クロコダイルの再登場に期待の巻き / 我が青春の「水色時代」の巻き / 今月はタカハシマコ先生の強化月刊の巻き / 最後の七武海登場でござるの巻き / 多角度的に「へ〜ん○しん!!そなたバーディ・ラッシュ!!」を取り上げるの巻き


2009年01月16日(金)

インペルダウン編の「ワンピース(AA) 」の盛り上がっています。今回のインペルダウン編最大のキモは、以前に闘った敵キャラが本編で再登場すること。ルフィを最も苦しめたサー・クロコダイルの再登場に期待がかかります。

クロコダイルの元懸賞金8100万ベリーというのが安すぎることも気になります。単行本36巻のSBSでクロコダイルの懸賞金が安すぎる事を指摘され、以下のように回答していました。

"七武海"は政府の味方になるという事なので、それに加盟した時点で懸賞金は外されてしまいます。なので、"七武海"の海賊には元○○ベリーと記しているのですが、B・Wは"七武海"になった後に結成された秘密結社なので、その分の危険度は加算されてないのです。実質クロコダイルを懸賞金で計るなら、8100万の倍以上には、はね上がっていたんじゃないでしょうか。

実質1億6000万以上だとは言うものの、七武海に懸賞金8100万ベリーで加盟できたというのは安すぎです。ドフラミンゴは元3億4000万、くまは元2億9600万、モリアは元3億2000万と桁違い。シャボンディ諸島に登場したルーキーたちすら億超えでした。

ここまで億超えがバーゲンセールのように登場すると、懸賞金8100万ベリーのクロコダイルでは他の海賊の威嚇にならないような気がします。黒ひげのように何か大きな手柄を立てたのでしょうか。ハンコックのように政府がすぐに七武海へ誘ったとか。

あと気になるのは、クロコダイルの発言。


クロコダイル発言

信頼…。クハハ、この世で最も不要な物だ」

信頼を、この世で最も不要な物と言い切りました。他にも「他人と馴れ合っちまったが為に死んでいく」、「お前も、つまらねェ情を捨てれば、もっと長生きできた」、「てめェも…他人の為に死ぬクチか…」など信頼とか仲間にとい言葉を毛嫌いしていました。極めつけは、ロビンを殺そうとした時…。


クロコダイル発言

最初(ハナ)から誰一人、信用しちゃ…いねェからさ

ここまで一匹狼なのも珍しいです。昔誰かに裏切られた過去でもあるのでしょうか。あと、口癖のように「海賊の格」という発言を何度もしていましたが、コンプレックスでもあるんでしょうか。

ルフィに敗れたクロコダイルですが、扉絵シリーズ「ミスG・Wの作戦名"ミーツバロック"」で部下たちが「もう一度やろうバロックワークス」と救出しに来たものの、「気分がのらねェ」と脱獄拒否しました。この男は一体何を考えているのか。国家を乗っ取ろうとした世界的な大犯罪者で、このまま海軍に捕まっていたら、この先の未来などないのに。なぜ脱獄しなかったのでしょうか。

脱獄拒否後、ミス・ゴールデンウィークがC・T(カラーズ・トラップ)"夢の虹色"で、それぞれが思い描く理想へ変身させ、バロック・ワークスのメンバーの夢が明らかになりました。

ミス・バレンタインはチョコ屋、Mr.5は消防士
ラッスーは戦車
ミス・メリークリスマスはお姫様、Mr.4はピザ屋
ミス・ゴールデンウィークは画家
ミス・ダブルフィンガーは酒屋

なるほど…、バロック・ワークスのオフィサーエージェントにもそれぞれに現実的な夢があったのですね。ちなみにMr.1ダズ・ボーネスの思い描く理想は英雄(ヒーロー)。西の海で殺し屋といわるほどの異名を取った賞金稼ぎは、英雄になりたかったようです。そしてクロコダイルの思い描いた理想は…。


クロコダイルの思い描いた理想

海賊王

クロコダイルの思い描く理想はルフィと同じように海賊王。えっと、そうだったでしょうか。確かクロコダイルはバロック・ワークスを結成した目的って…。


軍事力

おれが欲しいのは金じゃない、地位でもない。"軍事力"

クロコダイルの目的は、アラバスタ王国を乗っ取り、アラバスタに眠るという古代兵器プルトンを使って、この世に最高の軍事国家を築くこと。コブラ王に対して「おれの目的は、最初からそれ(プルトン)さ」と言い放ちました。さらには…。

「おれが、この地で王となりゃあ、そこいらの海賊共を傘下につける事など容易い事だ…!!勢力を増し、いずれは政府をも凌ぐ力を得る…

コブラに世界政府が許すはずがないと言われれば…。

…だろうなだから必要なのさ強大な…"軍事力"」

軍事国家を築き世界政府すら叩き潰そうとしていました。世界政府にすら負けない軍事国家を築く事を目的にしていたわけですが、クロコダイルが思い描いた理想は海賊王。とてもワンピース(ひとつなぎの大秘宝)を目指しているようには見えません。思い描く理想が海賊王なのに、軍事国家建国をしようとする…、意味不明です。

そういえば、シャボンディ諸島でキッドは「この先は…それ(海賊王)を口にする度胸のねェ奴が死ぬ海だ…」と言っていました。対して、クロコダイルは、ルフィが海賊王になると聞き…。


海賊王と聞いて…

この海のレベルを知れば知る程に、そんな夢は見れなくなるのさ!!!

