URIAH HEEP 1994-2003
URIAH HEEP
『THE MAGICIAN'S BIRTHDAY PARTY』

04/03/06 Updated


URIAH HEEP 『THE MAGICIAN'S BIRTHDAY PARTY』 (CD, CRL0933, UK) 2002/04

1. Return To Fantasy (Hensley) 4:49
2. Tales (
Hensley) 5:55 !!
3. Sweet Pretender (Bolder) 4:16
4. I'll Keep On Trying (Box/Byron) 4:29
5. July Morning (Hensley) 10:12
*
6. Paradise / The Spell (Hensley) 11:10
*
7. Circle Of Hands (Hensley) 6:46
*
8. The Magician's Birthday
(Hensley/Box/Kerslake) 10:28 *, +
9. Sympathy (Hensley) 5:25
*, +
10. Free 'n' Easy (Box/Lawton) 3:19
*, +
11. Sunrise (hensley) 4:14
*
12. Easy Livin' (Hensley) 3:33
*

Produced by Pip Williams
Recorded live at The Shepherds Bush Empire, London on 7th December 2001

Member are ; Mick Box (guitars, vocals), Lee Kerslake (drums, vocals), Trevor Bolder (bass guitar, vocals), Phil Lanzon (keyboards, vocals), Bernie Shaw (lead vocals)

Special Guest : Ken Hensley (*), John Lawton (+), Thijs Van Leer (!!)

Backing Singers : Emma Robbins, Kim Chandler, Aileen McLaughlin

2001年11月7日、ロンドン Shepherds Bush Empireで収録された大イベント "The Magician's Birthday Party"コンサートの模様を伝えるCD。ゲストで Ken Hensley, John Lawton, Thijs Van Leer (FOCUS) が出演したことで大きな話題となった。ライヴの前半11曲を現メンバー5人にて演奏し、後半9曲では Kenが合流している。何しろ HEEPと約22年ぶりのステージ共演を果たした Kenとの合体は、'70年代のHEEPを体験していないファンを大いに感動させた。また、Johnにしても 1995年の南アフリカ・ツアー等で Bernie Shawの助っ人として歌って以来である。つまり、UH#14(#16)とUH#8の合体が見れたわけで、何とも贅沢なライヴとなった。

CDではダイジェスト版の12曲が聴ける。"I'll Keep On Trying"と"The Magician's Birthday"は2001年11月の欧州ツアーからやっていたが、今思えばこの時の為の予行演奏だったのかもしれない。"The Spell"はステージ初披露。"Sympathy"と"Free 'n' Easy"をやるのも UH#8以来のことだ。"Tales"では Thijsのフルートとヨーデル・ヴォイスが炸裂。このまま "Focus Hocus"やられたらどうしようかと思った(笑) "July Morning"からは Kenが合流。リハーサルの末良く練られた Phil Lanzonとのコンピネーション・プレイが、曲に新たな息吹を感じさせてくれる。また、Kenがいるからこそ実現できる Mick Box と Ken の2人によるツイン・ギターの趣きも '70年代HEEPの醍醐味であり、それがステージの上で再現されたのだからファンは泣かざるを得ない。Kenのスライド・ギターの響き、圧倒的なハモンドの存在感、まさにあの時代のHEEPがそこにいる。"The Magician's Birthday Party"から登場する John Lawtonは圧倒としか言いようがない。Bernie Shawと絡むヴォーカルの交錯は聴く者の心を熱くさせる。また、バックのお姉ちゃんのうち Emmaと Kimは 『ACOUSTICALLY DRIVEN』 の時にもコーラスをやっていたが、今回のコーラスもバッチグー(死語)である (特に"Sweet Pretender")。どんなイベントでもどんなステージでも見事に感動を与えてくれる HEEPのライヴの威力は敬服に値する。翌8日に John Wettonとの双頭ライヴを控えた Ken Hensleyもまた、プロであった (前6日には John Lawtonのライヴに参加)。とにかく、'80年以降のHEEPを聴かなくなった人たちにもオススメしたい。もしかしたら、現HEEPの素晴らしさも認識してくれることを期待して。

ちなみに、このライヴのセットリストは次のとおりであった。
Intro
Return To Fantasy
Universal Wheels
Only The Young
Stealin'
Tales (with Thijs Van Leer and Girls)
Sweet Pretender (with Girls)
Between Two Worlds (with Girls)
I Hear Voices
Logical Progression (with Girls)
Mistress Of All Time (with Thijs Van Leer and Girls)
I'll Keep On Trying (with Girls)
July Morning (with Ken Hensley)
Paradise (with Ken Hensley)
The Spell (with Ken Hensley and Girls)
Circle Of Hands (with Ken Hensley and Girls)
The Magician's Birthday (with Ken Hensley, John Lawton and Girls)
Sympathy (with Ken Hensley and John Lawton)
Easy Livin' (with Ken Hensley)
(encores 1)
Sunrise (with Ken Hensley and Girls)
Free 'n' Easy (with Ken Hensley, John Lawton and Girls)
(encores 2)
Mick Box's Acoustic Guitar Solo
Lady In Black (with Ken Hensley, John Lawton, Thijs Van Leer and Girls)
Land Of Hope And Glory


