「O/A」このジャージ力、甘くみんなよ! / 「新テニスの王子様」お前は青学の置き物となれ! / 「さよなら絶望先生」機会損失ですよ! / 「レッツ☆ラグーン」が面白すぎて困る / ジャンプにおける約束された勝利の黒髪ロング


2010年09月06日(月)

来週の金曜(17日)〜月曜(20日)まで出張が入ってしまったので更新止まると思います。しかし、出張って良いですよね!なんと言っても、普段は行くことのない地域に行くのは浪漫があります。その地域の特産物や観光がついでに出来ればさらに良いのですが。まあ、普通に旅行するのも良いですけど。色んな地域に行くというのは良いことですね。

さて、先日「アイアムヒーロー」の4巻が発売されました。オビには高橋留美子先生が「今、一番続きが気になる漫画」とコメントを寄せるように、本当に続きが気になってワクワクしてしまいます。


日常が突如ゾンビの恐怖に支配される緊張感が半端じゃありません。色々と考察しがいがあるのですが、それは脇に置いといて。3巻から登場した、早狩比呂美が大活躍するわけですが、一つだけ俺の琴線に触れまくるシーンがありました。

それは、路上で車をヒッチハイクしようとした時、ドキュンと言うに相応しい頭クルクルパーな奴に「おいおいお前、女子高生だったら太もも見せねーと意味ねーだろ。ジャージ脱げよ、話はそれからだとマジでぇ」と意味不明な事を言われて、本当にジャージを脱ぎ出して生太ももを披露したシーンです。


ジャージを脱ぎ脱ぎする比呂美

あら、ジャージを脱ぎ脱ぎして太ももを披露した比呂美はめがっさ可愛くなってしまいました。というかジャージというダサい服を脱ぎ脱ぎしているシーンなど劣情を抱くというもの。やっぱり、女の子はジャージなんか着ないで太ももを露わにしてなんぼやでーと思った諸君!甘いです。甘い、上等な料理にハチミツをブチまけるが如き思想です。

確かに、比呂美はジャージを脱ぐ事で可愛さを格段にアップさせました。これでは、ジャージなんて最初からないほうが良いという思考になってもおかしくはありません。しかしです。逆に考えると、比呂美はジャージを上手に着こなせなかったという事でもあるのです。

比呂美は制服の下にジャージを着て、極めて高度な着こなしをした為に、上手に着こなす事が出来なかったというわけです。


制服+ジャージ(埴輪ルック)

「制服+ジャージ」というのは、シンプルかつ最もジャージを着こなすのに難しい。ジャージといえば"ヘボイ、ダサイ、田舎クサイ"という三原則があり、着こなすのは至難の業です。それでも、可愛く着こなせば、我々は歓喜してジャージ娘を絶賛するのです。リアルでジャージなんて運動してる人か夜中のドンキの客ぐらいしかいません。

そもそも、ジャージを脱いだらめがっさ可愛くなった比呂美は決して素材は悪くありません。むしろ、見事な田舎臭さと清純さが合わさったダイヤモンドの原石とも言えます。では、なぜ比呂美はジャージを着こなせなかったのか。結論を言えば、ミニスカでなかった事が敗因ではないでしょうか。

もちろんリアルでミニスカ+ジャージだったら憤慨する諸兄も多い事でしょう。しかし、どう考えても制服の下にジャージというのはミニスカ+ジャージでこそ映えるのです。ジャージを可愛く着こなす娘こそ讃辞すべきである。これをジャージ力と言います(今名付けました)。

例えば、「ダ・カーポU」の由夢なんかは普段の可愛さと家出のジャージ姿のギャップに萌えるものでした。しかし、我々は求めてしまうのです。ジャージを可愛く着こなして欲しい、と。ジャージを制する者は萌え界を制します

ジャージを可愛く着こなすジャージ力の高い娘は素晴らしい。それは万国共通の言葉と言っても良いのです。あぁ、魅惑的なジャージ娘よ。ちょっとジャージ力の高いキャラをピックアップしていきましょうか。

・「ラブひな(AA)」成瀬川なる(ジャージ力F
ツンデレだったり眼鏡っ娘だったりと良いとこ取りだった「ラブひな」のなる。普段は可愛い格好をしていますが、部屋で1人の時の格好は超絶ダサいものでした。


なる

どてらに腹巻きにジャージという超コンポ。あの可愛いなるが、こんなくそダサい格好をしているかというギャップの破壊力。「ダ・カーポU」の由夢と同じく、普段はしっかりしているのに、1人だとこんなにダサいジャージを着ているのです。部屋の汚さと合わせ技で、実はしっかりしているのは仮面で本質はジャージを着るズボラだと。この内面が出てしまうようなジャージ力は侮れません。仮面を剥ぎ取るような本質を出すジャージ力。侮れません。

・アニメ「けいおん!!(AA)」藤井ちか(ジャージ力E
モブキャラでいつもジャージを腰に巻いて腰巻ちゃんと呼ばれる藤井ちか。ジャージを着る時も腰に巻いてますが、普段は制服にジャージを巻いているのは見事なジャージ力ですよ。


ちか

ダサいジャージを腰に巻くと、あらオシャレ!まあ、腰に巻くのを着こなすと言っていいのか分かりませんが。

・「宙のまにまに(AA)」蒔田姫(ジャージ力D
天文部という文化部なので、ジャージ率はそれほど高くありません。ですので、ここぞという時のジャージ娘は素晴らしいと言わざるを得ません。そんな中でも、姫ちゃんのジャージの着こなしは芸術なのです。