自分の思い描く理想は海賊王なのに、ルフィが海賊王を目指していると聞けば、軽はずみな発言とバッサリ。海のレベルを知れば知るほど、海賊王になる夢は見れなくなるとは…。まるで自分に言い聞かせているようです。

意味深です。さらに弱者を馬鹿にした発言が多く、「"理想"ってのは、実力の伴う者のみ口にできる"現実"だ…!!」、「負け犬は正義を語れねェ…!!!ここはそういう海だぜ…!!!」、「…どうしようもねェ事なんざ世の中には腐る程ある…」という発言。

これらの発言からは、クロコダイルが過去に敗北した臭いがプンプンします。そもそも自然系(ロギア系)で殴っても斬っても砂になるくせに、左手がなく顔に傷があるのが臭います。悪魔の実を食う前に負った傷なのか、砂人間後に誰かに負った傷なのかは分りませんが。いずれにしても、クロコダイルは「敗北」の二文字をルフィと闘う前から経験していそう。

こうして見ると、クロコダイルも昔は、ルフィたちのように海賊王を目指して航海していた。どうしようもねェ強敵に敗れた、仲間に裏切られた、という過去がありそうな感じです。海賊王を目指す事を諦めざるを得なかったのでしょうか。

さらに、クロコダイルで最大の疑問は古代兵器プルトンをどこで聞きつけたのか。ロビンを殺そうとした時、4年前に結んだ協定は達成されたと言い出し以下のようなことを。

お前がおれに持ちかけた話はこうだ…。"歴史の本文(ポーネグリフ)"のある場所へお前を連れていけば、"兵器"の情報はおれにゆずると…」

ロビンから古代兵器の話を聞いたものだとばかり思っていましたが、ロビンの過去話でロビンを勧誘した時…。


ロビン勧誘

お前の力を借りたい。"歴史の本文"を…読めるらしいな…

てっきり、ロビンから商談を持ちかけたと思いきや、ロビンを勧誘した台詞から、既にアラバスタに古代兵器プルトンが眠ることを知っていた様が伺えます。 なにより、ロビンを勧誘している部屋が、窓の作りや床の模様がバロック・ワークスとして使っていた秘密地下とまったく同じです。4年前にバロック・ワークスを結成した時からクロコダイルは既にアラバスタに居ついていたということ。七武海とはいえ、一介の海賊がなぜ世界をも制圧できる古代プルトンを知っていたのか。

こうして見ればクロコダイルは、まだまだ物語で重要な鍵を握っていそうです。クロコダイルの再登場に期待が高まります。

2009年01月17日(土)

私は、やぶうち優先生の漫画が大好きである。大好きな作品といえば、「ないしょのつぼみ(AA) 」。健全な性教育漫画なのにも関わらず、大きなお友達からも圧倒的な支持を集めています。


ないしょのつぼみ

初めてブラジャーをするエピソードや、胸が気になり出したり初潮を迎える話や、男子と女子の違いを真剣に考える話しなど、我々が思わず反応してしまうエピソードが満載で、健全な性教育漫画なのに、我々大きなお友達からも圧倒的な支持を集めています。

やぶうち優先生は、今は「ちゅちゅ」の看板作家としてご活躍されています。ちなみに、「ちゅちゅ」は「ちゃお」と「少女コミック」の間の年齢層を埋める雑誌として創刊されました。実際に埋めているかどうかは知りませんが。

やぶうち優先生がちゅちゅで連載させた作品は「アニコン(AA) 」。血の繋がっていない兄と妹の話しでお互いに両思いという、我々が反応せざるを得ない素晴らしい設定でした。


しかも兄は隠れオタクで、妹は兄に合わせてコスプレなどをしてどんどんこちら側に入ってくる様が、ニヤニヤに拍車がかかりました。随所に散りばめられたオタクネタが異様に心地よかったです。例えば兄理一がオタク漫画を大量に購入した時…。


ヲタ漫画

オタクの兄が大量に購入した漫画の中に「ないしょのつぼみ」が…。これは作者的にも「ないしょのつぼみ」の購入層が大きなお友達という事を案に認めているということだったのでしょうか。

