The diary when was staying at London
- May 7th -

Sorry! Japanese only!!

- ロンドン滞在日記 (5/7) -

"HEEPVENTION2000"(以下"HV2K"と略す)の2日目の朝〜 今日も暖かい日だ。気持ち良い。テレビをつけると a〜haが出演していた。懐かしい〜 "Take on Me"じゃん。その a〜haが新曲を出したという。んで、a〜haがイントロ・クイズ問題に答えていた。ドレミファドンか〜? 余談、a〜haのDrummerのMichaelは、一番最初に買ったRecordはUriah Heepの『Wonderworld』なんだって。どーでもいいか(笑) シャワーを浴び、朝食をとる。さすがにもうパンは飽き飽き。日本食が食べたいよぉぉぉ でも、何故か今日は食欲があった。パン4つ食べたしね。てゆーか理由があったんだけどね、それは実はロンドンに来てからというもの...あっ、まだ内緒にしておこう(笑)。へへへ。朝食を済ませ席を立つ。で、食堂のドアが開かねーよ! フンッ! ああっそーか! そーです、この日までオイラは食堂から出る時はYASUさんの後だったりで、自分でドア開けたことなかったのだ。で、オイラはつい日本のドア・襖の習慣で、ドアを横に引っ張っていたんだね(爆)。ドアはネジって押さないと開かんわ! 笑いをとって、部屋で今日の準備。今日のオイラのTシャツはGunHillだ。"HV2K"2日目は14:00に開場、15:00から開演ということになっていて、午前中は今日もヒマだ。で、またまた"悪徳夫妻組"と、"HYT組"に分かれて、午前中はそのへんブラブラ、13:15にSHEEPさんと交差点で待ち合わせして"HV2K"会場に行くことにしてある。

HYTは何しようって考えたが、Hiroさんが"娘に探してくれと頼まれているCDがある"とゆーので、またまたOxford Circusへ。徒歩でそこまで歩いて行く。さっそく疲れるオイラ(笑)、だって結構距離あるんだよー、連日歩いてたっちゅーのもあるし。Oxford Circusでは、まづ中CD店に入り、何もなくて、HMVへ。でも、まだ11:20ぐらいで、開店が12:00。それまでココにいてもしょーがないので、早速近くの喫茶でランチを取ることにした。

オイラ、さっき食べたばっかで余りお腹すいてなかったんだけど、Hiroさんはモーニングに程々のパンしか食べてなかったから、ステーキ食う?とか言ってたが、それは勘弁してもらって喫茶(ドトールコーヒーみたいなところ)にしてもらった。メニューなるべく少ないものにしよっと思ったが、モーニングセットが一番安くて、結構いろいろなものが付いていたので、全員それにした。で、出てきたものが、凄いボリューム。イギリスではモーニングというのは昼でも夜でも注文すれば出てくる。ようは朝食に食べるべきものを夜食べたきゃ食べてもいいってことなんだけど、それにしてもベーコン・ソーセージ・パンと中身はモーニングの食材なものの、量がハンパじゃなかったね。Chips(フライドポテト)も付いていたが、オイラはやっぱり残した(笑) オレンジジュースがまたヘンなんだよ。なんか黄土色してんの。飲んでみると、ハチミツが入っていて、めちゃくちゃ甘いの。うまくねーなぁ、と思いながら勿体無いから無理矢理飲んだ。

12:00過ぎたので、HMVへ。何もなし。またちょっと歩いてVirgin Mega Storeに。ここも特に何もなし。オイラはYASUに、SweetのCD『Live At The Marquee』£10.99を「これにはPhil Lanzonが参加していて、PhilがELPでお馴染みの"庶民のファンファーレ"を3分ぐらい弾いてて貴重だよー」と薦めたが、買わなかった。きっと、バイロン下田師匠なら買っていたであろう(再笑)。で、何だかんだで13:00近くになったので、Zone1-2内のOne Day Travelcardを購入してPaddingtonへ戻ることにした。

HEEPVENTION 2000
at The Corrib Rest, London, England
- May 7th -


  HV2K main
Back (HV2K May 6th)
Next (HV2K May 7th)

URIAH HEEP FAN EVENTS