◆サイレントナイト翔◆

聖闘士星矢の大ヒットで味を占めたのか、巨匠車田正美が送る変身モノ漫画。サイレントナイト翔。



車田正美

基本的に聖闘士星矢と同じ設定です。熱い中学生の最下級戦士が主人公で上級戦士を倒していくという物語になるはずだったと思います。

聖闘士星矢の大ヒットの次回作として颯爽と登場して、わずか13週で打ち切られた漫画です。

主人公は13歳の翔という少年。聖闘士星矢の星矢と見た目は同じです。そしてキャプテン翼の翼君がボールが友達というように、この翔も鳥のピイたんだけが友達。

物語は暴走族に喧嘩を売っている場面から始まります。


13歳の中学生が果敢に喧嘩を売る


なんでも暴走族が、親友で兄弟である鳥のピイたんにパチンコ玉を打ったという事が原因らしいです。そして爆裂拳という技で暴走族をボコボコにします。


話は進んで恐竜みたいな敵と戦うことになってしまいます。なんでも翔は、新人類として選ばれた人間らしいです。

エボリューション(変身)して戦えといわれますが、そんなこと出来ないと逆ギレします

翔が大ピンチになった時、親友であり兄弟である鳥のピイたんが現れ敵にやられてしまいます。



ピイたん…


14歳の少年はピイたんがやられた事で、13年間一緒にいたピイたんの思い出が走馬灯のように写り、怒りでエボリューションします。

この走馬灯の中にピイたんと熱いキスをしてるシーンがありました。どうやら兄弟で親友で恋人だったようです。鳥と…




鳥とお喋りする中学生


エボリューションした翔は一撃で敵を倒しますが、ピイたんは残念ながら死んでしまいました。死ぬ間際に鳥のピイたんと普通にお喋りしてた翔がとっても素敵でした。


このサイレントナイト翔は、車田漫画には珍しいシーンもあります。



車田漫画には珍しいサービスシーン


今まで女性の裸のサービスシーンとは無縁だった車田漫画(男のサービスシーンは沢山あります)ですが、この漫画は女性の裸のシーンまであります。


中学生の翔が朝起きたら、裸の紫鈴(シーリン)が同じベットで隣に寝てたりと、今の少年漫画なら問題になりそうです。


このサイレントナイト翔は、聖闘士星矢の変身、階級制度、ドラゴンボールの戦闘力といったおいしい所取りです。

最初の翔の戦闘力は68.2だったのですが、いきなり2040の敵に勝ったりと成長力はドラゴンボールの悟空以上です。


物語は進み、翔は死にそうになります。仮死状態となった、翔を救う為に紫鈴はチャージを使います。チャージというのは、自分の体力を相手にあげて回復するという技です。

チャージによって体力を回復するんですが、このチャージも今までの車田漫画にはないシチュエーションです。



チャージ


どっからどう見ても、完全に騎乗位です。冗談ヌキで入ってるようにしか見えません。
これでエネルギーが上の紫鈴から下の翔に移動です。

少年漫画お決まりの寸止めの方式を崩した車田先生に脱帽です。


この後、仲間になるはずだった奴らも登場です。紫龍と瞬にそっくりな、タイガーの皇虎とピーコックの涼。

涼の性格が悪くて、物語が進むにつれてよくなっていくはずだったと思われます

皇虎は、とてもクールなヤツで漫画が続いてたら人気が出てたと思われます。



恥ずかしい台詞をクールに…


皇虎の武器の七星剣は何でも斬れるらしいですが、1つだけ斬れないモノがある。人の心です…

ルパン三世のコンニャクだけが斬れない残鉄剣をもつ五右衛門も赤面してしまうぐらい恥ずかしい台詞でした。



少年漫画のバトルモノにはお馴染みともいえる敵の幹部達。サイレントナイト翔も伏線として序盤から敵の幹部が沢山登場します。

ダイの大冒険と比べると、序盤ダイの大冒険は魔王軍六団長という敵幹部が登場しましたが、長期連載の為に敵が足りなくなってしまい、どんどん増えていきました。(バランの3人の部下、ザボエラの息子、キルバーン、オリハルコンで作られたチェスの駒軍団)

敵が増えていったダイの大冒険に対して、サイレントナイト翔の敵幹部は日の目を見ることなく、消えていきました。可哀相で泣けてきます。



謎のまま消えてしまった敵幹部


そして、物語は皇虎と涼が仲間になりそうなところで、終わってしまいます。男坂よりもはるかに中途半端に…



NEVER END


男坂で「未完」と伝説を残した車田先生ですが、今回も伝説を残してくれました。NEVER END




92年48号のジャンプ


ちなみに打ち切られた92年48号のジャンプは、こち亀が連載800回を迎えた記念する号でした。この時車田先生はジャンプの巻末コメントで、

………………………………Good bye。

と一言を残して、二度とジャンプに帰ってこなくなったのも、今や伝説ですね。

戻る  トップ