また、妹まあちの髪型がツインテールだった事が心に響きました。これが少女漫画というのだからニヤニヤ感はとんでもないことになった事は言うまでもありません。

「アニコン」連載終了し、直ぐに次の連載がはじまりました。続いてちゅちゅに連載させた作品は「ひとひらの恋が降る 」。


札幌を舞台としたジンクスにまつわる恋愛話。ジンクスとは、ブルートレインを男女カップルで見ると結ばれるというもの。ヒロインには遠距離恋愛している彼氏がいるものの、同じ部活のエースと何やら怪しい関係で、二人でジンクスのブルートレインを見てしまう…というもの。個人的には結構好きだったのですが、人気は残念ながらまったくありませんでした

また、やぶうち優先生は「恋を奏でる季節(AA) 」で、ストーリーは旦那さんと一緒に考えているとおっしゃっており、オタクネタ満載な「アニコン」なら、やぶうち優先生2:旦那さん8、「ひと恋」は、やぶうち優先生8:旦那さん2、という割合で考えたとか。

さらに、社長令嬢がメイドの格好をして住み込む「妄想令嬢」という読み切りは旦那さんが9割、自分の部屋の鏡が、遠くに住む見ず知らずの異性を写し合って、鏡で繋がる恋愛とベッタベッタのラブコメをやった「リンク〜きみのてのひら〜」は旦那さんが8割考えたとか。すみません、やぶうち優先生の旦那さんはこちら側の人間なのではないかと本気で疑ってしまいます。

「ひとひらの恋が降る」がまったく人気が出なかったことで、掴みを失敗したと反省し、現在連載中の「初恋指南(AA) 」を連載するに当たり以下のような事をおっしゃっていました。

前作「ひとひらの恋が降る」とはガラリと雰囲気を変えて始まりました「初恋指南」。今回は「初回から明るく楽しくテンポよく!」を心がけました。というのも「ひと恋」は序盤人気がボロボロで…。(中略)

「初恋指南」では、最初の5ページでいかにつかめるかを意識してみたわけです。結果、反響は思いのほかよかったので、とりあえずは成功…かな?

前作の反省を生かして、最初の5ページで掴みを意識したとか。どのような掴みなのかといえば…。


掴み

ぶつかる、転ぶ、パンチラ、フラグが立つ…オッケーイ!

素晴らしい掴みだと思います。さすがやぶうち先生。少女漫画家を目指すヒロインが漫画に恋にと大忙しなわけで、人気は上々のようです。

初々しい恋愛にニヤニヤが止まりませんが、個人的に今作最大のキモは気になる彼の従姉妹で先輩漫画家の娘。初めは仲良くしていましたが、だんだんと本性が明らかに…。


先輩漫画家

やぶうち優作品初(?)のヤンデレ娘です。

さて、今でも大活躍で少女だけでなく大きなお友達からも圧倒的な支持を集めているやぶうち優先生。きっかけは当然「水色時代(AA) 」です。

ちゃおで連載していた中学生編とデラックスで連載していた小学生編があり、どちらも大変素晴らしいもの。これはいいものだ!アニメ化に合わせて連載した「新水色時代」と「水色時代-12歳の季節-」もあります。

で、「水色時代」は小学校編では今の「ないしょのつぼみ」のように性がテーマな内容で、中学校編では普通の恋愛話…、という事もありませんでした


生理…始まっちゃったよ…!?

それは突然予告もなしにやってきたのでした。この時のタイトルは「初潮」。…、オッケーイ!

もちろん、ヒロシくんとの甘酸っぱい初々しい恋愛はニヤニヤしました。他にも、学校の生活、友情、部活動、教師、勉強、家族…と様々な出来事にテーマがありました。今でも色あせることなく深い内容です。

個人的にお気に入りのエピソードは代ばばの話。体育祭後に、最後のもみじまんじゅうをする話は感動もの。また、ヒロシくんとの海での初キスは、床に転げまわるほど、悶えるニヤニヤ展開でした。


ニヤニヤ

元々幼馴染で、友達の延長で付き合っており、ヒロシは男同士で遊ぶほうが楽しそうで、なかなか先の展開に進まないことにモヤモヤしてた優子。海で石投げをしつつ、自然と流れるようにキスした時は胸がきゅんきゅんしまくりでした。

そんな「水色時代」には、「新」や「12歳の〜」以外にも単行本に収録されていない続編があります。「水色時代を過ぎても」という優子が短大生の話。噂は常々聞いているのですが、実は読んだことがありませんでした。それが文庫版「水色時代」で収録されるとか。今では伝説となった「水色時代を過ぎても」が、ついに読めるぞー!