姫ちゃん

朔を籠絡しようとオシャレな格好をしたら年増先輩に「こんなカッコしてたらいつ襲われも文句言えないのよ!?」と言われてしまい、あらかじめ準備していたジャージを着せられるの図。

せっかく可愛い格好をしてキメる気満々で来たら、ジャージを着せられてしまいました。勝負パンツを穿いて来たのに、パンツを見もしないで脱がされたようなものですよ!悲しい運命を辿った姫ちゃんですが、そのジャージの着こなしはマーベラスと言わざるを得ません。好きな人を籠絡させようと、オシャレな私服の上からジャージには、なんともカオス的な魅力がありました。オシャレとダサさが混合した究極の逸品です。

・「かんなぎ(AA)」青葉つぐみ(ジャージ力C
ジャージだから恥ずかしくないもん!(6巻オビより)


このジャージ力は侮れません。ミニスカ+ジャージというだけで十分に戦えるのに、スパッツだから恥ずかしくない、もといジャージだから恥ずかしくないもんです。はじまったな。というかスカート+ジャージは普通に一般的で埴輪ルックと言われてリアルでもよく目にしますが、やっぱり埴輪ルックは二次元に限るのです。

というわけで、中学時代の埴輪ルックのつぐみのジャージ力は破壊力抜群なのです。


つぐみのジャージ力

やはり、制服+ジャージはつぐみのようなやかましいぐらいの元気一杯の娘に限ります。

・「めだかボックス(AA)」黒神めだか(ジャージ力B
・「ばもら!(AA)」釜崎優(ジャージ力B
おおっとー!2人同着のジャージ力Bです。元祖マキバオーの日本ダービーもビックリの同着です。彼女たちのジャージ力には差がないというのか…。どういう事でしょうか。めだかちゃん、釜崎さんにはある共通するものがあります。2人ともすごく乳がデカイのです。


釜崎さん / めだかちゃん

ジャージとは運動着である為に、動きやすいようにややダボダボに着るのが普通です。しかし、この2人は乳がデカすぎるが為に、胸だけは皺もなくピチピチとなってしまっているのです。無理してジャージのチャックを上げた感が何とも言えません。胸の部分だけピチピチになるジャージ力は半端じゃありませんよ!

・「ディーふらぐ!(AA)」高尾(ジャージ力B+
乳が大きすぎてピチピチになるという最高峰の逸品がありますが、それをさらに発展させたのが高尾。彼女も巨乳キャラとして不動の地位を築いています。

乳がデカすぎてジャージのチャックが閉まらなかったのです。それを無理して上げた時、人々は意味不明な感動に包まれるのです。しかしです…。


高尾

乳がデカすぎてジャージのチャックを無理して上げたら破裂したの図。なんという高度なジャージの着こなしなのでしょうか。これは、ジャージが起こした一つの奇跡です。奇跡って起こらないから奇跡っていうんですけど、私は確かにジャージの奇跡を見た!

・「はじめてのあく(AA)」草壁シズカ(ジャージ力A
地上に舞い降りたジャージの天使を見た…。というのも「はじめてのあく」は、今俺をニヤニヤさせるラブコメランクでもトップに君臨する素晴らしいもの。その中でも乙型シズカがお気に入りで、この2人のジローへのアタックは悶死にする破壊力を秘めています。そして、シズカが尋常ではないジャージ力を持っているのです。


シズカ

一見すると埴輪ルックのダサくも可愛いジャージの着こなし。制服+ジャージです。しかし、よく見るとシズカはジャージのズボンだけでなく上着までジャージを着て、上下ジャージを着た上でセーラー服を着用しているのです。完璧じゃないか。

いやはや、ヘボイ、ダサイ、田舎臭いジャージを可愛く着こなしてチャームポイントに発展させられたらお手上げです。シズカはジャージクイーンと呼ばれても不思議じゃありません。

というわけで、可愛く様々に着こなし萌えポイントへと進化させるジャージ。そういえば、先日「O/A」の2巻(AA)が発売されました。以前にも紹介しましたが、同じ声を持つ2人がラジオをする話で、これがテンポ良し、掛け合い良しと本当に面白いのです。

ゆたかとはるみが喧嘩して仲直りして友情を育むエピソードは本当に良い話で胸熱というもの。また、剃毛の話だったりはるみがパイパンとカミングアウトするのはグッときました。で、この「O/A」ですが、とっても素晴らしいジャージ力だったのです。

昔、「ラーメン発見伝」という漫画でラーメン対決をする時、上等な塩を使って塩ラーメン勝負するという話がありました。その塩は舐めただけで風味から味覚まで全てが超一級の塩。そして、上質の塩に合うスープを開発するのですが、ラーメン対決で負けてしまいました。何故かと言えば、塩はそれだけで上質であって、下手にスープを開発したの敗因。素材が良かったものに手を加えたが故の失敗だったのです。

つまり何が言いたいのかと言えば、変にジャージを着こなすのではなく、ジャージをそのまま着て可愛ければ最強という結論になるのでした。


ジャージを着こなす

・「O/A」堀内ゆたか&田中はるみ(ジャージ力S
小細工抜きに普通に可愛く着こなすのでした。マーベラス!まあ、原点に戻るようなものです。普通にジャージを着て可愛ければ言う事なしです。

ようするに、我が家が一番だよという事です。


2010年09月07日(火)


うわぁーー!!ネーネが成長しちゃったー!と、幼女だったネーネが一気に成長してしまい絶望に暮れた一部ファンの皆さま!今こそ、有栖川レナを支持する時がきたのです。7巻の泣き顔は、至高の可愛さを発揮。やはり「ワールドエンブリオ」で一番可愛いのは有栖川レナ…え。


