と柳沢は彼らのステージに釘付けだったのです(特に柳沢は全然楽屋に帰って来なかっ
た)。自分が彼らの歳の頃、一体何を目指してたのかをふと考えてみて、まったく思い出せないのに驚いた。
30年前の自分が今日のイベントに出ていたらどうだろう。緊張しすぎて吐いてたかも。今日のみんなは逞しかっ
た。彼らの雄姿を見て頼もしいなとも思った。純粋な音楽好きの7人に心からエールを送りたいです。
6/23

本日は渋谷で面白そうなライブイベントに出ますよ。アマチュアのギター好き、音楽好きの皆さんとステージを
共にするのです。どんな人たちが出るのかなあ。みんなとっても若い人たちだそうです。こりゃ絶対楽しそうだ
な。早めに行ってみなさんのリハーサルから観ちゃおうかな。僕は柳沢230との“ギター馬鹿デュオ”で出演い
たします。渋谷Pleasure Pleasureで19時スタートです。是非皆さん観に来てね!
6/22

実はワタクシ、鶴瓶さんの大ファンで、「家族に乾杯」をいつも観ています。だから原さんの「A-Studio」出演
が決まった時、とても嬉しかったのです。しかしまさか自分が鶴瓶さんからインタビューを受けることになるな
んて!しかも母校青学で!お話をさせて頂いて感動しました。本当に気さくな方で、テレビで見るままのハッ
ピーのオーラをお持ちです。相手の面白い所を引き出す天才。素晴らしい人です。ますますファンになってしま
いました。ステキな機会をくださった原さん、本当にありがとうございます。そしてテレビを観て早速公開オッ
ケーメールをくださった皆さん、ありがとうございました。
6/19

今年のマーティンツアー開催地が発表になりました。もちろん“最終回”じゃないです。仙台のかよぶんさん他
の皆さん、ご心配をおかけしてスイマセンでした。福島は去年いわきにお邪魔しましたが、福島市内で歌うのは
初めてなのでとても楽しみです。ゲスト丸山ももたろうさんとのトークも、、、いやいやセッションもかなり盛
り上がりそう。なんつったって同い年ですから。7月10日土曜日です。福島の皆さん、是非是非お越し下さい。
さて、先ほどMステから帰って来ました。原先輩の歌はいつ聴いても癒され和みます。そして私たちは昭和のハ
コバン風衣装で熱演。なんとも場末なムードでイイかんじでしょ。次は6月18日、TBS系の「A-Studio」です。
お楽しみに!
6/12

「公開オッケー」のサイン付きメールが来たなあと思ったら。どれも「マーティンライブが最終回ってホン
ト?」という内容でビックリ仰天!もしやと表紙を見たらどひゃーっ!完全にやってしまっていた。“最終
回”というのを「夕陽の交差点」の左側に書いたつもりが、上の「live! live! live! live!」の所にも消し忘れが!
えー、yasuhiroさんはじめ、メールををくださった皆さん本当に申し訳ありません。ワタクシの不注意による
ミスでございました(既に訂正させていただきました)。歴史あるマーティンツアーが最終回だなんて言ったら黒
澤楽器の“あの人”にぶっとばされちゃいます。今年のマーティンツアー、ありますよ。もう断言しちゃう!
まだ行ったことのない街にも行くかも。楽しみにしててね。
6/6

沢山の皆さんから
「夕陽の交差点」最終回を惜しむメッセージを戴きました。本当にありがとうございます。
そんなに皆さんに愛されていたとは!恐縮です!どうもスイマセン!ファンの皆さんとの交流広場、憩いのク
ロスロードとして「夕陽の交差点」は実にスペシャルな存在だったわけで、僕自身もちょっと残念に感じてい
ます。これからはココの独り言でお応えして行くと書きましたが、もっと良いアイデアが無いか考えてみます
ね。取り合えず何か質問などございましたら、ココでお答えしますので、「公開オッケー」のサイン付きでど
しどしお寄せ下さい。おっと、それからマンスリーライブのリクエストもお待ちしていますね。
6/5

番組の収録のためスタジオ内にいたので、午後の通り雨(首都圏集中豪雨)にまったく気が付かなかった。土砂降
りだったそうな。収録が終わって外に出てみると、青空が広がって雨にぬれた舗道がきらきらと光っている。
澄んだ空気がクーッ気持ちイイ!きっとこれはマイナスイオンってやつが出ているに違いないと思い、しつこ
いほど深呼吸したら更に気持ち良くなったので少し歩いた。歩いたらお腹が空いたので蕎麦屋に入った。メ
ニューを見たら俄然食欲がわいて来て、カツ丼セットを注文してしまった。勢い良く完食したら急にカラダが
重くなった。重くなったのでまた歩いた。家に帰ったら眠くなって来た。寝ようかな。いやダメだ。いつも明
け方まで起きているヤツがこんな時間に寝てはいけない。いや別にいけないということはないんだけど、なん
だか後ろめたいような、、、。ああ眠い。
5/27

今度「THE SESSION」の生歌で「Magic」という曲を歌おうと思うんだけど、これは1980年のミュージカル映
画「ザナドゥー」の主題歌で、オリビア・ニュートンジョンが歌って大ヒットした。この曲のロックなカバー
をチラッとどっかで聴いて非常に気になったのでネットで調べたら、Stimulatorというバンド。女性ボーカル
がやんちゃな感じで気持ちイイ!原曲より好き。ところで60年代に日本のGSジャガーズの大ヒット「キサナ
ドゥーの伝説」という曲がありました。イギリスのデイヴディー・グループの「Legend Of Xanadu」の日本語
カバーですが、なんでザナドゥじゃなくてキサナドゥ? 多分英語歌詞が“...in Xanadu”だから、当時日本語詞
を付ける際、間違えてin
も含めて聴いちゃって、インザナドゥーがキサナドゥになったという愉快な話はホント
かな?
5/20