2009年01月18日(日)

今更ですが、タカハシマコ先生の「ニコ」の完全版が先日発売されました。


「ニコ」は、ドラゴンエイジで2003年5月号〜2004年7月号まで連載しており、5年前に1巻が出たっきり、2巻がまったく発売されませんでした。この度、5年ぶりに完全版という形で、双葉社から1巻と2巻が発売。

黒髪セーラー服のアンドロイドの少女ニコが、将来犯罪を起こしそうな人間を事前に、隔離した施設に送る為に様々な人の前にやってくるというオムニバスもの。これでようやく完結です。

さて、今月はタカハシマコ先生の強化月刊なのか、Yahooコミックで連載していた「青年のための読書クラブ」の1巻も発売されました。


実は連載をまったくスルーしていたのですが、M:NBGさんのところで「ちょっと黒いマリみて」とコメントがあり、異様に気になっていました。直木賞作家、桜庭一樹さんの小説が原作ですが、まったく読んだ事がありません。漫画版しか読んでいないのですが、これクチャクチャ面白いな!

公式サイトでは以下のように説明されています。

東京・山の手の伝統あるお嬢様学校、聖マリアナ学園。校内の異端者(アウトロー)だけが集う「読書クラブ」には、長きにわたって語り継がれる秘密の<クラブ誌>があった。そこには学園史上抹消された数々の珍事件が、名もない女生徒たちのよって脈々と記録され続けていた―。

名門女学校、聖マリアナ女学園を舞台に、1919年から2019年の間に起こった、学園の歴史から削除された出来事を、読書クラブの秘密のクラブ誌という形で、100年の間の学園の黒歴史を表現したオムニバスもの。

1巻に収録されているのは、1969年に起こった「烏丸紅子恋愛事件」と、1989年に起こった「奇妙な旅人」。

烏丸紅子恋愛事件は庶民出の田舎娘が、令嬢をまんまと騙して王子になるという話。大阪の下町から、名門女学校、聖マリアナ女学園に転入してきた烏丸紅子。庶民育ちの彼女は、学園の生徒から受け入れられず、あちこちのクラブからつまはじきにされ、最後に読書クラブに辿りつきます。

ちなみに、この学園は、毎年6月の聖マリアナ祭の投票で、学園の"王子"を決めます。曰く「いわば蟻塚の女王蟻、ハレムにおけるスルタン―偽の男だ」。王子に選ばれる生徒は、他の女学生にモテモテ。烏丸紅子を王子にさせようと、妹尾アザミを中心に読書クラブが暗躍。


女子生徒

はじめは紅子を毛嫌いしていた女子生徒たちも、ワイルドな不良を装う紅子にメロメロ。というか、タカハシマコ先生の描く女の子がどの娘も可愛くてトキメキが止まりません。

儚く美しくドス黒い少女たちの思想が、なぜか心地よいです。

奇妙な旅人は、1989年の出来事。日本はバブル景気の真っ只中で、良家の娘ばかりでなく、親が成金の娘も学園に増えています。時代背景がバブルということで、今まで聖域だった生徒会でクーデターが起こりました。

ジュリアナ娘VS旧華族という対決に、読書クラブは、静観を決め込んでいるものの、生徒会の抗争に巻き込まれることに…。伝統を守る旧華族や親が政治家の生徒会と、王子に選ばれたジュリアナ娘が全校生徒を巻き込んだ戦いとなり、その様がクチャクチャ面白いです。しかし、当時の女子生徒って、扇を持っていたのでしょうか…。


ジュリアナ娘化する女子生徒

烏丸紅子恋愛事件でも奇妙な旅人でも、生徒会や演劇部や読書クラブに踊らされ、白くも黒くもなる一般の女子生徒たち。この名もなき女子生徒たちの言動が好きです。いちいち可愛いから

読書クラブの面々は一人称がみんな「僕」というのが特徴。1969年と1989年と20年も違うのに、生徒会はお堅く、変わっていません。

逆に、新聞部は、1969年では持ちかけられた記事を平気で載せ、女子生徒を食いものにする下衆だったのが、1989年の新聞部の娘は持ち込まれた記事に対して「我々にもなけなしの誇りがある」とジャーナリズムを持っていました。

で、その新聞部の娘が個人的にオレの心を鷲掴みに。


新聞部

パ、パンダ柄のパンツだと…。

伝統があり、良家の子女ばかりが通い、「ごきげんよう」などと挨拶するお嬢様学校で、パンダ柄の間が抜けたパンツを履く娘がいるのですよ!これは我々の勝利です。(何に?)


2009年01月19日(月)

以前、ゾロが今だに紹介されていないという記事を書いたところ、以下のようなメールを頂きました。

SB編終盤での、かのクマの慈悲の回のタイトルは「海賊狩り ロロノア・ゾロ」だったのは覚えておるでござるか?このタイトルを使うために、これまで紹介コマは控えてきたのではないかと思ったのでござるよ。ルフィ一味の危機を、ゾロが自分の命と引き換えに救う話の構想を当時から尾田さんが持っていたという超解釈をすれば、この説は決してありえなくはないと思ったのでござるよ。ただ、「火拳のエース」ってタイトルもあったような気もするから完璧な説ではないでござるかもしれんでござる。

面白い意見ですね!