姫川詩緒(23)

地上に天使が舞い降りた…
なんぞ、この可愛さ。訂正します。有栖川レナは姫川詩緒の次に可愛いです。もちろん、ポッと出の刃旗使いなど8巻でサクッと殺されても不思議じゃありません。せめて、姫川詩緒は死体が残る綺麗な死に方でありますように(死ぬこと前提かよ)。

さて、ついに「新テニスの王子様」は手塚VS大和という青学新旧部長対決がはじまります。もはや、この対決の前では今までの試合は前座だったと言わざを得ません。

「第3試合S2(シングルスツー)ああ川の流れのように大和祐大!!―対するは中学テニス界の至宝(カリスマ)手塚国光!!」

「ああ川の流れのように」ってなんぞそれ。今にも美空ひばりが歌いだしてしまいそうな意味不明な通り名をつけられた大和。あまりにも適当です。

元青学部長の大和は、早速手塚に話しかけます。「手塚クン…青学テニス部全国大会優勝おめでとうございます。部長として大変だった事でしょう」と讃辞しているのかバカにしているのか分からない言い回し。手塚もクールに対応します。


手塚

チームに恵まれただけです

そんな謙遜…でもなくまったくその通りだから笑えません。冗談抜きで部長として何か役に立ったのか今だに分かりません。初期から全国大会を目指すと張り切っていましたが、地区大会は試合すら出ずに青学優勝。都大会では既に勝負が決まった蒲田中の杉本とかいう雑魚を倒しただけで、その後一切出番ありませんでした。青学勝利に何も貢献しないで都大会を優勝してしまいました。

すごい、手塚は何にもしないで関東大会まで来てしまいました。今まで青学の団体戦で何の役にも立たなかった手塚ですが、関東大会1回戦は優勝候補の氷帝。ついに手塚の出番が訪れます。対する相手は跡部様。手塚の勝敗がそのまま青学の勝敗に直結する大将戦です。ああ、やっと手塚が青学勝利に貢献する時が…


関東大会1回戦、大将戦

ゲームセット、ウォンパイ氷帝学園跡部!ゲームカウント7-6!!

手塚負けた!\(^o^)/
いよいよ、手塚が青学の勝利に役立つ時が来る…そんな風に考えていた事が俺にもありました。

こうして関東大会でも青学勝利にまったく貢献できない手塚。よく、河村タカシは青学のお荷物などとバカにされますが、四天宝寺の石田銀戦を筆頭にここぞできちんと青学の勝利に貢献しています。対して、まったく貢献してない手塚はいてもいなくても関係ない青学の置き物です。

恐ろしいのは部長としての手塚です。自分が青学の勝敗に直結する試合を落としたら、速効で補欠にした1年坊主・越前の下へ行き偉そうに上から目線で言いだしました。


大事な試合を落とし、偉そうに語る部長

「越前…2ヵ月前に高架下のコートで言った事、覚えてるか」

2ヵ月前に高架下のコートで言った事と言うのは「お前は青学の柱になれ」というもの。一見、期待の1年に述べた名言に思えますが、実は大和部長に言われた事の受け売りだったと後に判明して読者から赤っ恥をかくのでした。

この男、自分が青学勝利に直結する試合に初めて出て負けたくせに、偉そうに青学の命運を一年坊主になすり付けました。部長としてもエースとしてもゴミですね。

こうして、関東大会はホークスの斎藤もビックリのプロリハビラーとなり欠場するのでした。今まで青学でクソの役にも立っていないのにリタイア。流石いてもいなくても関係ない青学の置き物です。残された青学メンバーは順当に勝ち上がり、昨年の全国王者立海にも勝利し関東大会優勝。青学のエース兼部長は選手としても主将としてもまったく役立たずという目も当てられない結果。大石のほうがよっぽど部長として頑張っていました。

居ても居なくても何の関係もなかった空気のような存在感。もう、このまま消えるかと思ったら再登場します。今まで青学勝利に1度足りとも貢献していない置き物は堂々と全国大会の抽選会場に現れるのでした…。


全国大会抽選会に颯爽と現れる

「大石…それ(抽選クジ)は俺に引かせてくれないか」

おいメガネ!いくらなんでも調子に乗りすぎだろ!
普通、怪我などで欠場したりチームの勝利に貢献できなければ居た堪れない気持ちになるものです。しかし、このメガネに関してはまったくそんな事ありませんでした。

今まで部長としてもプレイヤーとしても青学の役立たずだったくせに、偉そうに登場して抽選クジを俺に引かせろと部長面して言いだすのです。厚顔無恥とはまさにこの事。地区大会、都大会、関東大会…手塚が青学の為に何かしたか?答えはNOである!

青学勝利にまったく貢献していな手塚はチームメイトが連れて行ってくれた全国大会をさも当然のように出場します。昔「キャプ翼」で翼が怪我した時、日向や松山が怪我で今までいなかったようなやつはいらんと言ってましたが、その言葉をそっくりそのままリボンをつけてプレゼントしたいです。

全国大会でも手塚は手塚でした。まさに役立たずというに相応しい活躍です。初戦の沖縄・比嘉中戦では勝敗が決した後にキテレツをボコって相変わらず雑魚には強いという印象を見せつけます。しかし、続く氷帝戦では自分が勝てなかった跡部様を1年坊主に押しつけて、自分は青学のお荷物と互角だった樺地と対戦。器の小さい男です。まあ、雑魚には強い男ですので楽勝かと思ったら…。まさかの大苦戦