ジョン・メイヤーのライブを観て来た。追加公演を含めた3Daysすべてソールドアウトだそうで、今のこの人
の勢いが分かる。JCBホールっていいねえ。2階席3階席がバルコニーのようになっていて、どこからも非常に
観やすいし、いろんな所からバラバラに歓声が聞こえて来ると、なんか非常にロックである。さてジョン・メ
イヤーのステージ、ああ美味しかった。60年代R&B、70年代ロックなどの厳選された食材を惜しげも無くミッ
クスして見せる栄養満点のオリジナル料理。振る舞うその姿が自信に満ちていて、観ていてゾクゾクする。
魅力的な歌唱法と超絶ギターがバランス良く“ジョン・メイヤー・ミュージック”を作っている。そしてお客
も素晴らしい。女の子がキャーキャー言って素晴らしい!幅広い年代のファンがいて、若いミュージシャン達
は憧れの眼差しで彼を見つめ、かつてのロックファンは“あの時代”の音に目を閉じて聴き入り、。、しかし
女の子たちは「ジョーン!」「アイラヴユー!」と言っちゃうのだ。コレでしょロックコンサートってのは!
みんな自由で勝手なのよ。“現代の三大ギタリスト”の一人だそうだが、ぼくはジョン・メイヤーのギターが
好きだ。だって完全に歌ってるもん。そうそう、バンドのもう一人のギターがベテラン、ロビー・マッキン
トッシュだった。この人のプレイには涙が出たな。
5/14

9日夜、高円寺JIROKICHIで行われた南條ソウルバンドのライブにゲスト出演させて頂いた。やる気満々の僕は
そのはやる気持ちを抑えながらJIROKICHIに向かったが、どう考えても家を出るのが早すぎた。メンバーの皆さ
んよりも先に着いていたら絶対笑われちゃうと思い、しばらく環七に停車して、車中にてその日の演奏予定曲
を練習することにした。車の中はイイねえ。大声で歌えるもんね。ライブはもちろんドカンと盛り上がり、何
より僕自身が元気をもらった。南條さんにもらった自家製のパンを食べて更に活力がみなぎる。翌10日、かね
てから導入を考えていたエフェクターボードについての説明を受けに某音響機器メーカーを訪問。応対して下
さった方が、この世界の男衆とは著しく異なるルックスでまずそれに驚く。まっ白なワイシャツを着て爽やか
な笑顔。清潔感あふれ、ハンサムで(イケメンなんて言わない)、言葉遣いもとても丁寧。会った瞬間に「やっぱ
買おう!」と思ったほど。丁寧な説明を受けながら実際音を出してチェック。うーんイイ!実に良い!そのま
ま家に持って帰りたくなるが、何とかこらえて帰路に付く。家に着いてからさっき戴いた名刺をよく見てぶっ
飛んだ。“代表取締役”! なんとあの人、社長さんだったのね!ひえーカッコいいCEO。若いしロックだ
し!モテるんだろうなあ、、、。
5/12

自分としてはまったく関係ないけれど“大型連休”と言われるものが終わっちゃった。今年は5年続いたGW横
浜野外ライブが無かったから比較的時間があったんだけれど、世の中の人がカラダを休めている時にこっちま
で一緒になって遊んでいいはずはないのだ。3日の深夜に桑田さんの4時間生放送生歌ライブがあったので、こ
れの準備に全力を注いだ。結局何曲演奏したんだっけな?30数曲?朝5時に終わった際の達成感にはやはり特
別なものがあった。それにしても先輩は超人である。さて家に帰ってもテンションは上がったままでなかなか
寝る気になれず、結局「ゲゲゲの女房」を観てから寝た。起きたらもう2時過ぎで、慌てて出掛ける。プレゼン
トを買いに渋谷まで。誕生日に一日遅れてしまったが、まあいいじゃない。おめでとう!河村智康50歳!カー
スケに初めて会ったのは1980年、アマチュアロックコンテスト“EAST WEST”に出た時だからもう30年だ!
参ったなこりゃ。あの頃ヤツは“ぴかぴか”という超ご機嫌なR&Rバンドをやっていて、他のバンドを完全に圧
倒していた。僕が在籍した“スーパーセーラー服”が予選であっさりと敗退したので、中野サンプラザでの決
勝では客席から大好きな“ぴかぴか”の応援をしたっけ。現在発売されている最新リズム&ドラムマガジンの
写真もなかなかいいけど、何と言ってもドラムメーカー“カノウプス”のポスターが凄い。「河村の染色体」
という“見出し”で何と息子河村吉宏と一緒に写っている。何と見事な親子の図。今や吉宏くんもプロのドラ
マーとしてaiko、甲斐名都などのツアーをこなしながら自己のバンド“坊ちゃん”の活動も忙しい大変立派な音
楽屋なのである。お父さんにプレゼント渡したら、お返しにそのポスターを一枚くれたんだけど、コレ
どうす
りゃいいの?オレの部屋に貼るってのも変だろ。今渋谷の石橋楽器とか、全国楽器店のドラム売り場に張って
あるらしい。うーんカースケおめでとう。
5/6
1998年「Number 9」のレコーディングでLAに行った際に衝動買いしたダンブルというアンプがある。アンプ
の最高峰と呼ぶ人もいるこのブランド、使用するギタリストはラリー・カールトン、ロベン・フォード、ス
ティーヴィー・レイヴォーン、最近ではジョン・メイヤーもこれで極上のサウンドを鳴らしているが、僕の
持っているのは彼らが使用する1980年前後の歪みが上質な人気タイプではなく、ごくごく初期型の(1970年
頃)もので、これがなかなか歪んでくれないばかりか、高域が強烈すぎて、用途がかなりしぼられてしまう。だ
からライブでは一度も使用したことが無い。先月のあたま、倉庫に眠っていたコイツを久々に引っ張り出して
来てギターを繋いでみたら、みるみるうちに音が小さくなり、遂にはまったく鳴らなくなってしまった。ああ
修理か、、、。デリケートな真空管アンプを扱える人を知らなかったので、信頼出来る人からエキスパートを
紹介してもらい、直接連絡を取って会いに行った。大田区の小さな作業場で僕を迎えてくれた“Wさん”は100
%の技術屋さん(決して音楽屋ではない)で、おびただしい数の真空管やコンデンサー、トランスに囲まれて、ハ
ンダごて片手に長年こつこつと仕事をして来た人で、これまで僕が一度も出会った事のないタイプだった。
で、この人が最高にいい人!! 専門的な事が何も分からない僕にひとつひとつ丁寧に説明し、対策を練ってく
れる。僕のとんちんかんな質問にもちゃんと耳を傾けて、言葉を選んで的確に、分かり易く答えてくれるの
だ。僕よりもいくつか年上で30年以上の経験を持つエキスパートなのに、ちっとも威張らない(僕は威張る
人、高圧的な人、大風呂敷を広げる人はダメなのです)。それどころかこっちが恐縮してしまうほど腰が低
く、真面目で誠実な人物だった。僕はダンブルを“Wさん”にお任せすることにした。ホントの事を言うと、あ
まり出番の無いこのアンプ、直したら手放そうかとも思っていたのだが、この日完全に気が変わった。そんな
ことしたらステキな出会いを作ってくれたアンプに対して失礼じゃないか。昨日、無事修理完了したダンブル
を受け取りに再び作業場へ。またしても店の前で待ってくれていた。雨降ってんのに!なんていい人なんだ。
今度ライブに御招待したいなあ。
4/28