485話でくまによって、モリア戦で傷ついたルフィの怪我を変わりに受けたゾロ。ボロボロになり、現在でも傷は癒えていません。


傷を一身に受けるゾロ

ルフィの傷を一身に受けたゾロ。ゾロのかっこよさが際立つエピソード。この時のタイトルが「麦わらの一味・海賊狩りのゾロ」。なるほど、このタイトルを使うためにあえて通り名と名前の紹介をしなかったというのは面白い意見です。

さて、みんな大好きな「ワンピース(AA)」です。ルフィとバギーがLEVEL2でバシリスクというニワトリが産んだ怪物を相手にしている頃に、ハンコックたちはLEVEL4でインペルダウンの署長マゼランと会っていました。


ハンコック

よし、妻にしてやるえ(チャルロス聖風に)

やばいってハンコック可愛いって。16歳でマリージョア脱出して直ぐに九蛇海賊の船長となったという事は、今は11年後だから…、27〜28歳ぐらいですか。結婚するには丁度いいですね。

一方のルフィたちは、Mr.3と合流。Mr.3はルフィを脱獄中と勘違いしているようなので、下に行くと分ったらどんな反応するのでしょうか。

で、今回最大のキモはハンコックでもMr.3でもなくジンベエなんですよ。初めは謎だらけだった七武海もほとんど登場し、最後を飾るのはジンベエ。ジンベエは、初期の頃から名前だけ登場していた意味深なやつでした。


魚人海賊団の頭"ジンベエ"

王下"七武海"の一角のジンベエ。初期から名前だけは登場し、魚人海賊団の頭という事ですが、詳細な情報はほとんどありませんでした。少ない情報ですが、ちょっと魚人海賊団の歴史を振り返ってみましょう。

200年前

魚人族と人魚族は、魚類と分類され差別されていたが、世界政府が魚人島への交友を発表。

11年(以上)前

冒険家フィッシャー・タイガーが、天竜人が住む聖地マリージョアへ単身で乗り込み、奴隷解放の為に暴れ回り、奴隷達を解放。奴隷だった魚人たちとタイヨウの海賊団を結成


魚人海賊団結成

タイヨウの海賊団は、天竜人の奴隷の証、天駆ける龍の蹄を太陽のシンボルに変えたマークが体のどこかにあります。魚人海賊団は、東の海にもその名を轟かしており、相当な大海賊だったと思われます。

11年前に、ハンコックは奴隷から解放して直ぐに九蛇海賊の船長となって七武海に加盟。魚人海賊団結成も11年ぐらい前だったと思われます。

この前後の年で起きたことといえば…。12年前に、魚人のトムさんが海列車を完成。11年前に、シャンクスがフーシャ村を拠点として活動してた頃の出来事。

8年前

フィッシャー・タイガーの死後、魚人海賊団はいくつかの一味に分裂。マクロ一味など。


マクロ一味

魚人海賊団は複数の一味に分裂しました。そして、魚人海賊団の頭ジンベエが七武海加盟と引きかえに、アーロン一味を東の海へ解き放つ。アーロン一味がココヤシ村を占領し、そこを拠点に東の海を支配し、魚人の王国を建国しようとしました。


ココヤシ村襲われる

「まさか…"グランドライン"の魚人海賊団が分裂したって噂は…本当だったのか…!!!」

ナミに1600万ベリーの懸賞金がかけられた時、ココヤシ村の面々は新聞でナミに懸賞金がかけられたと知りました。にも関わらず、魚人海賊団という大海賊団が分裂した事を噂レベルでしか知らなかったことから、アーロン一味は分裂後にすぐに東の海へ行き、魚人海賊団分裂という記事が新聞に載る前にココヤシ村を襲ったと思われます。

また、アーロン一味が奴隷だった説はちょっと怪しくなってきました。というのもハチの回想でアーロン一味の幹部は幼馴染で、シャボンディパークの観覧車に憧れている1コマがありました。

20年以上前に、ハチは遭難していた冥王レイリーを助けました。その頃のハチはまだ子供で、タイヨウの海賊団に入るまでレイリーと仲良くしていたとか。つまりハチは奴隷でなかった事はほぼ確定。何より、子供の頃のハチの額には何のマークもありませんでした。


子供の頃のハチ

ハチがいつタイヨウの海賊団に入ったかは定かではありませんが、フィッシャーが奴隷を解放して結成した初期メンバーではなく、タイヨウの海賊団結成後に入ったと。アーロンがハチの幼馴染だとすれば、アーロンも元奴隷のタイヨウの海賊団の初期メンバーではなさそうです。では何故、あそこまで人間を毛嫌いしていたのかは分りませんが。

