ジョン・ロートン&スティーヴ・ダニング
John Lawton & Steve Dunning
Steppin' It Up in Japan 2002
July 22nd


短かったようで結構スケジュールが濃かったJL御一行がロンドンヘ帰国する日になってしまった。今日で最後だなんて悲しいねぇ(って一生会えなくなるわけではないが)。JL御一行を泊めたホテル・メトロポリタンとも"さようなら"だ。

9時にホテルのロビーで待ち合わせ。Pandaらスタッフ3人、Sheepさん、Kay女史、それから昨日の恵比寿ギルティでお迎えに来てくれると言っていたまりんさんがロビーに集結。JL御一行が荷物をもってロビーに来た。おはようの挨拶とハグ。今日はYasuが来られないので、ビデオはSheepさんが撮影している。アッシがフロントで会計を済ませ、池袋駅まで9人でゾロゾロ歩く。あぁ、"George"を持つのも今日で最後なんだなぁ〜

池袋発の成田エクスプレスは9:33。電車が到着するまで軽い雑談。Steveがもう「Goodbye Japan!」と言っていた。気が早いよぉ〜 Johnは「Goodbye Hot! Welcome Cold!」なぁんて言っていた。まぁそれぐらいならいいか(笑) 成田エクスプレスが来たので、電車に乗り込むJL御一行とスタッフ。Kay女史とまりんさんはここでお別れ。じゃあね〜

行きの成田エクスプレスとは違い、帰りは電車の中の空気が重かった。楽しかった日々ばかりが思い出される。電車の中ではJohnが今回のイベントのビデオ販売について語り出した。あ、それってJohnが帰国した後にメールで聞いてみようと思っていたことなのに、Johnのほうから提案してくるなんてね(笑) でもまぁ、そういう気遣いがJohn Lawtonという人物なんだよなぁ〜(感動)

10:59に成田空港駅に到着。そそくさと空港の搭乗ロビーへ向い、出国手続きを済ませるJL御一行。飛行機の出発まで時間があるので、空港内の喫茶店で最後のお茶をした。これはJohn & Irisのゴチ。アッシらスタッフはドリンクのみ、Irisはケーキ・セット。喫茶店でもビデオのことを話し、問題が無いかとかいろいろ聞いたりしていた。

飛行機の離陸時間まで30分をきったので、喫茶店を出て、出たすぐのところで最後の記念写真撮影。Johnが急にアッシを呼んで柱の隅っこのほうへ。何か告白があるのか?と思っていたら、「友情の証だよ」と言ってJohnがずっと被っていた帽子をプレゼントしてくれた! おぉッ! なんかメチャ嬉しかった。この帽子は特別な帽子なので、一般では売っていない帽子なんだそーだ。ううぅ余計貴重じゃん! ありがとう John!! 一生大切にするよ!

出国ゲートの前で最後の握手&ハグ。Irisが泣いている。Pandaもアッシも涙。柵越えにもう一度ハグ。エーン(泣) やっぱり別れというのは寂しいね。JL御一行が見えなくなるまで手を振り続け、JL御一行もこっちに手を振り続けていた。あぁ...

というわけで、British Airline008便を利用し、JL御一行は日本を離陸したのでした。多くの感動をありがとう!!

Many thanks to John & Iris Lawton, Steve Dunning!! You made more impression on Japanese audience!! I appreciate for your kindness and friendship!! - Taasan


Beginning / Meeting / July 18th / July 19th / July 20th / COHT2002 /
July 21st /
UHdoo Live / July 22nd / Impressions / Thanks / books / Video / Main


URIAH HEEP FAN EVENTS