VS樺地

大苦戦どころか、出す技全て真似される上にパワーで押され負ける寸前まで追い込まれてしまいました。青学のお荷物と互角、後にジローに敗れ、鷹に半殺しにされる樺地如きに大苦戦をかまします。というか雨が降らなければ勝てたかどうかも怪しいものでした。

そんな手塚が唯一活躍したのは準決勝の四天宝寺戦でダブルスに出場したのに勝手にシングルをやった時。まあ、後に天下無双の越前が控えていたので、別に手塚が勝たなくても青学は順調に勝てそうでしたが。そして決勝戦は案の定惨敗。こうして見ると、どこが中学テニス界の至高なのかまったく分かりません。別に手塚がいなくても青学は全国制覇していたと思うと泣けてきます。

青学の置き物メガネ脱メガネした大和の対決は静かな立ち上がり。正直、前座2試合のほうが見てて面白かったです。テニプリで淡々とテニスする描写ほどつまらんものはないです(テニス漫画です)。ようやく動きがあったと思ったら手塚が壮絶に空振り


空振りする手塚

「打球がガットをすり抜け…消えた!?」と手塚も驚いています。たった今まで、ボールを確かに捉えていたのに消えてしまいました。いまさら消える魔球の再利用でしょうか。何が起きたのか、大和は得意面して独り言

瞳に映るもの因縁和合の幻であり―、夢かはたまた現実か…『幻有夢現』

何を言っているのかまったく分かりませんが、何だか過ごそうです。というのも、青学部長時代の大和は実は怪我していたらしくて、1年の手塚に惨敗したのは怪我のせいだったのです。大和の真の力が発揮です。そして「幻有夢現」のカラクリを説明してくれました。


幻有夢現

「そう、あなたは才能があるが故―ボクの動きや呼吸等で打つコース・強さを予測して次のプレイに入ってますよね。―だから、ボクが打つ瞬間打つコースを変える事で手塚クン…あなたは、あるハズもない打球を追ってしまうのです」

…え。
手塚は事前にプレイの予測を立てて動くから、打つ瞬間にコースを変えてるだけなんですか。


いやいや、この空振りはねーよ
事前にプレイを予測しているから、打つ瞬間にコース変えてるだけで、まったく違う場所を空振りしてしまうとか。凄いです。まったく説明になってないのが凄い。これでは、手塚は変なクスリをやっている眼鏡の度が合っていないと言われたほうがよっぽど説得力あります。どうでもいい事ですが、打球を打つ時の大和の顔が普通に気持ち悪いです。

手塚は『手塚ファントム』を繰り出して応戦。手塚ゾーンといい、手塚ファントムといい自分の名前を必殺技に付ける中二病っぷりは年相応ですね。

この手塚ファントムは肘への負担が尋常ではありません。跡部様からも「無理すんじゃねぇ手塚ぁーっ!」と久々にデレ部分を引きだします。大和にも「また自己犠牲ですか手塚クン?」と言われてしまいました。


自己犠牲を指摘

キミはもう、無理してチームの為に戦わなくていいんですよ。プロへ転向するんでしょ」

手塚はチームの為に無理して自己犠牲していたんですか。
なんか美談風に言われてますが、幻有夢現に手も足も出ないから手塚ファントムを出しただけで、チームの為も自分の為もクソもありません。というか、じゃあどうしろと?そのまま負けろという事でしょうか…。まあ、手塚がこのまま負けても、どうせ他の面子が勝って、総入れ替え戦の勝敗に関係ない置き物ポジションになるのがオチですけど。

こうして、ただ手も足も出なかったから手塚ファントムで応戦しただけなのに、自己犠牲がどうたらと茶番が始まってしまいました。そして、茶番でその気になってしまう手塚。自分の為だけに戦う事を決意して「もっと楽しませて貰ってもいいですか?」などと言いだしました。脳裏に過るのは、今まで青学の為に怪我を酷使してプレイしてきたシーン


青学の為に自己犠牲?

肘を痛めているのは、全国大会決勝戦の立海大付属中の真田戦。肩を痛めているのは、氷帝学園戦の跡部戦。どちらも怪我をしながら青学勝利の為にプレーして結局負けているところが凄い。これ勝っていたら、怪我を押してまでプレイして青学を勝利に導いたというかっこいいものなのですが全敗です。チームの為に怪我を押してプレイした俺かっこいいとか脳内で美化しているのでしょうか。どちらも無様に負けているのに。まったく青学の役立たずだったくせに。載っている台詞はもはやギャグです。

「キミはまた…僕達チームの為に!?」
「何でお前はいつもそうなんだーっ!!」
(不二と大石が肘に負担のかかる手塚ファントムを繰り出した時に言い放った台詞。もちろん試合は負けました

「お前の覚悟はそんなものか」
跡部に言い放った台詞、そして惨敗。かっこ悪い)

「手塚国光…とんでもない男だな」
「自分の腕よりも、部長として青学勝利を選んだね」
腕も青学勝利も選べませんでした。一年に押し付けます)

おい、メガネ勘違いもいい加減にしろ!チームの為に自己犠牲がどうのこうのとか、自分の怪我よりも青学勝利の為とか。まったく青学勝利の役に立っていないのに、さも自分が怪我を押してプレイしたから青学勝利があるんだという、勝手に自分の過去を美化。恐ろしいメガネやでー!