またアーロンの懸賞金は2000万ベリーと、今となっては安すぎ。七武海のジンベエと肩を並べていたというのに、これでは安すぎます。まあ、海軍に賄賂を送って村の支配をモミ消していたので、実際には懸賞金が跳ね上がりそうですが。ジンベエとアーロンの関係も興味深いです。

そして、いよいよジンベエがついに登場ですよ。


ジンベエ

ビジュアルがちょっと残念だぞ。今まで七武海が出てきた時は、「どん」と迫力満載だったのに、ジンベエは血まみれでボロボロです。「監獄へ行ったあいつはどうだ。そろそろ頭は冷えたか?」というセンゴク元帥の言い方から、てっきり小学生が廊下に立たされているようなもんだと思ってましたが、完璧に犯罪者扱いです。

これで七武海も全員登場しました。七武海加盟と引きかえにアーロンを東の海へ解き放ったらしいですが、何の為に?ただの仲違い?また、サンジの旅の目的である、東西南北全ての海の魚が泳ぎ、あらゆる海の食材が揃うというオールブルー。コミック23巻のSBSで尾田先生は、魚人は魚を支配しようとすると言っており、魚人海賊団船長のジンベエならオールブルーについて何か知っているのではないかな、と。

で、登場したばかりのジンベエですが、相変わらず謎だらけです。エースを「さん」付けで呼び…。

「痛ェのは…、仁義を通せぬ…わしの心じゃァ!!!」
七武海の称号が何じゃ…そんなものいらん!!!
この戦いが止められるなら…わしは命もいらん!!!

ジンベエは白ひげに対して仁義を通すって、知り合いなのでしょうか。しかも、アーロンを東の海へ解き放つことで、七武海に加盟したのでは。その称号がいらんとは…。戦いを止めようと必死です。

政府の言いなりで動く七武海はくま一人だけ。にもかかわらず、海軍トップのセンゴク元帥は、白ひげとの戦いを、最も協力的に参加すると踏んでいました。もう意味分りませ。ジンベエは何を考えているのでしょうか。あと、何となく体の模様がドラゴンの頬の模様に似てます。まあ関係ないと思いますが。

海侠のジンベエ、元懸賞金2億5千万ベリー。今後の動向に注目です。


2009年01月20日(火)

私は巻末コメントなどで作者同士で馴れ合っている様が大好きです。今週号の週刊少年ジャンプ(8号)で、大石浩二先生は巻末で以下のようにコメント。

お気に入りのピンクのシャープペンを無くしました。忘年会の時まではあったのに

大石先生はお気に入りのボールペンを無くしてしまったようです。そして、水内融先生の巻末コメント。

なんかカバンの中に見たことのないシャーペンが…何コレ。ピンクって気持ちわるっ

仲が良くて微笑ましいですね。

さて、水無月すう先生が月刊少年エースで連載している「そらのおとしもの(AA)」。素晴らしいパンツネタが多く楽しんでいたのですが、この度アニメ化が決定したようです

そして、水無月すう先生が月刊ヤングジャンプで連載している「へ〜ん○しん!!〜そなたバーディ・ラッシュ(AA) 」がついに単行本化しました。


へ〜ん○しん!!〜そなたバーディ・ラッシュ

以前に何度か取り上げましたが、ドマイナーな月刊ヤングジャンプで連載しているゴルフ漫画。オビには「今までなかったゴルフ漫画」と書かれています。何が今までなかったのかは分りませんが、この漫画は一見すると、可愛い娘がコスプレしてゴルフし、スイングした勢いでパンチラし、顔を赤くして恥かしがる様をニヤニヤして楽しむものと思われがちですが、まったくその通りです

ただ漫画を紹介するだけというのもワンパターンですので、今回は趣旨を変えて、多角度的に「へ〜ん○しん!!」を取り上げたいと思います。

(感想風)

可愛い女の子が顔を真っ赤にしてパンチラする漫画は正義。主人公の名前は葉山そなた。あがり症で万年予選落ちの新米プロゴルファー。ある日、謎の会社から契約をしたいというオファーが。費用の心配なしで試合に出れると喜んだものの、契約内容はエッチなコスプレしてゴルフの試合に出ること。

このエッチな衣装というものが非常にムチムチでミニミニで、そんな衣装を着てパンツを見られることを恥かしがっている美少女をニヤニヤと楽しむものなんですよ。本当にそなたは可愛いなー。

水無月すう先生はパンツが大好きな方だとばかり思っていました。もちろんパンツも大好きだとは思うけど。ただコスプレしてパンチラするだけかと思っていたのですけど、おっぱいに対しても懐の深さが見えたんです!