渋谷のライブの翌日、CK&JTの最終公演に行ってまいりました。パシフィコ横浜は表から入ったことがあまり
無いから少々不思議な気分だったけど、入口に向かって歩いている間、いったい何人のミュージシャンと会っ
ただろう。「今日で3日目!」と目を輝かす高橋結子は実にいいヤツだ。CK&JTが好きなヤツはみんないいヤツ
だが、アンコールでステージ向かって爆走したけっちゃんはとても美しい。コンサートについては色々な所で
絶賛の声を聞くことが出来るのであまり書かないが、とにかくすべてが純粋なのだ。巨匠と呼んで間違いない
はずの二人が、驚くほど自然にただ音楽を奏で、歌う。するとあの世界中を幸せにして来た名曲たちが原曲よ
りもっと心を震わせるのだからたまらない。音楽のカタチをした愛なのかなあ。キャロルさん、ジェームスさ
ん、ありがとう。僕ももっと素直にやります。僕にだって愛はあるはずだ。
4/20

いやしかし寒い日だった。帰り道、車のフロントガラスがなんかチリチリいうのでよく見たらみぞれじゃない
の!外がそんなことになってるとはちっとも知らず、2時間45分もやってスイマセン!途中、足の土踏まずが
つるというアクシデントに見舞われ、後半は靴を脱いでの演奏となりましたが(これがかっちょ悪いの!)、これ
を強行突破で凌ぎ、皆さんの熱い声援の中、愉快なジャムへと突入。しかしソックスだとベダルのスイッチを
押すのにひと苦労で、人生初めての“かかとでディストーション”を経験しました。いやいやバタバタして楽
しかったなあ。ライブが終わってから今も沢山のメッセージが届いています。楽しんでいただけたみたいでと
ても嬉しいです。悪天候の中来て下さって本当にありがとうございました。これで二人旅ツアーは終了いたし
ましたが、また6月か7月からライブをやる予定がありますので、期待していてくださいね。
4/17

昨夜は渋谷Duoに佐藤嘉風くんのライブを観に行きました。
以前から一度観たかった彼のステージ。それはとて
も素直ではつらつとして、そしてもちろん若々しい!目標に向かってまっしぐらのカッコ良さがありました。
さて本日は僕のライブです。しかし寒いな。冬に逆戻りじゃないの。しかも雨も降りそうなんでしょ。皆さん
風邪引かないように厚着してお越し下さい。そいで会場に着いたらバァーッと脱ぎましょう。プレジャープレ
ジャーの座席は気持ち良すぎて寝ちゃいそうです。ダメ!寝ちゃダメですよ!ロックショウなのですから、が
んがんノっていただかないと。というワケでプレジャープレジャーで7時半スタートです。男三人、皆さんをお
待ちしております!
4/16

ライブの曲順を最終チェックして、アンケート用紙を作って、開演前BGMを選曲して、、ええとあと何を用意
するんだっけ。そうだエフェクターはどうしようかな。よし、たまにはここで使用機材を発表しておきます。
今回エレキギターは当サイト表紙に載せたあのストラトキャスターを使用。足元は静岡で買ったCAEのBOOST/
LINE DRIVER→KLONのCENTAUR→PROCOのRAT→TC ELECTRONICのSTEREO CHORUS→ROLAND DEP5→
アンプはMARSHALLの
2061Xとキャビ2061CXのセットです。更に会場の鳴りによってはアンプ直前にMXR
のEQをかませる可能性もあります。アコースティックギターはいつものMARTIN OOOC-16GTEとナイロン弦
のOOOC-16SGTNEの他に話題の新マーティンエレアコ GPCPA-1も登場しますよ。ギターファンの皆さん、
是非ともお楽しみに! さてと何を着ようかな、、、、
もう明日だ!
4/15


