ギンガムチェック(水色)

TEA TIME

関ヶ原その2・戦国絵巻
2,000.10.15記

鉄砲の演武が終った。
そろそろ各部隊がこちらに向かって来るだろう。
入り口(といっていいのかな)付近にて待つ。
西から小西隊、宇喜多隊が来た。東は福島隊、京極隊、徳川も見えて来る。

小西、宇喜多、その後ろに大谷隊が見える

パフォーマンスは関ヶ原小学校のグランドで行われる。実は12時頃からリハーサルをしていた。
ちょっと、会場にしては狭い感じがする。どこで観覧すれば良いのか。
ぐるっと廻って見る。椅子席がある。良い位置だ。おや、招待席だ。
それも、グランドの約1/3を占めている。役所の偉いさんの席、町会の席、子孫の席というのもあった。
ということで、「一般は勝手に見ろ」の場所に行ってみる。どうもアングルが良くない。
かまうものか、こっちははるばる時間とエネルギーを使って来たのだから。
うまい具合に貴賓席の後方に潜り込む。これがとんだことになる。
パフォーマンスの途中に偉いさんが出たり入ったりするのだ。込んでいるのにムリヤリ入るは、大声で挨拶するは。
ちょっと醜態だな。こんなりっぱなお祭りを開催したわりには。

おや、先程の外人さんだ!!

さて、各隊の入場が始まる。西軍石田隊から入場だ。小早川隊も一応西軍で入場。西軍が終ると東軍。最後は大御所が着陣。

舞台はいよいよ戦闘場面となる。福島正則と井伊直政の言い合いから、井伊の鉄砲放ちがドッカーンとやる。
そこから、講釈師の話をバックに色々な戦闘逸話のシーンが展開。小粒ではあるが、満足、満足。


小早川の裏切りから、
最後は、島津隊の中央突破。これは、なかなか見ごたえがあった。
中でも女性のエキストラが熱演。「いいぞ!!」、拍手が湧き起こった。

実は、島津隊強行退却のシーンはピンボケでした


午後4時に終る。駅に急ぐ道、
おや、彼岸花。柿もなっている。来る時は気づかなかった。
のんびりすると周囲がみえだすものだ。ちょっと遅いか。
さあ、これからまた江戸に向かって強行軍が始まる。



GALLERYに関ヶ原を近日追加予定。





NDEX




メール アイコン
メール
トップ アイコン
トップ


ギンガムチェック(水色)