自責の念にかられた執事の凍った心を溶かしたおっぱい。無駄に大きいと思っていたおっぱいでしたけど、癒しのおっぱいだったんです!エッチな衣装を恥かしがって赤面する楽しみに加えて、癒しのおっぱいまで加われば鬼に金棒。

とにかく、最初はそなたの赤面顔とパンツに目がいってしまうものの、最後にはおっぱいに目がいってしまう素晴らしいスポーツ選手なんですよ!

(ニュース風)

<雑記>
喉が痛いのですが謎の更新。「へ〜ん○しん!!」は、普通の本屋では売っていませんね。ちょっと大き目の本屋かオタク系の書店でないと。

<ニュース>
水無月すう先生の新連載は芸術的パンチラ
1話で芸術的なパンチラを披露しパンツを神へと昇格したんですよ。

美少女xコスプレx巨乳xパンツ 「今までなかったゴルフ漫画!」
「乳とパンツが見所なこの一冊っ!」というのは的を得てると思います。

へ〜ん○しん!! そなたバーディ・ラッシュ コスプレする女子プロゴルファー
このバカ執事が良い味なんだよなぁ。


(評論風)

・きちんとしたゴルフ漫画としての体裁

今でも、ゴルフの初心者へクラブを振る時に、「チャー・シュー・メン」と叫びながらスイングするというアドバイスがある。これは本当にタイミング良く振れるらしい。ある程度の腕になると「シュー」は抜かすらしいがここでは割愛。

この「チャー・シュー・メン」というタイミングが広がったのは、かの、ちばてつやの名作ゴルフ漫画「あした天気になあれ(AA)」だろう。初心者へスイングのタイミングを覚えて貰うために「チャー・シュー・メン」と言い、それが良いタイミングだということで初心者でない主人公も使うようになった。


(「へ〜ん○し〜ん!!」 1巻 33P)

小心者であがり症な、そなたはボールに謝りながらスイングする。この謝りながら「ごめ・んな・さいっ」と言うことこそ、「チャー・シュー・メン」のスイングのタイミングに通じている。一見するとイロモノなのだが、ゴルフ漫画としての体裁がきちんと取れていることが分る。

漫画の視点と、読者に対して挑戦すること

通常の日本のコミックならば右から左に読むもの。日本の漫画本が右綴じなので当たり前なのだが、この綴じ形態の本の場合、読者がコマを読む順番ならば以下のようになる。


(「へ〜ん○し〜ん!!」 1巻 116、117P)

このように、右側から左側に流れるように読むことになる。キャラが右から左へ歩けば進んでいる、右側の方向を向けば前を向いているという感じで読者は捕らえる。

「へ〜ん○しん!!」の場合、いやほぼ全てのゴルフ漫画に当てはまることだが、スイングをする時に、読者の視点とは逆方向へボールを飛ばすことになる。読者視点とは逆の方を向いているのに、ボールを前へ飛ばすという表現なのである。


(「へ〜ん○し〜ん!!」 1巻 34P)

読者が読み進める方向と逆方向にボールが飛ぶ。一見、ボールは後ろ向きに向うと思いがちだが、これはボールが読者に向っていく迫力を漫画風に表現している。プロ野球中継を例に出せば分りやすい。中継でピッチャーの視点でテレビに写されることが多い。視聴者がピッチャーの視点に立ち、バッターに向っていく感情移入がしやすい。バッターに打たれれば、ボールは自分の方向へ飛んでくるように感じられる。これと同じように、ゴルフボールが読者へ向って飛んでくる迫力を表現させているのである。

飛ぶボールと背景の説得力

「へ〜ん○しん!!」では飛んだボールの背景に空が多い。ボールは飛んでいるのだから当たり前といえば当たり前だが、この空を背にするボールはどこまでも自由に飛べる鳥のようにも感じられる。軌道で現したボールは、力強くグングン伸びる。

この飛ぶボールの行方を追うギャラリーたちこそ、この漫画におけるゴルフの凄さを表現する説得力を際立たせる。


(「へ〜ん○し〜ん!!」 1巻 35P)

覚醒したそなたがボールを打った一シーン。余計な台詞回しや心理描写など一切省き、誰もがボールの行方を目で追う。ボールに取り付かれたように目で追い、パンツなど目もくれない。今までのパンチラに野次を飛ばしていたギャラリーたちも、この表現によって、そなたの放ったショットがいかに凄いかというハッタリを効かせ、今までのゴルフとは質のまるで違うものであるという説得力が増す。このハッタリのあるスーパーショットの為に、ギャラリーの汚い野次すら伏線に変えてしまった。

(考察風)

練習では圧倒的な実力を誇るものの、試合になると緊張してあがってしまい結果が思うように出ないそなた。この、あがり症という弱点をエッチなコスプレし、もっと辱めることによって、吹っ切れさせるという一連の流れは見事です。毒をもって、毒を制しています。

しかし、そなたの真の実力を見抜き、荒治療を敢行した社長はただものではありません。秘書の分析を聞き、迷うことなく即決でそなたと契約をすることを決めました。ただのネタキャラとみせかけて、相当の曲者だと考えられます。

