霊道

霊道とはその名の通り、霊の通る道のことです。
人の霊用の霊道、動物の霊用の霊道、同じ現場で亡くなった人用の霊道など、
さまざまな種類があり、妖怪(堕落した古い神や自然の精その他)用の霊道なんかは、
昔から言われている百鬼夜行と同種のものかと思われます。
民たとえば病院や多数の被害者を出した事故現場など、たくさんの人や動物が死を迎えた
場所から霊道がスタートし、どこかへつながっている場合や、社寺や慰霊碑など、
すがってきた霊が(おそらく)成仏して通って行く道、もしくは逆に救いを求めて通う道
などさまざまな霊道があるようです。
また霊道は、必ずしもどこかに通じている一方通行とは限らず、回遊式に
エンドレスループになっている場合もありますし、横ではなく空に向かって縦に
伸びていたり、地上数十メートルの上空に開通していたりもします。
霊道をビジュアル的に説明するなら、「ガラスパイプの中にエアカーが走る、昔の
SF漫画の高速道路」のような感じです。

では、その霊道とはどこにあるのでしょう。
実は結構どこにでもある物なんです。
民家やビルの中でさえも横切って開通している場合もあります。
ですから場合によってはご家庭の茶の間や風呂場に霊道が通っていて、幽霊が行列して
通っている、という場合もあるのです。
霊道が開通すると、毎日そこをたくさんの幽霊が通過していく訳ですから、その場所周辺で
幽霊を目撃したり、妙な音や匂いなど、なんらかの霊現象にあう可能性が高くなりますし、
そこまでいかなくても体調不良や妙な気配を感じる場合もあります。
(もちろん、平気な方もいますが。)
また、霊道に切れ目があると、その部屋内に炊きたての白ご飯やお菓子、お酒など、
幽霊が好む物が置いてあった時に  それに引かれて隊列からはぐれ、居間をウロウロ
する輩も出てきますし、その部屋に居座ってしまったり、住人に憑依してしまう
場合もあるのです。

もし、自宅や職場などに霊道がある、と感じたらどうすればよいか、というと、残念ながら
プロ以外が個人で対処できる決定打はありません。
神社などのお札などはむやみに貼らないようにしてください。中途半端に霊道が詰まったり
すると、家の中で幽霊があふれてしまうこともあります。
とりあえず個人レベルで出来ることは、菓子、ご飯、酒、お茶など霊が好む物を放置しない、
霊を室外に出す為に窓を開け、こまめに換気をする、部屋を明るく(照明やインテリアの
色など)する、くらいで、あとは、近所の電気、建設工事で霊道が移動するかもしれない
のを待つしかありません。
霊道が特定の場所に固定されてるのだけであれば、そこを避けて人間が住めばよい
のですが、霊道の厄介なところは「場所を移動する」ことです。
霊道は地脈と関係があるのか、大きな電気工事や建設工事、地震などがあれば
移動したり、突如として現れたり また消えたりもするのです。
霊道付近では、電化製品が壊れやすかったり、不具合が起きたりすることも 特徴の
ひとつです。

 

あーりん著の実録霊体験本、出ました。

  携帯で読むDL販売の電子書籍
心霊事件簿ファイル」:あーりん著 発行のお知らせ

リアルな霊体験と解決談の数々です(依頼者様掲載了承済
「怪奇現象・百分の1物語」を詳細にたくさん収録したような感じだと思ってもらえればよいです。
サンプルDLアリ


電子書籍パピレス携帯版にて好評配信中! 
docomo、au、ソフトバンク対応 420円

au「携帯恐怖夜話」にて2007年7/23〜配信 QR.gif
au対応 420円くらい 

 

      もどる