16日用のリハーサルが終了した。我々はあえてスタジオのエアコンを切ることにした。ライブ本番のつもり
で汗をかき、高揚し、更に白熱して行く美しき男たち。それなのにカメラを向けると函館男だけがなぜか変な
ポーズをとるのだった。いよいよ明後日です!
4/14

杉真理さんの番組に呼んで頂きました。USENの番組で、なんと僕の特集で4時間です!(オンエアは5月)あ
まりにも楽しくて、収録中にもかかわらず笑いが止まらなくなり、杉さんに「スイマセン、繋いで下さい!」
と言っちゃった!こんなことホントに珍しいですよ。カットになるかなあ。いやしかしよく笑った。さて明日
は、いよいよ迫る渋谷ライブに向けてのリハです。つまり3人が集合するわけです。イヒヒヒ
これまた愉快な
ことになりそうだ。
4/13

いよいよ
JTとCKが一緒に来るんですね。“シンガーソングライター”の最初の二人であり、後に与えた影響
を考えても、ポップ史上最も偉大な二人だと思います。その偉大な二人の共演、来日公演スケジュールの中の
一日が4月16日であるということに先月中頃ようやく気付いた!おんなじ日じゃないの!! 嗚呼ワタシとしたこ
とが! 僕のライブの発表よりも先にJT&CK武道館のチケットを購入されてた皆さん、なんかごめんなさい。
是非コンサート、楽しんで来て下さいね。そして斎藤のライブよりやっぱ偉大なる共演の方がイイでしょと、
これからチケットを買う皆さん、いや、、いいんです。JTのアタマと僕のアタマ、どっちの方がキュートか
見て来てね。そしてそして!「You've Got A Friend」や「Fire and Rain」よりも僕のライブを選んで下さっ
た皆さん、もう心の底から恐縮です!ホントにありがとうございます! 16日はワタクシ斎藤誠という若造シ
ンガーソングライターが、特大の感謝の意を込めてとびきりナイスなロケンローをお聴かせし、皆さん全員を
“ハッピーのどん底”に落して差し上げることをここに誓います。最高の金曜日になるよ!
4/12

先週の土曜日「そうだ花見だ、ぶらっとしてみようか!」と目黒川に行ってみたら、なんですかアレは一体?!
想像をはるかに超える賑わい。完全にお祭りじゃないの!ただあの界隈は近年オシャレなお店が増えたので、
若い人ばかりなのです。きれいな女の子がたちがワイン片手に牛歩のスピード。こっちもきょろきょろして、
のんびり桜を楽しむことも難しい。結局一本裏の道(桜無し)
を歩くことにしましたとさ。5日月曜日は取材で
千葉県柏に行きました。2月にお世話になった“Studio WUU”にお邪魔して、なぜか五穀米じゃこ飯をご馳
走になったら、これが実に美味い!そしてピクルスがまた絶品。ポテトサラダも!翌6日は話題の東京スカイ
ツリー(2012年完成予定)を真下から見学して参りました。確かに立派だ。デカい。あと300メートルも高く
なるってそれホント?それより周りの街並と道行く人々が素晴らしいのだ。下町ならではの風情と人情を感じ
ずにはいられない。日本酒をストローでちゅーちゅーしながら(まっ昼間です)大声でスカイツリーの解説をし
ているおじさんがいましたよ。春だねえ。そして昨日は三島に行った。車での遠出が嬉しかったのか、ついつ
い食べ過ぎてしまい、カラダが動かなくなる。そこで帰る途中急遽温泉に寄って、マッサージもしてもらった
ら、この先生がめちゃ上手。中国ハルピンの出身と聞いて感動。4000年の奥義を見せてもらった気がして、
大満足で帰路についたのでした。さあ今日からスタジオワークが再開。そしていよいよ迫る16日渋谷ライ
ブ。がんばるぞー!
4/8

