格付け ビッグ・ウェンズデー 
BIG WEDNESDAY
115min

’78仏
製作総指揮:アレックス・ローズ/タマラ・アシーブ 製作:バズ・フェイトシャンズ 監督・脚本:ジョン・ミリアス 
脚本デニス・アーバーグ 撮影:ブルース・サーティス 音楽:ベイジル・ポールドゥルス
出演:ジャン・マイケル・ヴィンセント/ウィリアム・カット/ゲーリー・ビジ−
あらすじ»

’62年、カリフォルニアの海岸。ビーチを代表するサーファーのマット、ジャック、リロイの3人は各々の技を競い合い、青春を謳歌していた。しかし、時代はやがてベトナム戦争に突入し、仲間達の中には徴兵されていった者、そして2度と戻らない者も。3人は別々の人生を歩き始め、そして数年後,伝説の巨大な波’ビッグ・ウェンズデー’が来たとき、3人は再び青春の浜辺へと集まった・・・・・・
い頃、サーフィンに情熱を燃やしたミリアス監督自身の思いを多分に反映させた青春ドラマ。日本でも当時若者の間で大ヒットした。役者も懐かしくJ・マイケル・ヴィンセントはニッカの宣伝に、ウィリアム・CはNTV系で放映されていた海外ドラマ’アメリカン・ヒーロー’の主役として日本でも人気があった。舞台はカリフォルニアのモントレーだがロケ地はハワイ・オアフ島のサンセット・ビーチ。ワイキキから車で1時間飛ばせば辿り着けます。
ちょっと臭いけど、そこがまたいい青春の馬鹿騒ぎとその終焉への哀愁を描いた傑作映画。



戻る