こうして、大きな勘違いをしてさらに調子こくメガネ。次回で決着でしょうか。

関連
「新テニスの王子様」完璧で無駄のないテニス
「新テニスの王子様」天才柳教授の読み
「新テニスの王子様」が凄すぎる
「新テニスの王子様」の鬼先輩の言動に胸熱


2010年09月08日(水)

「月華美刃」1巻 (ジャンプコミックス)
月華美刃 1 (ジャンプコミックス)
遠藤 達哉
集英社 (2010-09-03)

「TISTA」の遠藤達哉先生の新作は、ヤンチャな月のお姫様のお話。どこかで読んだ記憶があるのは昔ジャンプで読み切り掲載させたものの発展版だから。「四方遊戯 遠藤達哉短編集 (AA)」に収録されている「月下美刃」を連載版にしたのです。


読み切り版「月華美人」

で、連載版。これまた面白いです。遠藤先生といえば良質な読み切りをジャンプで何度も描きましたが、その一つを連載させたとなったら外れなし。月のお姫様がクーデターに合い地球へ逃げ伸びます。そして追っても地球へやってきて…というもの。少年漫画らしく熱く王道で、「TISTA」よりコメディ色強めという感じ。2巻も非常に楽しみです。

さて、「さよなら絶望先生」236話は「遅き・琴・菊」。作中で解説されているように「十日の菊」は、9月9日が重陽の節句で菊が必要なのに、十日に持ってこられても価値がなくなるって事の例え。ビジネス用語的に言えば機会損失。ようするに「時既に遅し」というもの。

機会損失は、少年漫画というかバトル漫画で多いですよね。ヒーローは遅れて登場するもので、あと少し早ければ仲間が助かった…という機会損失が。「幽遊白書」でも、幽助があと少し早ければ幻海婆さんが助かったのにという機会損失がありました。その最もたるものは「ドラゴンボール」でしょうか。

ベジータとナッパが地球にやって来て迎え撃つZ戦士はサイヤ人の圧倒的な実力の前に次々と倒れていきました。


「悟空―!!はやくきてくれーっ!!」

もし、悟空が後1分でも早く来ていれば、ピッコロも神様も死ぬことはありませんでした。死の機会損失ですよ!さらに、3時間ちょっと早ければ天津飯も餃子も死ぬことはなかったでしょう。圧倒的な実力のナッパを前に倒れるZ戦士達。あと少し悟空が早く辿り着けばヤムチャも…。


ヤムチャ

あ、ヤムチャは無理だな
サイヤ人と闘う事無くサイバイマン相手に力尽きているようじゃ、悟空はあと少しどころか、大分早く来ないと助けられなかったですね。

どうでもいい事ですが、機会損失といえば漫画の感想などもタイミングを逃すと難しいです。発売してから数ヶ月経って感想書けば、今さらそれかよという総突っ込みを受けてしまいます。

さらにどうでもいい事ですが、「公募の新しい小学校名がアダルトサイトと同じ」というニュース。何でも山形県東根市が来年4月にさくらんぼ小学校という名称の新設校を開設しようとしたら、既にエロゲブランドで同じ名前が使われているというから大変。早速ググってさくらんぼ小学校へ行ってみようとしたら、重くて見られません。みんな、このニュースが流れてから見に行ってるのか見れません。まさに、機会損失ですよ!どうでもいいですが産経新聞の記事の「公募なのに…アダルト系美少女アニメサイトと同じ小学校名」と、アニメ扱いしているのは受けました。

さらに超どうでも良い事なのですが、最近の日塔奈美の可愛さは異常です。すっかり中の人の影響で食いしん坊キャラが定着し、完全に普通ではなくなってしまいましたが、毎回の如くうざかったり、食いしん坊ネタで「奈美ちゃんはねそうでしょう」と流され、すっかり美味しいポジションを獲得してしまいました。その上。


奈美

首をちょこっと横に曲げて手を後ろに組んで三段ブチ抜き。どう見ても読者に媚びてますよ!なんですか、あたし可愛いでしょ的なポーズは。まったく、前回は前回で、鼻血を出して可愛く手でポーズを取っていました。


前回

これは少女漫画にありがちな乙女チックシンドロームにかかっていますね。ポーズの取り方が実に可愛さをアピって少しあざといです。

大車輪どうもいい事なのですが、奈美の可愛さアピりに対して読者へのアピールを一切行わない小節あびる。彼女は今回、ベンチで棒状のアイス(しかもミルク味?の)を食べていました。21世紀の日本の漫画やアニメで女の子が棒状のアイスを食べれば、しゃぶりついて食べるというのは自然の摂理です。


アイスを食べる

近年ではアイスを食べるのに、いちいち髪の毛をかきあげたり、何故か顔が赤面して高揚したり、アイスを食べるには不自然に上下に動くのです。これが今トレンディーなアイスの食べ方。ちょっとエッチな気もするけどアイスだから仕方がないよね

しかし、あびるは自然界の常識を無視して白い棒状のアイスを普通に食してしまいました。


アイスを普通に食う

もっと媚びろよ!
白い棒状のアイスという宝具があるのに、何を普通に「アイスおいしいね」などと1コマで食ってるんですか。もっと棒状のアイスには食べ方の作法というものがあると思うのです。さすが年に1回ブラジャーを付けるのを忘れる女は違います。もし、これが奈美だったら白いアイスを溶かしながらしゃぶり付いていたはずです。機会損失ですよ。

で、これはとっても大切な事なのですが加賀愛が2コマも出ました。いやはや、今回も可愛いと言わざるを得ません。


加賀愛

前髪伸びている…。
今回のポイントは加賀愛が靴下を穿いていなかった事です。下校中なのか放課後どこかへ遊びに行っているのか分かりませんが、どうしてセーラー服を着ているのに靴下がないのか。これは、きっと重要なエピソードがあるに違いありません。しかし、残念ながらそのエピソードを語る機会はないでしょう。機会損失ですよ!


