URIAH HEEP 1994-2003
URIAH HEEP
『LIVE IN THE USA』

03/11/23 Updated


URIAH HEEP 『LIVE IN THE USA』 (CD, CRL1089, UK) 2003/05

1. Rainbow Demon (Hensley) 3:55 ** SH
2. Easy Livin' (Hensley) 3:07
*
3. The Wizard (Hensley/Clarke) 4:16
**
4. Return To Fantasy (Hensley) 4:52
*
5. Tales (Hensley) 4:45
** SH
6. Heartless Land (Box/Lanzon) 4:57
**
7. Blind Eye (Hensley) 3:52
**
8. The Other Side Of Midnight (Box/Sinclair/Kerslake/Daisley/Goalby) 4:17
** SH
9. That's The Way That It Is (Paul Bliss) 4:08
**
10. The Magician's Birthday (Box/Hensley/Kerslake) 12:43
*

Recorded live at Trenton, New Jesey, USA both 5th * and 6th ** October 2002

Member are ; Mick Box (guitars, vocals), Lee Kerslake (drums, vocals), Trevor Bolder (bass guitar, vocals), Phil Lanzon (keyboards, vocals), Bernie Shaw (vocals)

2002年10月5日〜6日、アメリカの New Jersey - Trentonで開催された"The U.S. Classic Rock Festival 2002"よりHEEPの10月5日のエレクトリック・ショー (*)と、10月6日のアコースティック・ショー (**)から編集して収録されたライヴCD。2つのショーを編集してはいるが、こうして聴くと全く1つのライヴに聴こえてしまう。アコースティック・ショーとはいってもバラードやミディアム調のセットリストを組んで Mick Boxだけがアコースティック・ギターを弾いているだけなので、極めてロック的であり、エレクトリック・ショーと混ぜて聴いても違和感がないのである。ちなみに、両ライヴのセットリストは以下のとおり。

10月5日のエレクトリック・ショー → Return to Fantasy / Universal Wheels / Only The Young / Stealin / Tales / Between Two Worlds / I Hear Voices / l'll Keep On Trying / Logical Progression / Sunrise / The Magician's Birthday / Gypsy / July Morning / Drum solo / Look At Yourself (encores) Bird Of Prey / Easy Livin / Lady In Black

10月6日のアコースティック・ショーThe Easy Road / Question / Tales / Rainbow Demon / Blind Eye / Circus / Why Did You Go / The Wizard / Heartless Land / The Other Side Of Midnight / That's The Way That It Is / Rain / Dream On (encore) Lady In Black (with Heepsters)

"Tales"は両日とも演奏されたが、CD&DVDでは6日のテイクが使われている。ちなみに 10月5日は Thijs Van Leer (FOCUS) がフルートでゲスト参加した。10月6日のショーでは "The Easy Road"は BernieとPhilだけ、"Rain"は BernieとPhilとLeeだけの演奏、ギター・テクニシャンの Steve Honestが "Tales", "Rainbow Demon", "Circus", "Whu Did You Go", "Th4e Other Side Of Midnight"の5曲でスチール・ギターを弾いた。なお、"The Other Side Of Midnight" と "That's The Way That It Is" はアコギを使って初めてステージで演奏された。


URIAH HEEP 『LIVE IN THE USA』 (DVD, CRL1086, UK) 2003/05

<Live In The USA>
1.
Easy Livin' (Hensley) *
2. Stealin' (Hensley)
*
3. Rainbow Demon (Hensley)
** SH
4. I'll Keep On Trying (Box/Byron)
*
5. Heartless Land (Box/Lanzon)
**
6. The Other Side Of Midnight (Box/Sinclair/Kerslake/Daisley/Goalby)
** SH
7. Return To Fantasy (Hensley)
*
8. Rain (Hensley)
**
9. The Wizard (Hensley/Clarke)
**
10. Blind Eye (Hensley)
**
11. That's The Way That It Is (Paul Bliss)
**
12. The Magician's Birthday (Box/Hensley/Kerslake)
*
13. Look At Yourself (Hensley)
*
14. Lady In Black (Hensley)
**

DVDのほうは収録曲や順番が違う。 10月5日のエレクトリック・ショー (*)なのか、10月6日のアコースティック・ショー (**)なのかは、メンバーの衣装が違うので判りやすい。"Rainbow Demon"と"The Other Side Of Midnight"ではギター・テクニシュンの Steve Honest がスチール・ギターを弾いている姿を見ることが出来る。"Blind Eye"では Bernie Shawがパーカッションを叩いている。アンコールの "Lady In Black" はファンをステージにあげての大合唱で、Dave White氏と Rob Dwyerさんがギターで参戦。曲間にお姉ちゃんのインタビュー、そして各曲の演奏中にオフステージの風景や何故か車が走っている映像、2001年7月22日の Chippewa Valley Rock Festival出演時のライヴ映像(画像だけ)などが挿入されておりイライラする向きもあるが、曲が進むにつれ挿入映像も少なくなっていくので見やすい映像になっていく。

<Acoustically Driven>
DVD 『ACOUSTICALLY DRIVEN』 のボーナス映像である "Press Release"をそのまま収録。他に特典となりそうなボーナス映像は無かったのかな??


URIAH HEEP 1994-2003

HOME