◆ピッコロ(2)◆

ついにナッパがZ戦士に牙をむきます。ゲームで死んだヤムチャを尻目に死闘の幕開け。

まずは天津飯に襲い掛かるナッパ。
ピッコロは必死で
「よけろっ!!!!」
と叫びますが、言うことを聞いてくれませんでした。

片腕を失った天津飯の救出に向かうクリリンに
「ほっとけ!!やつは、もうダメだ!!」
と必死で忠告しますが…

スポンサードリンク


汚いぼろクズの如く忘れられてるヤムチャ

「うるせえっ!!!!」
と聞く耳もってくれません。どうやら求心力0のようです。1人で叫んでバカみたいでした。

そして、超能力がきかず役立たずの餃子がナッパの背後に回って自爆します。

皆が悲しんでる中、一人マヌケ面で笑うアホが1人。我らのピッコロ。

「自爆して相打ちとはな…思い切った事しやがるぜ…あのチビにしちゃ上できだ…」
と1人勘違いするマヌケっぷり。

自分の勘違いを隠すために、作戦を立てますがべジータに聞かれ「いい作戦だ。健闘を祈るぞ」と舐められます。

怒ったピッコロは
「余裕だな…しかし、そうやってマヌケ面で笑っていられるのも孫悟空が来るまでだ…」

マヌケ面で笑ってるのは、ピッコロのほうなのだが…

しかもライバルの孫悟空頼みです。完全に人任せのピッコロ。


そしてクリリンとのコンビネーションでナッパに隙を作ります。ピッコロは必死に
「悟飯いまだ!!!撃てーーっ!!!!」
と叫びますが、言うことを聞いてくれませんでした。ここでも求心力0が浮き彫りに。

天津飯もくたばり、最後の頼みのピッコロが「これほどの怪物だとは思わなかった」とチキンっぷりをアピールする中で神様ががピッコロの死を予言。


ピッコロの死をばらす神様

先を何も考えてない鳥山明先生がはやくもピッコロの死を決定。この段階で死ぬことが決定したピッコロは、本当に作者に好かれてるんでしょうか…

クリリンに勝算を聞かれても「これほどの化け物だとは思わなかった」と身の程知らずに闘いを挑んだだけだと判明。

最後の手段のサイヤ人の弱点のシッポを握る作戦を立てるピッコロですが、あえなく失敗。



もう駄目だコイツ

結局何に役に立たないまま気絶。クリリンが気円斬で意外な活躍をする中、何の役にも立たないピッコロは、得意の不意打ち。



不意打ちしか出来ない男

不意打ちでしかまともに闘えないピッコロ。自分は殺されないことをいいことにやりたい放題です。

ここで、悟空が急接近。べジータがナッパにピッコロも殺せと命令。殺されないとタカをくくっていたピッコロは大慌て。



ビビルピッコロ

殺されないと思っていたのに、この必死の形相。汗までかいてびびりまくるピッコロはまさにチキン。

あとは悟飯をカバって死亡。

悟飯を庇い涙を流しながらのお別れの感動シーンは、妄想大好き少女なら同人誌の3冊ぐらいは描けそうな雰囲気でした。

スポンサーリンク

その後切れた悟飯が魔閃光でナッパの左腕を痺れさてました。


Z戦士の今回の戦歴。

ヤムチャ ゲームで死亡
餃子 無駄に自爆、ナッパはビックリした
天津飯 気功砲でナッパの戦闘服を破壊
クリリン 気円斬でナッパの頬を切る
悟飯 魔閃光でナッパの左腕を痺れさせる
ピッコロ 不意打ちでナッパに一撃

このように、ヤムチャは論外だが餃子や天津飯やクリリンや悟飯とたいして変わらない活躍しか出来ずに死亡という最悪の結果。


悟空の活躍でサイヤ人を退けたが、ナメック星で無能どもを生き返らせることに。

そのナメック星で、悟飯たちが大変な目にあってる中でピッコロは悟空の後を追う形で界王さまの下で修行をすることに。今更無駄です

ライバルの悟空は界王星の2倍である20倍の重力になれてました。実力の差は開く一方。


一方、悟飯はドドリアに追われたり、べジータがナメック星人を殺してる気を感じて歯がゆい思いをしてる時、ピッコロも頑張ってました。



頑張るピッコロ

ギャグを

ちなみにアニメ版では、天津飯はヤムチャに教わった
「鼻くその秘密を、そっとハナクソウ…」
という意味の分からない駄洒落を顔を真っ赤にして叫んでる中、ピッコロは意味不明な言葉を並べて界王さまを笑わせてました。