URIAH HEEP 『THE MAGICIAN'S BIRTHDAY PARTY』 (DVD, CRL0923, UK) 2002/05

<The Magician's Birthday Party>
1. Stealin' (Hensley)
2. Return To Fantasy (Hensley)
3. Tales (Hensley)
!!
4. Sweet Pretender (Bolder)
5. Between Two Worlds (Box/Lanzon)
6. Mistress Of All Time (Lanzon)
!!
7. I'll Keep On Trying (Box/Byron)
8. July Morning (Byron/Hensley)
*
9. Sunrise (Hensley)
*
10. Paradise / The Spell (Hensley)
*
11. Circle Of Hands (Hensley)
*
12. Easy Livin' (Hensley)
*
13. The Magician's Birthday (Hensley/Box/Kerslake)
*, +
14. Sympathy (Hensley)
*, +
15. Free 'n' Easy (Box/Lawton)
*, +

DVDはCDより4曲多い ("Stealin'", "Between Two Worlds", "Mistress Of All Time"とボーナス映像に加えられた"Logical Progression")。実際のセットリストの順番どおりに収録されていないが、やはりこの素晴らしい企画ライヴが映像として堪能できるのだから感動モノである。各曲間に所々12月5日と6日に Terminal Rehersal Studiosで行なわれたリハーサル風景、 12月7日の "Heep Festival Club"での公式会見や Autograph Sessionsの模様 (John Wettonも出てくる) などが映し出され、このイベントのための大きな企画性が判る。

やはり DVDでも強烈なのは Ken Hensleyの存在。Hammond B3、スライド・ギター、アコースティック・ギター、コ−ラスと、とてもゲストとは思えない多彩な Kenの持ち味が圧巻である。映像では誰が何をやっているのかが判って面白いが、Lee Kerslakeもドラム、ボーカル、コーラス、笛などいろいろやっているのが印象的だ。また、ステージセットの後ろのスクリーンに David ByronやGary Thainの写真が出てきたりと感慨深いシーンも多い。ラストを "Free 'n' Easy"で締めくくるのは変な気もするが、いずれ全曲収録 (残る4曲を追加) したコンプリートDVDがリリースされることを強く望みたいと思う。その他、詳細については上記CDりレビューを参考にされたし。

<Extra Features>
・ Festival Club
...2001年12月7日&8日の昼間、Kensington Hilton Hotelで行われたファン・イベントの模様を収録。John Lawton & Steve Dunning のアコギライヴから"Feelings"、Pip Williamsと Roger Deanの会見、オークション、クイズなど。

・ Bonus Track 'Logical Progression' ...本編DVDに収録されなかった同日の"Logical Progression"の映像。ボーナス映像にするぐらいなら本編に入れても良かったのでは?

・ Return To The USA 2001 : Featurette ...2001年7月22日の Chippewa Valley Rock Festival出演時のライヴから "Return To fantasy"を収録。

・ Heepstore ...マーチャンダイスの紹介

・ Image Gallery ...10枚の画像

・ The Rock Vault ...Classic Rock Productionsからリリースされている GILLAN, ASIA, WISHBONE ASH, HAWKWIND, CARAVAN, URIAH HEEP, THE STRAWBS, Rick Wakeman のDVDの映像紹介。


URIAH HEEP 『THE MAGICIAN'S BIRTHDAY PARTY (Special Edition CD/DVD 2 Disc Set)』 (DVD, CRL0880, UK) 2002/05

『THE MAGICIAN'S BIRTHDAY PARTY』 のCDとDVDのセット。限定 Special Editionとしての特殊ケース入りで、本体ケース自体も観音開きになっている。DVD単独リリースとほぼ同時にリリースされたため、CDを持っている人はDVDを、どっちも持っていない人はこのセットを、何でも買う人はこれも(笑)という感じであった。

 

 

 

 

 

 

 

 


URIAH HEEP 『THREE SIDES OF HEEP』 (3DVD, ECRL3004, UK) 2003/11

『THE MAGICIAN'S BIRTHDAY PARTY』、『ACOUSTICALLY DRIVEN』、『SAILING THE SEA OF LIGHT』 の3DVDセット。ここまでくると大安売り状態で言葉を失う...

 

 

 

 

 

 

 

 


URIAH HEEP 1994-2003

HOME