オレはえらいようなえらくないような、、、まあそれなりにビールは行きましたが、いつもいつも翌日が使い
物にならなくなるのも進歩が無さすぎると思い、まあいい具合の所で打ち上げお開きにして参りました。
さて
二人旅ツアー、全6カ所が終了しました。昨日は早めに静岡に入りして大好きな楽器屋さん“Velvet Sound”
にお邪魔しました。柳沢と二人、2時間も居て、計3個のエフェクターを購入。この日のステージに即戦力と
して導入したことは言うまでもありません。UHUは前回ネブラスカツアー25カ所中
最も小さな音でやったけ
れど、今回はアコースティックもラインで、エレキもアンプを使ったりして結構な音圧があったと思います。
その音のバランスは実に絶妙で、ギターを弾いていてもホントに気持ちいい。さすが、第二の故郷静岡!!で
す。静岡のみなさん、昨夜は僕のライブを観に来てくれて本当にありがとうございました!安東小学校の卒業
生、斎藤誠です。例によって静岡駅を降りた時からずっとトキメキっ放し。思春期の自分に戻るのをどうして
も止められません。あったかい笑顔と声援ありがとう。お陰さまで僕と柳沢のインプロヴィゼーションにも火
がつき、予想もしていなかった展開(“静岡グルーヴ”)が生まれました。いいライブだったと思います。ま
た必ず静岡に参ります。皆さんどうか待っていてください。さあ次はスペシャル編。4月16日渋谷ライブのチ
ケット発売がスタートしました。皆さん是非是非いらしてください!
3/28
オレはえらいのかなあ。大生(だいなま)一杯しか飲みませんでした。そんなことより昨夜のライブです。やっ
ぱり名古屋のお客さんは何と言うか“自由”だ。自由にお喋りして、自由におトイレに。しかしこのリラック
スした雰囲気が大好きなのです!昨日とちょっと違うメニューでお送りしました。柳沢は今回もいい音を聴か
せてくれましたね。小屋がウッディだから鳴りもあったかい。そして今回は今まで気がつかなかった“Tokuzo
座布団”に感動しました。各席にのせてあるそれはTokuzo 女性スタッフたちによる完全なるハンドメイド!
柄も形も全部違うんですからステキです。オシリののせ甲斐があるってもんんです。名古屋の皆さん、観に来
てくれて本当にありがとうございました! みんなが楽しいから僕はずっと笑いっぱなしだったかもしれませ
ん。いいライブにしてくれてありがとう!さあ本日はいよいよ“ぶらり二人旅ツアー”最終日。思い出の地、
静岡に参ります。UHUで18時スタート(いつもより早いです)。お待ちしていますよー!
3/27
オレはえらいなあ。小生(しょうなま)一杯しか飲みませんでした!打ち上げで はしゃいでノドをやっちゃった
という経験がこれまで何十回もあったからなあ。ようやく斎藤も大人に成長したということだ。そんなつまら
ない話はどうでも良くて、昨日のライブです。シャングリラはステージが割と高いので、最初のうちちょっと
距離を感じて緊張しました。しかしふと横を見るとそんな緊張とは無縁の函館男。ヤツを見てたら何だか愉快
になって来た。こっちがアドリブで何か仕掛けるとすぐに乗ってくるから可笑しくってしょうがない。柳沢二
三男という男はオレのすべてが分かっているようだ。うーんくやしい。それにしても大阪の皆さん、皆さんは
本当に音楽が好きですね。僕たちのあんな長い“遊び”に盛り上がってくださって本当にありがとうございま
す!ロックな声援が嬉しかったです。またすぐに大阪でやりたいなあ。さあ本日は名古屋です。
Tokuzoで19
時スタート。みんな是非きてねー!
3/26
遂にこの日が来た!大阪シャングリラはとても歌いやすい音響なので、ツアー初日にはありがたい。去年は一
人で楽屋がちょっと寂しかったけれど、今回は愉快なヤツが居るから大丈夫。ギター同士ってのは話が尽きな
いからね。多分行きの新幹線からずっとギター話になりそうだ。いや待てよ、3日間ずっと一緒じゃないの!
ちょっと気持ちワリイなあ。まあ雨も夜にはは止みそうだし、ライブのあとは少しぶらぶらしてみようかな。
夜桜でも楽しみましょうかね。本日のライブ、大阪シャングリラにて19時半スタートです。は柳沢二三男と
二人で、皆さまのお越しをお待ちしてます!
3/25

