◆長谷川一志◆

神奈川NO2の名門翔陽高校。ベンチ入り出来ない部員が数多く存在する。その中でフォワードのポジションを勝ち取った男。果てしなく目立たなかった男。長谷川一志。


その男は、三井が便所にいる時、威風堂々とデカイ口をたたき出した。

「三井の得点は5点以内に抑えるよ。」

スポンサードリンク

中学MVPの3ポイントシューター三井寿を5点以内に抑えると言い切った。凄い自信である。流石、名門翔陽のレギュラー選手だ。

藤真に試合前にカツを入れる為に、
「今年こそ…オレたちがNO1だ」
と言われ目を光らせヤル気十分な様子。
「さあ気合入れて行けよ!!」
と言われ「おう!!!」と相当ヤル気があったのか



まるで空手家です。とてもバスケットの格好とは思えません。今にも「オスッ!」と言い出しそうです。明らかに無駄にヤル気ありますコイツ。


そんな空手家のような長谷川、三井を「5点以内に抑える」と言って敵視してましたが、当の三井は顔が思い出せませんでした。ただの独りよがりであった。むしろ顔のインパクトが無さ過ぎて覚えてなかったのかもしれない。本当に目立たない男だ。

スポンサーリンク

長谷川の試合内容は、前半まったく出番がありませんでした。それ以前に喋りませんコイツ。デカイ口叩いた試合前とは違い無口。コマに出た所といえば、桜木に庶民シュートをブロックしようとしたが、決められてる場面ぐらい。とことん目立ちません。


後半に入り湘北に逆転され、神奈川NO1ガードの双璧をなす藤真健司が登場です。その時、気合を入れる為にメンバーのケツを叩きます。長谷川以外…何だか仲間外れのようです。さらに気合を入れようと藤真が、
シラケタ顔するな!!海南が見てるぞ!!」
とハッパをかけます。それで他メンバーも燃える様に気合が入ります。長谷川以外…どこまでも仲間外れの長谷川。そもそも一番シラケタ顔なのは長谷川であった。


後半のチャージドタイムアウトの時藤真に、
「コートではもっと自分を出していいぞ」
と駄目出しされる始末。自分を出す以前にコマに出て欲しいです。2年の伊藤とかいう雑魚よりもコマに出てないです。登場場面が少なすぎるのが欠点だと思います。


どうやら自分の出番の無さに嫌気がでたのか、
「三井にボックスワンでつかせてくれ」
と再びデカイ口叩きます。この男デカイ口叩く時しか出番ありません。

そもそもこれまでの長谷川一志の存在より、高宮の「ぐほっ!!コーラはきつい!!」の台詞のほうが記憶に残ってます。


目立たなさすぎた長谷川、しかしボックスワンでマークについて三井のスリーポイントを止めます。スリーポイント1本止めたのがよほど嬉しかったのか、三井に向かって
「お前はオレに勝てない」
とさらにデカイ口をたたき出す始末。しかも試合で5点以内に抑えると調子こいといて前半だけで5点取られている始末。


その後、三井にファールを犯し、フリースローで6点目を決めました。間抜そのものです。3本のフリースローもあっさり決めて8点取られてしまいました。


長谷川の試合前のデカイ口もあっさり破られ、疲れきった三井相手にビビリ宮城にボールを取られて、さらに三井に3ポイント決められる始末。11点目です。さらに長谷川は、

「11点目…くっ…!!」
と自分のせいで決まられたのに無用に悔しがります。長谷川が三井に怯まなければ取られなかった得点です。

宮城は藤真の鉄壁の守備でボールを取られそうになり、苦し紛れに三井にパスを送ります。長谷川の腕の見せ所です。我らの長谷川の守備に期待が寄せられます。


スポンサーリンク





戻りすぎ!

無駄に戻りすぎです。『!』マーク2個もつけて馬鹿じゃないでしょうか?開いた口が塞がりません。
この男三井を追って、無駄に戻りすぎて3ポイントを決められ14点目です。スリーポイントシューター相手に戻りすぎた長谷川は馬鹿そのものである。本当に役に立たない男だ…

さらに長谷川の醜態は続きます。5点差で翔陽リードで迎えた時、再び三井です。ここでも長谷川は何の役にも立ちません。あっさりとシュートを打たれます。無能そのものです。「ボールには触れなかったがバランスは崩した!!」と必死で自主弁護を行なってました。情けなさ過ぎる。ちなみに17点目です。


そしてこの試合何の役に立たずに湘北に逆転負けを喫しました。あの時、三井にビビらなかったら翔陽の勝ちだったと思うと悔やまれます。



長谷川一志をまとめると…

・試合前、三井を5点に抑えるとデカイ口を叩く。
・素人桜木にシュートを決められる。
・伊藤より出番がなかった。
・コートよりコマに出て欲しかった。
・三井にビビル。そのせいで翔陽敗退。
・5点と抜かして20点取られた。

戻る  トップ