2010年09月09日(木)

うわぁぁ!
大変です。とんでもない大事件が起こってしまいました。今週の「君のいる町」104話「絶対に勝てない」では、嬉し恥ずかし温泉回だったのです。作者・瀬尾公治先生は乳首を描く事に定評があり、一部ファンからは乳首の王子様と言われているとかいないとか。


「涼風」→「君のいる町」





これがあの美しい乳首を描き続けた瀬尾王子の乳首なのでしょうか。完全に劣化しています。久々に乳首券を行使したと思ったら。どうなってんだ!今回登場したヒロインは乳首が陥没していると思う事にします。

さて、またまた漂流物の傑作が登場してしまいました。「精霊使い」の岡崎武士先生が13年振りの新作「レッツ☆ラグーン」の1巻が発売されました。以前にヤンマガで読み切り掲載した時に紹介しましたが、その後連載になって単行本が発売しました。こんな嬉しい事はない!

・(AA)レッツ☆ラグーン(1) (ヤングマガジンコミックス)

これは超お勧めです。今一番面白い漂流物は何かと聞かれれば絶対に「レッツ☆ラグーン」と答える!主人公の山田くんは修学旅行で事故に合い、無人島に遭難。そこで1年生の時同じクラスだった衣舞瀬チカと出会い、無人島で生活をする事になる…というもの。そして滅茶苦茶マーベラスなのです。

まず第1にヒロインが可愛いという事。
元々絵の上手さには定評がありましたが「レッツ☆ラグーン」ではさらに凄い。チカの可愛さは並みではありません。特盛りで可愛いのです。


衣舞瀬チカ

なんだこの可愛さは。「精霊使い」の時よりも格段に女の子が可愛くなっている。しかも、見た目も可愛ければ中身も可愛いという。性格が良く天然でブラジャーをつけていなかったり、パンツを干していたりと、やる事全てが超ド級の可愛さ。まじで一撃KOの可愛さ最高すぎるといものです。

第2に主人公の妹が可愛い


妹・ともみ

く、こんな可愛い妹がいて「お兄ィ」なんて妹に呼ばれているなんて主人公は完全に勝ち組じゃないか。この妹もキャラが立っており誕生日をアピって「以下略」とプレゼントをねだったりと破壊力抜群です。さらに兄想いの一面もあって、今年のNO1妹に決定しました(俺の中で)。

第3にニヤニヤする
無人島で同級生の可愛い女の子と2人きりの生活というだけでも胸が熱くなるのですが、チカの可愛さと天然さのダブルコンボでビックバンを引き起こすような威力を発揮。主人公が怪我をしたらブラジャーで手当てをしてしまうなんて、はじまりすぎにも程があります


手当て

「カンペキです」とチカも述べていますが、本当に完璧です。さらに、ラブがコメる展開も始まれば全力でニヤニヤするのみです。これはマーベラス!

そして第4にストーリーが面白い
(ここからネタバレしまくり。注意)

まず、無人島で可愛い同級生の娘と2人きりで生活するというニヤニヤするものかと思いきや、無人島生活9日目の4話で話が一気に動きます。学校の教師柴田が漂流してくるのです。ここからの伏線の貼り方と回収の仕方は見事と唸るのみ。

7月1日に修学旅行で事故に合い、ドキっ!可愛いあの娘と無人島生活かと思いきや…。

漂着1日目、ふと気付けば無人島
漂着2日目、島内を探索し飲めそうな水を発見
漂着3日目、独り言が増える
漂着4日目、船を作り始める。衣舞瀬チカと出会う
漂着5日目、食料尽きる
漂着6日目、船が完成するも島で生活する事に
漂着7日目、魚を取って食糧問題解決
漂着8日目、衣舞瀬チカに恋をしている事に気付く
漂着9日目、柴田先生が漂流してくる

今後は3人で生活する無人島生活10日目。衣舞瀬チカとちょっと良い感じになりラブがコメり出すと思ったら…。


漂流10日目…?

漂流10日目、山田救出される
聞けば、修学旅行中に船の事故が起こり、山田は海に投げ出され救出されるまでの経過時間15分行方不明者1人衣舞瀬チカ。事故から救出され、海に落ちてから15分しか経過していません。あの無人島生活の10日間は夢か幻か…。

事故後1週間経過し入院中の山田は、お見舞いに来た妹が自分の荷物を確認したら…。


荷物から

荷物からブラジャーが出てきました。
このブラジャーは怪我をした時に、チカに手当てをしてもらったもの。現実ではあり得ない時間軸の10日間のチカとの無人島生活。しかし、あるはずもないブラが荷物から出てきてしまいました。

現実世界、事故から1週間の7月7日(漂着してから17日目)
荷物からブラジャーが出てきて、夢か幻かと思われた無人島生活の10日間はリアルだった確信する

そして、第5に熱い
現実世界7月8日(漂着してから17日目)
修学旅行で起きた船の事故。無人島に遭難した10日間遭難せずに15分で救助された相反する2つの現実。遭難9日目にチカがしていたものとまったく同じ妹の持つ腕時計、夢に出て来たお面の人物、初めて挨拶する柴田先生と服装…謎は解けた。タイムスリップしている!