「二人旅パート2」リハーサルが終了しました!大名静のみなさーん、今回はギター6本持って行くよー。柳
沢も僕も新しいギターが弾けて嬉しくてしょうがありません。僕は新しいアンプも持って行きます。イヒヒ。
いやいやそれにしてもヤツは上手い。なんてキレイな音を出すんだろう。聴き惚れてると歌うのを忘れそうで
す。今回は三連ちゃん濃縮ツアーと言うところがまたいい。ずっとテンション上がりっぱなしだもの。考えて
みれば、3日間柳沢と二人っきりってのももしかしたら初めてかも。面白いぞー。大名静のみなさーん、是非
観にいらして下さい。誠&230がお待ちしております!
3/24
何がこんなに自分を興奮させるのか分からない。“あの時代”にはこういうイイ気分がたくさんあったはず。
今それが滅多にないからカラダが欲しがってしまうのかな。それじゃオレは懐古主義のダメな後ろ向き野郎な
のか!いやいや否!だってだって気持ちイイのがダメなわけないでしょ。今日までの事、順を追って思い出し
てみよう。まず10日、リハ中、足元のペダルのプログラミングを変な体制で続けている際、うかつにも腰を
グキッとやってしまった。年に何回かやっちゃう大失敗だ。翌朝這うように起きてソックスを履くのにも苦戦
しながらスタジオでギターの重さに涙する1日、しかしこの日、“問題のブツ”をネットで発見したんだ。そ
れは一枚のTシャツ。黒地にアンガスのイラスト。そこにスパンコールのみならずスワロフスキーまで散りば
められ、背中にはあのバンドロゴの他に「Are You Ready」の歌詞まで!オレのうしろの席の人がこれ見て歌
えるじゃん!翌12日はリハ最終日。コルセット着用で5本のギターを持ち替え無事終了。その足でその日渋谷
にプレオープンしたロックTショップ“Amplified Japan”に直行だ。お目当てのブツはすぐに見つかった。
しかし聞くとコレの販売は明日からとのこと!えええ〜!そんなー、、するとお店の人が「失礼ですけれど斎
藤誠さんですか?」とおっしゃる(コレが嬉しかった〜)。「はいそうです」「あの、今私が持っているこの一
枚なら特別に今日お出し出来ます。」と。きゃああ!!「よし買ったあああ!!」と叫びたいのをこらえて
「ああじゃあそれいただきます」と言って遂にゲットしたAC/DCのTシャツ=12600円!ひえー高い!いや、
高いけれど高くない!このシャツのお陰でこんなに幸せな気分になれたのだ。さて素晴らしい買い物のあとは
整体に行き、そのままトンカツを食べに行きました。明日の武道館に向けパワーを付けたのさ。翌日の武道館
でのことは喋っちゃダメと言われたのでオミット。そして一夜明け14日、さいたまスーパーアリーナです。
まずはジョン・レノン・
ミュージアムを観て、クオリーメン当時のギターに感動。そしていよいよ真のロック
コンサートの開演。今回9年前よりも我がハートが狂乱したのはオープニングだった。何とも愉快でイヤらし
いアニメから1曲目「ROCK'N ROLL TRAIN」への導入部があまりにもロックで、サイトウ嬉しすぎて天井に
向かって吠えてしまった。5人がやっている事はハードロックの様式美であり、自分たちがその創始者だ。だ
からおんなじなのが素晴らしいのだ。54歳のアンガス・ヤング、この日もステージを2キロは歩いただろう。
ああ涙が出そうだ。腰が痛いなんてバカなこと言っている小市民はどこのどいつだ。情けないぜオレ。あんな
楽しいライブを観たあとはなかなか眠れない。脱いだTシャツを眺めながら一杯やろうかな。
3/15
Motion Blueは落ち着いた大人のスペースであるが、とってもヨコハマ的だ。会場に到達するまでの高揚感が
何とも言えない。駅から少し距離があるのもいい。特別な場所“赤煉瓦倉庫”にやって来たという気分と、眼
前に広がる横浜ポートに立ち止まり深呼吸。建物に入るとアメリカのショッピングモールの匂いがして、ポッ
プな気分のままエレベーターで3階へ。いよいよ会場に足を踏み入れるとそこはまったくの異空間。照度を落
とした静かな廊下を歩く間に心はすっかり落ち着いてしまう。いくつかの窓からは海が見えて、ライブを聴き
ながら港の夜景を楽しむことも出来そうだ。でもってライブはどうだったかと言うと、片山との千秋楽という
ことで大いに騒いじゃった。1st setで黒のシャツを着てみたけど、下は着古したジーンズだったし。2set目
はBEAMS、MANGARTの怪物くんTシャツで、来てくださったお客さんよりずっとラフで失礼いたしました!
いや〜しかし(大学時代の根本先輩の物まね)、またまた楽しませて頂きました!本当に気持ち良かった。僕
の真後ろに片山の弾くフルコンが鳴っていて、その贅沢な生音をバックに歌う自分はまるでディーン・マー
ティン!(んなまさか)目の前には皆さんの沢山の笑顔があって、手拍子があって、「Yeah!!」なんて声も聞
こえて来て、、、。ああなんて幸せなんだろう。来て下さった皆さん本当にありがとうございました。いかが
でしたでしょうか、楽しんでいただけましたか。さあ、このあとは相棒が柳沢230にかわって大名静ツアー。
ご期待下さい。ツアーの写真は近日中にUP始めますね!
3/6
本日の横浜ライブは真ん中に休憩を挟んだ二部制です(入れ替えはないですよ)。で、このインターバルが長い
んです。1時間近くあるかも。ということは、この1時間に皆さんが“すっかり出来上っちゃう”可能性が高
いよね。だってMotion Blueは美味しいお酒がいっぱいありそうだもの。さっき曲順を決めた後でそれに気が
付いたんだけど、、、うーん、まあいいか!こりゃなかなかの曲順だ。またまた楽しいことになりそうです。
3/5
またまたいいライブハウス見つけた!Studio WUUです!柏からの帰り、道を間違えてなかなか常磐道に乗れ
なかったけど、それさえも嬉しくなるほどイイ気分。THE SESSIONを聴いてくれている人も沢山来ていたみ
たいでとても幸せな私でした。ライブはもう本当に心地よく進み、思う存分歌った。雨の中足を運んでくだ
さった皆さん、本当にありがとうございました。皆さんのお陰で楽しいライブになりました。楽しんでいただ
けましたでしょうか。さあ片山とはあと一本です。5日金曜日、Motion Blue Yokohamaでで6時半スタート。
お待ちしております。
3/1
先ほど帰って参りました!新幹線の中の打ち上げも悪くないな。まあちょっと狭くてビールこぼしそうだけ
ど。いやいやそんなことより、昨夜の仙台ライブは楽しかった!あのまま二人で喋り続けたら間違いなく新幹
線に乗り遅れてただろう。retro Back Pageはいつものようにイイ音で、最近スタインウェイのグランドピアノ
を導入したからその魅力更にアップ。いつでもやりたいお店です。観に来てくださった皆さん、本当にありが
とう!皆さんの笑顔が丸見えで僕は非常に幸せでした。仙台、いいなあ。また必ずお邪魔しますのでこれから
もよろしくお願いいたします!さて今日は柏なのだ。Studio WUUで6時スタート。お待ちしています!
2/28
今年最初の旅ということもあって、なんか楽しみでしょうがない。遠足の前の晩のようだ。これじゃ眠れない
かもしれないな。というワケで明日は約一年振りの仙台ライブです。今になってメニューを1曲増やしちゃっ
た。東北の皆さん、もうアタマっから盛り上がって行きますからね!retro Back Pageで6時スタートです。
土曜日だからちょっと早いんですね。皆さまのお越しを片山と二人でお待ちしております!
2/26
いよいよ今年最初のツアーが迫ってまいりました!「ぶらり二人旅〜片山敦夫編〜」。テレビの旅番組的タイ
トルを目指しましたが、もしかしてコレ、のんびり感が漂い過ぎてますか? 一昨日片山とリハをしましたが、
ライブの内容は全然のんびりしていません。それどころかまたまた大騒ぎになりそうです。あんたら、ギター
とピアノだけでそれやんの?!と言われること必至のカバー曲もあり、昨日はその曲のギターフレーズを二人で
キャアキャア言いながら分析して、結局片山に弾いてもらうことにしました(なんでやねん!)。また昔から
やっているあるスローナンバーでは、この編成こそが一番かもと再認識したり、85年のあのナンバーに関して
は、エレピが入ることによってがらりと表情が変わり、グッとグルーヴィーになった気がします。なんちゃっ
て、“その曲”とか“あの曲”とか、ハッキリしなくてすいません!でもここで言っちゃうとつまんないし、
と言いながらも、ほんのちょっとやきもきさせたい気分もあったりして、、、ウヒヒヒヒ。
2/22
昨日見た夢があまりにもスゴかったので、忘れないようにここに記録しておきます。あくまで夢の話なのでい
くらくだらなくても怒っちゃダメよ。昨日僕はなんとビートルズを見ました。時は1966年7月。つまりそれは
来日公演
らしいのですが、場所が有名な日本武道館ではないのです。どこかと言うと、東京世田谷の環七若林
陸橋を東に行ってすぐの淡島通りの路上です。そうです!ビートルズは日本でストリートライブをやっていた
のです!僕がそれを目撃した時、ジョージがボーカルをとっていたので多分「If I Needed Someone」でしょ
う。ところがよく見ると、歌っているジョージは淡島通りの南側歩道にいるのに、ポールは北側の小田急バス
若林営業所内のバスターミナル内で演奏しています。あれれ?と思っていると、なんとポールがギターで間奏
を弾きはじめるではありませんか!となるとジョージ(リードギター)は何をやっているんだろう?と思って見
たら、なんと黒いフェンダーベースをぶりぶり弾いているではありませんか!うわあコレはレアです、特ダネ
です。66年にビートルズがフェンダーベースを使っていたなんて、きっとまだこのオレしか知らない事実だろ
うな、ウッヒッヒと喜んでいたら、なんかジョージの様子がおかしい。妙に焦っている様子です。肩から黒い
ベースを掛けたまま、ポケットから小銭を取り出し、なんとパーキングメーターに料金の100円玉をカチャリ
カチャリと入れ始めたではありませんか。ひぁー!まだ演奏中なのにぃー!、、、いやいやそんなことよりも
びっ、ビートルズ!楽器車で移動してたのね!?自分たちで運転して来たのかあ。えらいなあ。多分ハイエー
スだった気がします、、、。というワケで皆さん、ビートルズの来日公演=武道館というのは誤りで、実は淡
島通り。移動は黒のリムジンではなく、楽器車移動!・・・・・そして僕は幸せに包まれた朝を迎えました。
皆さんホントにスイマセン!
2/16