その後も界王さまの下で無意味に修行するピッコロたち。そんなピッコロ達を尻目に、ナメック星では怒涛の展開が続いてました。

既にピッコロ達など読者が忘れていた時、ドラゴンボールが全て揃い、いよいよ生き返ることに。

しかし、本場ナメック星のドラゴンボールは1度に1人しか生き返れないことが判明。3人しか生き返らせられないと聞いて、誰を生き返らせるか困惑するクリリンと悟飯。

そこに、ピッコロが悟飯に語りかけます。

「よく聞くんだ!!ひとつめの願いで、このオレを生き返らせるんだ!!」

エゴイストここにあり。
このわがままの戯言はさらに続きます。2つ目の願いで自分をナメック星にとばせとほざきます。フリーザを自分が倒すと言い出します。

「オレはここで、遥かに力を増した!!」

デカイ口叩いてますが、界王さまのとこで修行しても戦闘力は数万程度。悟空が100倍の重力で修行してる時も、10倍の重力でヌクヌクと過ごしていたピッコロ。

53万の戦闘力を誇るフリーザに歯が立つわけがありません。身の程知らずもいいところです。正直、ヤムチャと互角と予想される戦闘力で今更出てこられても足を引っ張るだけです。


身の程しらずにフリーザの所に向かうピッコロだが、1人のナメック星人を発見。フリーザにボコボコにされたネイルです。

ここでネイルと同化しようと話を持ちかけられますが、身の程知らずのピッコロは断ります。

断ったピッコロですがネイルの
「このまま行って、フ…フリーザに殺されるがいい…」
とピッコロの身の程知らずっぷりにダメだし。

ここで、ようやく自分の実力が分かったピッコロはネイルと同化することに。


同化したピッコロ

「勝てる!!!あいてがどんなヤツであろうと負けるはずがない!!!」

と1人叫ぶピッコロ。頭がおかしくなったのではないだろうか…

フリーザの下へ向かって飛んでる時も、
「うははははーーーっ!!!!」
と馬鹿笑いしてました。はたから見ればちょっと危ない人です。


ネイルと同化したピッコロはフリーザと闘うことに。調子に乗ってるピッコロは、
「オレひとりでやる。おまえたちは手をだすな」
とタイマンを要求。

クリリンやべジータが勝てるわけないと言ってると、弟子の悟飯は
「ピ…ピッコロさんは、相手の力がわからないような人じゃない…」
と看護してましたが、ラディッツやナッパ戦では身の程知らずを浮き彫りにするだけだったような…

そんな心配をよそに、ピッコロの実力は想像以上。なんとフリーザとまともに戦ってました。

ピッコロとフリーザの対決は、ピッコロが終始互角以上の展開で凄いと思ったら、フリーザはさらに変身できる事が判明。

圧倒的戦闘力のフリーザにびびるピッコロは、いきなり逃走をはかります。

「くそったれ!!パワーがてめえならスピードはオレだ!!!一生かかっても追いつけんぞ!!!」

と鬼ごっこをはかりますが、フリーザのほうが遥かにスピードが上。

「これは、これは、おひさしぶり…」
と完全にコケにされてました。

その後は一方的にボコボコにされる始末。フリーザとまともに戦ったのは僅か22ページ。

1話とちょっとしか活躍できず、後はいつものチキン野郎に逆戻り。

先ほど
「勝てる!!!あいてがどんなヤツであろうと負けるはずがない!!!」
と、天に両手を上げて叫んでいたのは嘘のようです。

その後、フリーザが最終形態。べジータがパワーアップし折角優位に立ったのに立場逆転。当然の如くクリリン達と一緒にその他扱いのカマセ犬。

悟空が登場し、いよいよ立場がなくなったピッコロ。

スポンサーリンク


己の立場を理解してるピッコロ

「きさまら、この場からはなれるんだ!!オレたちはジャマだっ!!!」
と己の身の程をわきまえてました。

悟空とフリーザが1対1で闘ってる中、ただ見てるだけのピッコロ。やられ始め、元気玉でフリーザを倒そうとする悟空。

バレないように元気玉を作っていましたが、ついにバレてしまいました。そこにピッコロが得意の不意打ち。

久々の活躍の機会、ピッコロが時間稼ぎをするかと思いきや、

「はやくしろ悟空!!!オレの力では、今の不意打ちだけでせいいっぱいだ!!!」

自分で不意打ちしか出来ないことを棚に上げてなんて偉そうなんでしょうか。

結局スーパーサイヤ人となった悟空の活躍で、フリーザをたおしました。

この時、フリーザの追跡気円斬を巡って悟空とフリーザは

こんなのが最後の技とは、見損なったぞフリーザ。」
「こっち向かってギリギリでかわしオレに当てようってんだろ!!そんな、つまらん作戦にひっかかると思うか…!!!」



つまらん作戦にひっかかた男


悟空の活躍で無事地球で生き恥をさらすピッコロだったが、フリーザ親子が来襲。

ビビルだけのピッコロ達を尻目に、未来からきたトランクスが活躍しフリーザ親子を撃退。

何の役にも立たなかったピッコロですが、ここで悟飯に何故ナメック星人の人たちと一緒に行かなかったかと尋ねられ

「刺激のない退屈な生活はゴメンだからな…」

とカッコつけてた割には、フリーザ親子襲撃時はビビリまくってました。

ピッコロ(3)

戻る  トップ