守護霊
守護霊はすべての人についているという訳ではなく、また一生の中で何度か入れ代わったり、
不在である時期もあります。(ま、生涯、守護霊がいない人は大変少ないですが)
守護霊は主に先祖など、血縁である場合が多いのですが、必ずしもそうという訳でなく、
縁ある他人である場合も まれにあります。
ですから行ったことのない外国の外人の守護霊がつく、ということはまずありません。

守護霊の仕事は基本的に「見守ること」です。守りの程度は霊 個人の生前からの性格に
由来することも多いようです。おせっかいで、何でも先回りして助けるタイプの霊、
わりと放任主義で大怪我をしない程度に見守るタイプの霊など、さまざまです。
ですから、おせっかいな守護霊がつくと怪我は未然に防がれ、運命の人でない相手への
恋はキズつく以前にうまくはいかず、と、いろいろな面で過保護な位にガードされます。
放任主義の守護霊だと、傷ついて初めて失敗を覚えさせるような感じで、
出会いや交際も多いが、その度に傷つき別れたり、人間関係や仕事などでも悩みが
多くなりがちです。前者は恋愛の経験も比較的少なく、無難な友人に囲まれ、
人生の波もあまりなく平凡です。
後者は壁にぶちあたったら自分で乗り越え、学習し、人間的に成長します。
人生を海に例えると、守護霊は灯台、自分は小船です。
放任主義でも、進むべき道や決定的に危ない場所は指し示してくれます。
しかし、守護霊は、守護している人間には基本的に直接的な干渉はしません。
守護している人間に声を掛ける事も、人生の手助けを大きくすることもしません。
服や鎧と同じく、本人の身を守ってくれるものである、という霊だと認識すればよいでしょう。
守護霊も、もとは人間ですから、転倒しそうな時にかかえおこしてくれたり、こける前に
気付かせてくれるように、トラブルの程度を和らげてくれることはあっても、
守護霊に祈ったからと言って宝くじを当ててくれたり、就職の斡旋はしてくれません。
その人自身の基本的な人生の路線から外れないように見守るのが仕事です。
また、守護霊が強いからといって、運が強くなるとか、幸せになれるとかいうもの
でもありませんし、弱めだからといって強化する方法も、霊能者やその他の人間の手に
よって入れ替えたり、抜いたりすることもできません。
また守護霊を選ぶこともできませんし、守護霊の格(守護霊になれる一定の基準)を

持たない霊は守護霊にはなれません。
ついでに言うと守護霊の声は守護されている本人が直接聞くことは出来ません。

守護霊がいないとどうなるのかというと、灯台のない夜の海を自力で航海する
ような状態になります。
仕事も人間関係も、なんとなくうまく行かず八方ふさがりで、気持ちも不安定になりがちになるか、
意外な富に恵まれる成功時と全てをうしなう失敗時のような大きな落差がおこる場合もあります。
良くも悪くも、全て自力で前に進まなければなりません。
ずっと守護霊が居ないままなのか、というとそういう訳ではなく、これは前任の
守護霊から後任の守護霊に変わる空白時期や引き継ぎ期間におこりがちです。
その期間は長くて数年、数ケ月かかることもまれにありますが、たいていは気付かない位の
日数のようです。
そして新しい守護霊の力が発揮され始めると、うまくいかなかった状態やトラブルも
解消し、場合によっては服装や趣味、嗜好や気分も変わる場合があります。
守護霊の交替は一生の中で何度かあります。十代の頃に1度変わる事が多く、
思春期などと重なることから、さらに心が不安定で面白くなくて、周囲との関係も
うまくいかない場合が多いです。そして守護霊がきっちり交替し終えると、
普通か並以上に運勢が波に乗り、以前に比べて雰囲気なんかも変わったな、
と言われる場合もあるのです。
また守護霊は、その霊の生前の得意分野だった能力を伸ばしてくれたりする指導者的
立場を取る場合もありますし、指導役と守護役の複数の守護霊がつくことはよくあり、
本人の性格や嗜好、行動力に影響を及ぼす場合もよくあります。
直接指導するというわけではなく、守護霊の性格と本人の性格がダブるような感じです。 

★もどる

 あーりん著の実録霊体験本、出ました。

「心霊事件簿ファイル」あーりん著  

リアルな霊体験と解決談の数々です(依頼者様掲載了承済
「怪奇現象・百分の1物語」を詳細にたくさん収録したような感じだと思ってもらえればよいです。
サンプルDLアリ


★「電子書店パピレス携帯版、WEB版にて好評配信中! 
docomo、au、ソフトバンク対応 420円

au「都市伝説アーカイブ」にて2007年7/23〜配信 QR.gif

docomo「モバイルガロ」             

docomo対応  420円くらい

 

 

 

       

 

 

 saiko384140@docomo.ne.jp