杉さん!嗚呼、アナタはなんて人だ。爆笑を欲しいままにし、キメのギャグでステージ上の共演アーティスト
を完全にコケさせる人。あんまり可笑しくてライブ中にオレ、ホントに泣いちゃったよ。そういえばナンバー
ワンバンド10周年アルバム「ます」のレコーディングで、深夜根本要と3人でクールファイブ的コーラスを
やっていたら、誰ともなしに吹き出してNGを連発(いい大人三人が夜中の1時に小さなブースの中で“ワワワ
ワー”って、オレ達いったい何やってんだろ、と笑いがこみ上げて来た)。結局最後までレコーディングが
出来なかったあの“事件”も今考えれば杉さんのせいだ!だって杉さんって、そばにいるだけで楽しくなって
くるんだもの。さて昨日はエバリーブラザースの「Bye Bye Love」、僕の「Please!」、杉さんの「WAVE」
をデュエットして、アンコールではビートルズナンバー「If I Needed Someone」「Baby's In Black」「Eight
Days A Week」「She Loves You」の4曲をメドレー、、、するつもりが各曲間にひとつずつ杉さんの小話が!
それどころか楽屋に帰って来ても拍手が鳴り止まないので、とにかく出てって、さあ何やろうか、よし「Get
Back」歌ってお客さんに帰ってもらおう!と歌い始めたら、この歌のエンディングでまたもや杉さんが暴発。
“Get back to where you once・・・ びろ〜ん!!”と、谷啓の伝説的ギャグをおやりになりました。上の写
真はその決定的瞬間です。嗚呼参りました杉真理先生!でも今、僕は反省しています。昨日、ステージ上のお
しゃべりで、そんな杉さんの“笑いのセンス”についてばかり話してしまい、肝心の“杉真理音楽”の素晴ら
しさについて触れなかったことをここに深くお詫びいたします。杉さんの音楽って、いつも瑞々しく夢いっぱ
い、誰にもまね出来ない完全無欠のポップワールドなのです。もう最高なんですってば!尊敬しています。
あれっ?今桑田さんの番組で「今 僕を泣かせて」が掛かりました。桑田さんありがとうございました!
2/13
昨日、
BAY FMでのレギュラー番組「 DOCOMO Presents THE SESSION」の公開録音、プレミアムライブの収
録がありました。公録も7回目ともなれば、少しは慣れた感じでやれるかと言うと全然そうではありません。ゲ
ストの顔ぶれが毎回違うので、そのつど緊張しながらお迎えします。特に今回、ゲストは若き女子達!熊木杏
里さんと奥華子さんです。これまで何度か番組でご一緒して、その才能にはとっくに尊敬の意を抱いていまし
たが、昨日は二人の“音楽的下地”の素晴らしさに脱帽しました。僕が書いて来たいいかげんな譜面をすらっ
すらと読んで、二人でピアノの所に行ってさらなるハーモニーを考えてくれたり、、、いやあ実に音楽的で頼
もしい!番組を盛り上げるトークも楽しいし、流石です。えらいなあ。頑張ってるなあ。斎藤またまた勉強に
なりました!21日に奥華子さんのステージ、28日に熊木杏里さんのステージがオンエアされます。僕のはその
前、次回14日に流れます。
2/7
杉山くんが200回記念生放送をどーんと盛り上げてくれました。二人でやった「Eat At Home(邦題:出ておい
でよお嬢さん)」は素晴らしかったね。二人のグルーブがぐいぐい出て面白かったな。番組スタッフと軽く打ち
上げをしたあと外に出たら、昼の賑わいからは想像出来ないほど静かな街。日曜夜のワールド・ビジネス・
ガーデンって人が居ないのね。さあ今週も頑張ろう!
1/25
やたらあったかいな。外に出てみてビックリした(ここんとこずっとこもってるから)。そしてますます乾燥
して来たでしょ。自分にとって最もピンチの季節到来か!しかしそんな中「THE SESSION」がなんと200回を
迎えます。2006年4月1日に始まったこの番組も次回で200回。僕のこれまでのレギュラー番組の中でも最長
記録です。その記念すべき次回は生放送で杉山清貴さんが登場。二人でハモりますのでBayFMを聴ける地域の
皆さん、今度の日曜日を楽しみにしていて下さいね。で、翌週は遂にDo As Infinityが来てくれます。さらに
200回記念公開録音ライブもあるのだ。奥華子さんと熊木杏里さんというステキなレディたちに囲まれる僕を
ぜひ観に来て下さい。ただいま応募者受付中です。そしてそのあとは杉真理さんとのライブ。いやこれは楽し
そうですよ。トークで腹がよじれるかも。二人でどのぐらい長く喋っていいのかな。で、これが終わるといよ
いよ仙台からツアーです。あったかい歌をどっさり歌うぞー。まだ各地チケットもあるそうなのでお近くの皆
さん、是非いらして下さい、お待ちしております!いやしかしあったかいな。明日はいきなり9度も下がるって
ホント?
1/21