能ある鷹は爪を隠すといいますが、痛いアニメの発言に時折混じる、人間への着眼点と全てを分っている感じの雰囲気。1巻では、情報が少ないながらも、この社長の背景を見出せます。


「―!?孝二郎さん…っ!?」

日本女子プロゴルフ連盟会長、樋渕綾子は顔見知りだったようで、社長が写った映像を見て驚いていました。同時に、日本女子プロゴルフ連盟のスポンサーである、単衣社長の弟である事も発覚。

ただのエロ親父だと思ったらとんでもない。この3人には顔見知り以上の関係があった事が伺えます。社長の昔が、何か訳ありのようで臭います。

そして、普段はおちゃらけていながら部下の真理を上手くついた発言、偶発的にみせかけたゴルフのアドバイス。どう見ても、ゴルフに精通した男です。その考えが最も、真実味を帯びたのは、執事黒光との会話。元プロの黒光に対して「久しぶりだね」と笑顔で挨拶。


黒光

「やはり…あなたでしたか。よもやゴルフに戻ってくるとは、思いませんでしたぞ…」

この発言から孝二郎は、元プロゴルファーである可能性が非常に高くなりました。「まぁ…色々あってねぇ…」と流していましたが、この色々というのが曲者。果たして何があったのでしょうか。

オチなどに使われるギャグキャラですが、この男はこの作品の重要なキーパーソンであることが分ると思います。

以上のことより、コスプレ会社の社長をまとめると。

・本名は単衣孝二郎
・相当な人身掌握術がある
・普段はギャグだが相当なキレ者
・日本女子プロ連盟会長と何やらわけあり
・日本女子プロ連盟のスポンサー会社の社長の弟
・元プロゴルファーの可能性高し
・人生にゴルフしかなかった感じ
・色々あったらしい

何となく人物像は分りますが、やはり謎が多いです。今後の動向に注目していきたいところ。

(キャラ会話風)

「へ〜ん○しん!!そなたバーディ・ラッシュ」の一巻が発売されたそうですが、この漫画ご存知ですか?

月刊ヤングジャンプというかなりマイナーな雑誌で連載している漫画です。現に集○社もまったく力を入れてないようです。

月刊ヤングジャンプ?
聞いた事がありませんね。週刊ヤングジャンプなら知っていますが…。

ほとんどの人は知らないみたいです。現に管理人の近所のコンビニでは5号目から仕入れられくなったようです。

それはまた…。
どのような雑誌なんですか?

前にヤングジャンプで連載していた作家さんが月刊誌で新たな漫画を新連載させた作品が多いです。ヤンジャンから流れてきた作品もあります。

なんか、週刊少年マガジンにおけるマガジンスペシャルのポジションみたいですね。

確かに、週刊ヤングジャンプの2軍的なポジションという感じはします。ですが、「へ〜ん○しん!!」のようにオリジナルの良作もあります。

それで、月刊ヤングジャンプ自体は面白いのですか?

……普通。
(※あくまで日塔奈美の意見です)







多角的にと言いながら、コレって有名サイトの持ち芸をパクっただけダナ。

(ヤマカム風)

いよいよ「へ〜ん○しん!!〜そなたバーディ・ラッシュ(AA) 」が発売されました。ハサミでスカート切るとかおっぱいとか見所満載なのですが、そなたのパンツに注目してみてください。


そなたパンツ

お気づきですか。パンツの柄がちょっと古臭い万乗パンツなんですよ。1巻に登場したそなたの穿いていたパンツは全てが万乗パンツなのです。

そして、1巻のおまけ漫画によると。10年くらい前に、水無月すう先生の大学の先輩が当時、某少年誌でゴルフ漫画を連載していた時に、以下のような会話があったとか。


10年ぐらい前

「アンタもいずれゴルフの漫画描くことになるかもよ」
「ゴルフだけはマジでない。ゴルフは紳士のスポーツだぞ。俺が描いたらとんでもないことになるだろうが。」

水無月すう先生の大学の先輩が誰かは知りませんが、10年ぐらい前に少年誌でやっていたゴルフ漫画といえば、「空の昴」とか「ライパク」など。調べてみると水無月すう先生は福岡出身だとか。

福岡育ちと言えば、週刊少年サンデーで「DAN DOH!!」を連載していた万乗大智先生ですよね。オッケーイ、謎は全て解けた。つまり「へ〜ん○しん!!〜そなたバーディ・ラッシュ」は、正当な万乗パンツの後継者ということですね。

そして紳士のスポーツを描いた水無月すう先生は、発言通り、本当にとんでもないことになってしまいました。


とんでもないこと

オッケーイ!

美少女が恥かしくて赤面してプルプル震える姿、最高でござる!(結論)




トップ