太歳方

中国の多くの人に風水上 犯してはならぬ地上の神として知られているものの1つに「太歳」が
あります。太歳とは天体上の木星の事で、1年で干支を1つづつ(30度づつ)方位盤を移動し、
12年で1周します。
「太歳」の方位に当たるのは その年の干支に当たる方位で、家の中心から見て太歳の
方位に当たる方角の土を犯すと、とりわけ土木工事などをして太歳(=木星)の運行を
妨げると、激しい祟りがあると信じられています。
中国の宋の時代に書かれた「太平広記」に この太歳に関するこんな話があります。
『ある男が太歳の方位に当たっているとは知らず、土木工事を行った。
すると掘り返した土の中から”赤い肉のような菌のようなかたまりに無数の目が付いた
奇妙な物体”を発掘してしまった。驚いて眺めていると、道行く僧に「これは太歳だから
もとの場所に埋めもどし、土木工事を中止しなさい」と助言され、それに従ったが
その男と家の者は1年のうちに全員死に絶えてしまった』

この赤い肉が太歳神自身と言うわけではなく、太歳の運行に合わせて土中を移動する
化身であるように言われていますが、もしこの太歳を掘り出してしまったら、
鞭で百たたきすれば災厄から逃れられる、とか、喰うと美味であるとかいう話も
伝わっています。

風水ではこの太歳の当たる方位「太歳方」に太歳牌や太歳符などの化殺道具を置いたり
します。
太歳符の中央には「太歳○○年陸明星君到此鎭」とか「本年太歳星君到此鎭」とか、
書いてあります。
「太歳星君がここ(本年の定位置)に来て鎮まるように」という意味です。
風水上ではこの太歳の方位に向かって移転や土地に関する事、土木工事、造作、増改築など
土を犯す事を厳禁しています。

また、日本の気学では、太歳神は木星(=木性)であるから、木の伐採や草刈り、破壊行為
は厳禁だが、逆に木を植えたり、建築・造作・商取引・移転・結婚・従業員の雇用などは吉
とされています。


干支と太歳の方位は下記のとおりです。
卯、酉、午、子を東西南北とし、それぞれより30度づつの方角にあたります。

 子年は→→→ 北
 丑年は→→→ 東北偏北
 寅年は→→→ 東北偏東
 卯年は→→→ 東
 辰年は→→→ 東南偏東
 巳年は→→→ 東南偏南
 午年は→→→ 南
 未年は→→→ 西南偏南
 申年は→→→ 西南偏西
 酉年は→→→ 西
 戌年は→→→ 西北偏西
 亥年は→→→ 西北偏  ・・に、それぞれ太歳の方位が当たっています。

 

「風水師あーりんの羅針盤・催旺風水」へ戻る