またまた小振りのアンプが欲しくなってネットで探していたら、渋谷の楽器店で以前から気になっていたマー
シャルの店頭品ディスカウントを見つけた。早速そのお店に行ってみると、アンプフロアからぶっといエレキ
の音。何とお目当てのアンプを鳴らしている人がいるじゃないの。他の楽器を見る振りしながらしばらく聴い
ていると、20代後半のその男性、どうやら試奏も終わったらしくどっかに行っちゃった。ならばと店員の人に
「試奏してもいいですか?」と頼むと、「すいません、先ほどのお客様がこのアンプを買うかどうか迷ってい
らっしゃるので、少々お待ちいただけますか?」と来た。くーっ、ひと足遅かったか!そう、この出物は1台だ
けなのです。ところが彼も決心がつかないらしく、取り合えずこっちが試奏することになっちゃった。しかも
彼が見ている前で!これが弾けば弾くほどいい音で、やっぱりオレも欲しいよー。そこで購入希望者二人とそ
れぞれについていた店員、計四人がアンプ売り場で協議開始。「先に弾いていらしたそちらに優先権があると
思うのでどうぞ。」と言うと、しばらく迷った彼も遂に決心、「じゃボク買います!」。ああ残念、しかしこ
れも運命と諦め、笑顔の彼に「ご購入おめでとうございます!」と拍手を送ったのも束の間、「やっ、やっぱ
やめます!お譲りします。やっぱり本当に欲しい方が買った方がいいですから。」ってオレそんなに欲しそう
な顔してたのかなあ?、、、というワケで、若干若者の夢をむしり取ったような自己嫌悪の中、あれよあれよ
という間に買っちゃいましたぜ、マーシャルアンプ!実は初めてなんですマーシャル。早速翌日仕事で使った
ら絶大な威力発揮。ああ良かったー。名も知らぬ彼の“移り気”に心から感謝したのは言うまでもありませ
ん。出来ればライブに御招待したいけれど、、、万が一ココを読んでいたらメール下さいね。さて、本日16
日、今年最初のツアーの、まずは仙台(2/27)、柏(2/28)、横浜(3/5)のチケット発売がスタートです。
ああ早くライブやりたい!
1/16

午後1時、会場クロコダイルに入ってビックリ仰天。店内いっぱいに新年の飾り付けがされていて、お祭り広場
みたいになってる!な〜るほどコレはやりやすいかも!「春の海」のオープニングBGM作って来て良かった。
でどういうライブだったかと言うと、えー、、つまり、、、きょーれつぅ!な内容でしたよ。無礼講と言って
たクセにメンバーは流石なヤツばかりで、いちいちばっちりキメて来る。それじゃあカッコ良すぎるだろうと
一人で粉砕しようとしたら自分が先にぶっ壊れて、あ〜れ〜ゆるして〜。この日50歳となった角田のバース
デーイベントがあったり、アンコールでは観に来ていた高橋結子、河村吉宏、平松八千代の3人をステージに
引っ張り上げ大騒ぎでどーもすいません。7時40分に始まって終わったのが11時前でした。長丁場にお付き合
いいただいた皆さん、本当にありがとうございました。スタンディングの皆さん大丈夫でしたか?年の始めに
フルメンバー勢揃いで演奏出来たことに大きな幸せを感じました。なんかいい年になりそうです!ああ楽し
かった!さて一夜明けた今日は“みなぎる疲れ”に襲われ、ポワ〜ンとしているんだぜ。
1/6

昨日4日が仕事始めでした。都内はまだまだクルマが少なくてイイ感じです。さあいよいよ本日は今年一発目の
ライブ。メンバー全員といっぺんに年始の挨拶が出来るのってなんか嬉しいなあ。いやいやそんな呑気なこと
言ってはいられないのだ。リハがまったく出来なかったから、本番当日の今日、一曲一曲おさらいしていかな
くちゃ。しかし6人のメンバー誰も焦ってないというのは一体どういうことだ!それどころか長髪の打楽器男が
昨日になって「◯◯◯◯」もやろうぜーと言って来た。余裕があるのか正月ボケか、まあどっちにしろヒッ
ジョーに面白いことになりそうだ。あああ楽しみ!!開場時間から開演までの1時間半、BGMは今回お正月と
いうことで、王道のロック、ソウル、ポップスで編集しましたので、一杯やりながら聴いてね。
2010/1/5


-----------------------------------------------------------------------------------------------

最近の独り言に戻る

2008〜2009の独り言
2006〜2007の独り言
2004〜2005の独り言
2000〜2003の独り言

information live! live! live! live! radio programs

waltz in blue careless memories

album discography single discography biography

gallery good fellows works ゆくぞ家族湯

夕陽の交差点 your voices

home このページの最初に戻る


lalalu@pop07.odn.ne.jp