それは、今までの伏線が見事に回収されて鳥肌立つというもの。ピースが一つ一つ当てはまる感覚はマーベラスとしか言いようがありません。そして、もう一度あの無人島に行く事を決意。


もう一度あの無人島へ

やるべき事は分かっているという。熱いっすなー。SFとしてもラブコメとしても楽しめるというもの。これは続きが超楽しみすぎるというものです。超お勧めです。

ところで気になる点はチカが無人島生活9日目に拾った腕時計。これは山田の妹が父親から誕生日プレゼントで貰った電波腕時計であると判明します。


腕時計

この腕時計は電波時計であると妹が言いました。これを持って山田は再び無人島へ向かうので、無事に無人島に再上陸しこの時計をチカが拾ったと分かります。で、電波時計といえば、勝手に時間の誤差を修正するすぐれもの。日本全国で電波をカバーしているそうです。つまり、無人島で電波時計をして正常に動いているのは、この無人島が日本の何処かという事。

さらにタイムスリップを繰り返していますが、無人島の時間はチカの「日付が10日くらいズレてる」という台詞で大体分かります。7月1日に事故って無人島生活9日目で10日ずれているという事は…。

7月1日に事故って9日目→チカ体感時間7月10日で10日ずれてる→実際の無人島の日付は7月20日か6月30日

まあ、それがどうしたと言われればどうもしません。しかし謎なのは、つけてる腕時計を無人島へ再上陸した山田はどう落としてチカが拾うという経緯になったのでしょうか。まだ色々とありそうですね。最大の疑問は遭難8日目以降は、追悼船に乗った人達が無人島に辿り着くわけですが、遭難8日目以降の無人島には実際に何人いるのか

で、何が言いたいのかと言えば、カバーの折り返し絵がグンバツで素晴らしいという事ですよ!


カバー折り返し絵

透けブラ最高なのです(結論)。

関連、岡田武士先生がヤンマガで読み切り描いてる

・(AA)レッツ☆ラグーン(1) (ヤングマガジンコミックス)


2010年09月10日(金)

・(AA)迷い猫オーバーラン! 2 (ジャンプコミックス)
迷い猫オーバーラン! 2 (ジャンプコミックス)
矢吹 健太朗
集英社 (2010-09-03)

矢吹先生の描く「迷い猫オーバーラン!」も2巻が発売されました。当初8話の予定だったらしいのですが、人気があって連載をジャンプSQ19に移って継続というのは嬉しい限りです。

当初の完結予定らしく、2巻で綺麗にまとまっており、なかなか良い話で完成されていますが、ぶっちゃけ私にとってそんなものは刺身のツマです。そう、目的は一つエロです。少年ジャンプでエロの限界に挑戦し続けた矢吹先生はジャンプSQでも限界に挑戦し続けるエロの開拓者なのです。少年誌でやるからこそ意味がある

そして2巻はみんなで海へ行くのです。乙女姉さんは乳が去年よりも大きくなり、無理やり水着を着たというのです。はい、次に何が起こるか手に取る様に分かりますね。


手に取るように分かる

いや、少年誌でエッチなシーンを売りにしている漫画やギャルゲ&エロゲで海に行ってビキニなら、ビキニの上の紐が解けてしまうというのは絶対なんのです。むしろビキニも紐が解けないほうがおかしい。こうして王道なお色気イベントを外さないの流石というところです。

さて、9月6日は何の日だったでしょうか。30年戦争勃発、阿蘇山噴火、バトル三国独立、ひまわり4号打ち上げ…色々歴史的な事がありましたが、9月6日といえば黒髪ロングの日なのですよ。

黒髪ロング祭作品まとめ

9月6日に黒髪ロング祭などという誰得イベントが開催されました。そして、4日遅れで今更感全開なのですが、私も主張したい。黒髪ロングは素晴らしい、と。4日も遅れているので、ぎゃふんという黒髪ロング記事を書きたいものです。

というのも、最近の週刊少年ジャンプを読んでて特に思うのです。最初から最後まで卍解し続けて突っ走った「To LOVEる」連載終了後、ジャンプにエッチなラブコメが消えました。なんという事でしょうか。これこそ文化消失ですよ!はっきり言って単行本に乳首修正を加える「保健室の死神」だけでは戦えません(何と?)。

我々が「電影少女」や「てんで性悪キューピット」を通して性に目覚めたように、今の子供にはジャンプのお色気漫画で目覚めて欲しいものです。このままでは「スケットダンス」によってTSに目覚めてどっかのニュースサイト管理人のようなHE・N・TA・Iが増加してしまいます。これはこれで由々しき問題ですが、それは脇に置いといて。

今のジャンプにはラブコメが不足しているのは明らかです。それでも王者ジャンプは流石と言うか、私の琴線に触れまくるキャラが2人存在します。

1人目は「べるぜバブ」の葵姐さんこと邦枝葵以前に散々語りましたが葵姐さんがデレるまでの展開は見事としか言いようがありません。もう1人はご存知「ワンピース」のハンコックです。


葵姐さん / ハンコック

葵姐さんもハンコックも主人公に惚れてしまうという共通点があります。それはグンバツで可愛いというもの。そしてもう一つ2人には共通するものが。それが黒髪ロングなのです。葵姐さんもハンコックも主人公に惚れてしまい、髪型は黒髪ロングなのです。これは有利です。

黒髪ロングを制する者はジャンプラブコメ漫画を制する!

ジャンプラブコメ漫画の金字塔「きまぐれオレンジロード」は黒髪ロングの鮎川まどかと金髪ショートの檜山ひかると優柔不断の主人公が行ったり来たりする三角関係でした。最後の勝者となったのはまどかです。ひかるちゃんはライクで鮎川は…とラブを勝ちとったのです。かの「I's」でも黒髪ロングの葦月伊織はショートの秋葉いつきやワカメの磯崎泉を蹴散らし勝者となりました。


鮎川まどか / 葦月伊織

「きまぐれオレンジロード」や「I's」というジャンプのラブコメ漫画の代表作において、黒髪ロングはヒロインとなりうる事を証明しました。ジャンプというアンケート至上主義の雑誌で黒髪ロングの娘がヒロインとなるという事は最も支持されている事の証明ともいえます。

ジャンプが黒髪ロングっ娘をヒロインとするなら絶対なのです。黒髪ロングを制する者こそ、ジャンプラブコメを制するのは歴史が証明しています。人気至上主義のジャンプで黒髪ロングがラブコメのヒロインとなるなら、黒髪ロングこそ王道でポピュラーなのです。万人に支持されている。葵姐さんもハンコックも見事な黒髪ロングですので、まさにヒロインというに相応しい

約束された勝利の黒髪ロングですよ!


