◆浅倉南◆

ヤクルトスワローズ「タッチ」の南ちゃんをイメージキャラクターに起用。


野球人気の低迷を救う為に、あの人気漫画タッチの南ちゃんがイメージキャラクターになりました。 誰もが感動した名作タッチ。

♪タッチ、タッチ、ココにタッチー

このフレーズで愛されたタッチ。 一体何処にタッチするのかは不明ですが…

「甲子園連れてって…」といって、上杉和也君に野球をやらせて、 和也が地区大会決勝へ向かう途中に交通事故で死んでしんでしまうという悲劇。 南ちゃんが「甲子園連れてって…」なんて無責任な事を言わなければ、 和也は死ぬこともなく野球をやらずに、平凡な人生を送っていたと思うと悔やまれます。


そんな若い青年の命を奪った無責任な南ちゃんがイメージキャラクターですか。 そもそも、南ちゃんを永遠のアイドルのように扱うこの世論が納得出来ません。

この女は、「甲子園連れてって…」と無責任な事を言っといて和也を帰らぬ人にしたばかりか、 和也の双子の兄、上杉達也が見事に甲子園出場を果たしたのに、 この女はノウノウと新体操をしていたのです。

あれほど「甲子園に連れてって…」と言ってた南ちゃんは、新体操にあけくれてたのです。 どうやら南ちゃんは、甲子園にそれほどこだわりを持ってなかったようです。

僕が南ちゃんなら、新体操部を辞めてでも甲子園に応援に行ったはずです。 それをこの女は、甲子園なんてソッチのけで、新体操で全国制覇を達成です。 これでは、死んだ和也も浮かばれません。


南ちゃんの性格の悪さは有名ですね。
達也と南ちゃんが2年生の時、須見工業高校と練習試合をしました。 この時、先発は達也でなく吉田という雑魚キャラでした。

野球の監督ならば試合に勝つためにあらゆる手段を使うのが監督です。 それを南ちゃんは、幼馴染の達也が先発でなかったのが気に障ったようです。

何と目上の人である監督に対して、白髪があるといい痛がる監督の髪の毛をムリヤリ抜くという陰険な行動を行い。 ファールボールをわざと監督と校長先生にぶつけるという、 悪質な暴力を行ないます。

目上の人に対するという思いやりがまったくなっておりません。 この女は女帝にでもなったつもりなのでしょうか?

さらに、野球部員(ちなみに久保田)がエラーをしました。 普通なら「ドンマイ」と言って慰めるのがマネージャーですが、この女は、

「今のは完全にエラーだぞ、怒ってもいいぞォ。」

と野球部のマネージャーとしてあるまじき言動を行ないます。 これではマネージャーをクビになるのは当然です。


そういえば南ちゃんはわがままでも有名ですね。
南ちゃんは普段達也の事を、 「長所をみんな弟にとられた、でがらしのどうしようもない兄貴。」 と散々こき下ろしてました。酷い言葉です。 基本的人権を完全に無視しております。

さらに、南ちゃんの友達が同じことを言うと、怒り出す始末。 何でも彼女曰く「他人が言うと腹が立つ」とい事らしいです。 何てエゴイストなんでしょうか? 自分は言ってもいいけど、他人が言ってはいけないとほざきます。 これでは「お前のものはオレのもの。オレのものはオレのもの。」 と言ったジャイアンと何ら変わりありません。


そして、新田がポッポという犬のせいで交通事故を起こしてしまいます。 そもそも南ちゃんを送ったりしなければ新田は交通事故など起こさずにすんだのですが、 この女は本当に疫病神ですね。

さらにこの女は事もあろうことか「タッちゃんも無関係じゃない」 と達也に責任を擦り付けてきます。 しかし、実は犬は南が拾ってきたのであって達也がメシの面倒をみてきたのでした。 完全に達也は無関係なのに犬の世話までやらされ、責任もなすりつけられるという始末でした。 南ちゃんの器の小ささが伺えます。


そもそもこの女の陰険さは常軌を逸してます。
地区大会決勝戦の対須見工業戦。
南ちゃんは、試合中にトイレに行き、達也のライバル新田の妹、 新田由加に会い、


「全国高校生のアイドル浅倉南さんが、トイレなんかに何のご用かしら?」

「まさかこんな美人がオシッコするわけないしィ。」

「ましてや○×△なんか、ねぇ。」


と後輩にからかわれ、仕返しをします。






なんという陰険な仕返しでしょうか。
後輩に口でからかわれただけで、トイレの出口を塞ぐなんて悪質なイジメとしか思えません。 本当に、器の小さい女だ…





まあ語ればキリのない南ちゃんが、 ヤクルトスワローズのイメージキャラクターに抜擢されて僕は嬉しい限りです。 ちなみにどんな感じで応援しているのでしょうか?




小さくて見え難いですが、これが南ちゃんでしょうか。
逆上美空、若松みゆき、古賀はるか、等に見えてしまうのは僕の気のせいでしょうか?

しかし、あだち充氏は天才ですね。
男の萌心をガッシリと掴んでおります。 ズボンやスカートをはかずに、大きなシャツを着てパンツが見えそうで見えない… まさに究極のちらリズムです。ヤワラやちょびっッ等でも多用された大きなシャツでのちらリズム。 まあ、野球とちらリズムはまったく関係ないと思いますけど。


僕は南ちゃんの大ファンです。

戻る  トップ