r霊能師のオシゴト ケースその1 

 引っ越したとたん、家族が次々に病気・事故に襲われたAさん一家。
家相も地鎮祭もカンペキのハズなのに・・。との依頼を受けました。
  結果、家相や地鎮祭はカンペキ。・・しかし、ご先祖と思われるおじいさんが現れ、
自分の苦悩を話し始めました。
「体が こちよばくって、かなわん」・・と。
 ご先祖のおじいさんは、”風が吹く度、自分の体に草がふれ、不快でしかたない” と訴えました。 
どうやら、風が吹く度に のびた草が お墓にさわさわと触れるらしいのです。
引っ越して以来、お墓が遠くなって、なかなかお参りに行けなかったとか。
 Aさん一家が、お墓参りに行ってみると 数本の長い草がお墓に触れていたので、さっそく草引きをしてあげたそうです。 以後、Aさんの家族の病気は除除に回復に向かい、平穏であるそうです。

 基本的に自分たちと、ご先祖とは血のつながった親子関係にあります。
意味もなく祟ったりすることなどありえません。だから”先祖のたたり”などという言葉自体、オカシイのです。 
生きてるオジイチャンだって、孫たちの管理不行き届きのせいで、風が吹く度 自分の体に草が触れてりゃ 
文句の一つも言いたくなるってモンですよ。
直接 言葉を伝えられない霊は、時として 抗議行動に出ます。
霊にとっては ほんの少し突っついたつもりでも、生きた人間には大きなダメージとして伝わることが
希にあるのです。 

 一口に霊能師といっても 人それぞれ 得意分野ややり方に違いがあります。
道具を使って霊の声を聞く人、踊ったり、トランス状態になったりして自分に乗り移らせる人・・。
除霊法も、加持祈祷系の人などもいて、さまざまです。
除霊供養のために 壺や印鑑、多宝塔を買え、っていうのは悪質霊感商法の類が多いので除外!) 
ウチは”らしいコスチューム”を着ているワケでなし、霊の言葉を通訳する いわゆるイタコタイプなので、
一見、地味ですが、「霊にとって、今一番して欲しいこと」とか、「欲しいお供え物のリクエスト」なんかを
伝えることができる橋渡しになれれば、と思っています。 

 

         霊能師のオシゴト  ケースその2                    

  「ナメクジがわいて 困っている」、という依頼がありました。
「いや、ウチは 便利屋じゃないんで、そーいうコトは管轄外なもんで・・」とお断りしようかと思ったら、
単なる害虫駆除の依頼ではないらしい。
台所のくず野菜には目もくれず、
「神棚に、だけ」 ナメクジがうようよしているらしいのです。
自宅へ伺って、台所を見せていただくと、いやホントに 神棚と、まわりの壁は銀色に光る
「ナメクジの通り道」だらけ。榊の裏にもナメクジが・・。
なーんか室内もじっとりと湿っていて、部屋のある壁には水で濡らしたようなシミまで浮かんでいる始末。
 霊視の結果、どうやら一帯は昔は沼か池だったようで、このあたりに、水神の祠か何かがあった様子。
しかし、時と共に池はなくなり、水神は忘れられて祀られなくなった為、次第に堕ちていき、妖怪化した感じ。一度祀られた神は過去の栄光を忘れられず
「神として 再び祀ってくれ」
とばかりに人々に訴えかけていた。が、なかなか気づいてもらえず、ビジュアル的な怪奇現象を起こしていたらしいのです。
 しかし、今さら住宅地に水神の祠を作ることは個人では不可能ですから、依頼者のお宅に
水神の為に神棚をおいて貰うことにしました。
水神のリクエストにお答えして、彼が望んだ山海の幸や、お酒等をお供えして。
以来、ナメクジの集団発生は なくなったそうです。
            

  妖怪化した水神とは いわゆる河童みたいなモノなのですが、
河童だからといって、むやみにキュウリを供えていいってモンじゃありません

里の幸として、キュウリやナスなど 野菜をお供えすることはありますが・・。
海の幸としては「尾頭付き」っていうのが相場ですが、ほとんどの神は、「鯛の」じゃなくてもいい様子です。
極上の物をお供えしよう、という人間の気持ちとして、「鯛」が供えられるようですが。
(神サマのランクによって、鯛か、そうじゃなくて良いのかが変わるのかも・・。)
逆に、いくら高価な近海モノの鯛や、北海道産有機栽培の五穀を供えても、供える人自身の心がこもっていなければ 神サマは納得してくれないってモノです。
また、「高級なお供え」をみずから声を大にして要求し、「祀らないと祟るぞ!」などという神は
 しょせん低レベルな神でしかない、と言えるでしょう。
 

 

 心霊座談会イベントのお知らせ
2009年3月14日(土)、大阪中津の鑑定場
「癒しの庵 ゆん」にて
林原かおる&あーりんの
「霊能者に100の質問」という、
神霊座談会イベントを行います。
13:00〜15:30、参加費は3000円(ドリンク付き)
霊のことや体験談など不思議な話と、神霊や運命に関する
疑問質問回答などもできます。
収容人数に限りがありますので、参加ご希望の方は3/10までに
先着順で承ります。
詳細・参加表明はメールにて。

                          ★次へ 
                          霊能師の館に戻る