ジャンプラブコメは黒髪ロング…?

え。

やっぱり発行部数日本一で一般人もよく読む雑誌ですから黒髪ロングに人気が集まるのも仕方ありません。最も支持されるオーソドックなのが黒髪ロングなんですよね。

「電影少女」のもえみちゃんは折角の黒髪ロングをバッサリ切ってしまったが故の敗因と述べる研究者もいるとかいないとか。髪の毛さえ切らなければあそこから再逆転可能だったのに。「To LOVEる」にしても春菜がショートカットでなく黒髪ロングだったら余裕でララに勝てたとか何とか…(古手川さんはエッチ要員)。つまり、ジャンプラブコメにおいて黒髪ロングのヒロインは勝率の高さは信頼と実績によるものなのです。


信頼と実績の黒髪ロング…え?

ん。

おかしいな。気付いたらパツキンショート娘に信頼と実績の黒髪ロングが敗北していたでござるの巻き。

おいおい、今までジャンプが積み上げて来た黒髪ロングが敗北するなんて信じられません。そもそも「いちご100%」の作者河下水希先生は「りりむキッス」にしても「あねどきっ」にしてもメインヒロインは黒髪ロングじゃないですか。何で「いちご100%」だけ黒髪ロングっ娘の東城が敗れ去ったというのか。

最大の敗因はボッキボキにへし折ったフラグです。例えば夏に合宿行けば、豪雨に見舞われ2人きりのボロ小屋で夜を超すという最上のイベントが発生し、真中も東城も服を脱ぎ脱ぎして背中合わせでドッキドッキな神様の悪戯を経験したと思ったら…。


寝る

何を寝てんだ!
真中なんて2人きりで小屋で過ごす夜に「次に東城が俺にしがみついた時、その時俺は―」とヤる気満々で東城をロックオンしていたのに、1人でグースカ寝てフラグをへし折ってしまいました。

そう、可哀想なぐらいに東城はフラグをバッキバキへし折った結果、西野の敗北してしまったのです。なんという宝の持ち腐れ。空からのいちごパンツに始まり、メインヒロインだったはずがフラグを折りまくった末に惨敗です。

黒髪ロングっ娘の東城にとって最大最後のイベントはというかルート分岐イベントのチャンスは2つありました。真中が西野の三度目のキスとか舐めた事していた時、東城はブラジャーをなくしてしまったのです。教室でブラジャーを探す東城の前に颯爽と現れるは真中です。もう物語も終盤で、ここでの一挙一動によってルートが確定すると言っても過言ではありません。


EDまであと少し

ブラジャーを無くしてしまった東城は1人で教室で探索し、真中がぬけぬけと現れ何してるのか気からたら、「何でもないの!」と答えて死まいました。渇だなこりゃ!東城は選択を間違えたと言わざるを得ません。ここでギャルゲや乙女ゲームなら以下の選択肢が選べたはず。

真中「…何してんの?」

「えっえ〜と…何でもないの!」
  「えっえ〜と…ブラジャーを無くしちゃったの」

完璧に選択肢間違えちゃってますよこの娘。ここはブラジャーをなくした事を正直に告白してドキッ!一緒にブラジャー探索イベントへ繋げるべきなのに、フラグをサックリへし折ってしまいました。

そして最悪のイベントが告白です。既に西野とキメちゃった真中に今更告白して散ってしまい、遅いよ何やってんの!、と総突っ込みされてもおかしくない状況でした。しかし、これが東城ルートへ進む最後の選択肢だったのです。


最後のルート分岐

それは扉越しに想いを伝えるというものでした。

勝てるかアホ!何を今更扉越しで告白してんだ、と。相手は歩くフェロモンの絶対結界を張りめぐらす西野です。何が顔見たら言えないですか!こんな昭和時代の告白が役立つはずもありません。こんなの現代社会ではクロスチャンネルの姉弟和解ぐらいしか通用しませんよ!

ここは後ろ向きになってお尻を突き出しいちごパンツを披露しながら告白ですよ。そうすれば真中なんか赤面して「かああああ」となって、一発で勝負有りですよ。


理想的な告白ポーズ

東城はいちごパンツを見せながら告白すれば、真中なんてイチコロです。赤面してあっさりと東城に転ぶことでしょう。つまりお色気アタックです。これなら西野に勝つる!まあ、そんな東城はたかすぃさんが認めませんけど。お色気で押せば勝てた勝負なのに、使わずして西野に敗北してしまいました。これでは寝技が得意な選手があえてスタンド勝負をするようなものです。実にもったいないです。

えっと…何の話でしたっけ…?あ、そうそう黒髪ロングはジャンプラブコメでは最強という話でしたね。私にとって「いちご100%」はジャンル的にいちごパンツ漫画に分類されるので、ジャンプラブコメにカウントされません。

つまり、葵姐さんとハンコックは約束された勝利の黒髪ロングだという事に変わりありません。黒髪ロングの2人は勝利すべきヒロインなのです。って、よく考えたら「べるぜバブ」も「ワンピース」もラブコメ漫画じゃあちませんでした。ぎゃふん!



トップ