MAMORU & THE DAViES 2005.3.8 JIROKICHI


なんと大晦日以来、約2ヶ月振りのマモル&The DAViESライブです! 「冬は寒みーからあんまり動きたくねーんだよ」とワタナベマモルは言いますが、それにしても、ずいぶんご無沙汰しておりました。

メンバーが登場して曲が始まったとたんに、3人のビートがかたまりになって押し寄せてきて、思わず鳥肌がたつほどでした。 「今日は気持ちイイなぁ〜」というMCの通り、久しぶりのライブとは思えないほどバンドサウンドは確立されていてマモルの唄とギターが気持ちよくノッっています。そして今日はブルースハープが大活躍。 マモルがハープを吹くたびにお客さんから歓声が聴こえて、実はブルースハープマモルのファンが多いことをあらためて知りました。

名曲『天才きどり』で始まった第2部。 この曲をライブで演奏するのはずいぶん久しぶりです。「今日は天才きどりが聴けて嬉しかった!」という皆様からの声が多数寄せられました。 ところで、ライブ中ずっとステージの後ろにスクリーンがぶら下がっていて不思議に思った人もいたのではないでしょうか。 何と本日、2月下旬に撮ったばかりの、あの噂のプロモーションビデオを先行上映いたしました! マモル&The DAViES、初のプロモビデオです! まだ編集の途中段階だというのに、出し惜しみしないところが素晴らしい。出演はマモル&The DAViESの皆さん、撮影・監督はコンちゃん! 曲は『キャデラック2号』!! タイトル画面でいきなりマモルが弁当を食っているシーンが流れてすでに笑い声が飛び交っておりましたが、とにかくこれが面白い!演奏シーンはもちろん、マモルがキャデラック2号に乗って街を爆走するシーンやマサルとコンちゃんの迫真の演技など、たった数分の曲の中にかなり盛りだくさんの内容となっております。 今後、どのようにして皆様にお届けすることになるのかまだ謎ですがとにかく絶対見て欲しいので、期待しつつ気長にお待ちください!

もちろん、プロモビデオを流した直後に演奏されたのは『キャデラック2号』。 勢いに乗ってライブは続き、泉谷しげるの名曲『春のからっ風』は申し訳ございませんが、オリジナルを超えました。泉谷本人が聴いたら降参するかもしれません。 そしてマモル&The DAViESの大名曲『ヒコーキもしくは青春時代』からラストまで、楽しい時間はあっという間のワンマンライブでした。

(文:ニューオリンズ菅原)


マモル&ザ・デイビス 20005.3.8 高円寺ジロキチ

<1部>
1)ひとりで何ができるかな 2)オイラの部屋へおいでよ 3)ヒットパレード 4)あの娘が知ってる 5)落ち着ける場所 6)野球小僧 7)思い出を作ろうよ 8)冗談だろ 9)君のコトばっかり 10)Hey!キャデラック 11)Good Old R&R 12)炎のパブロッカー

<2部>
1)天才きどり 2)恋をしようよ 3)間がもたねぇんだ 4)キャデラック2号 5) I Got A Woman 6)スキンシップは特効薬 7)メンドクセー 8)春のからっ風 9)ヒコーキもしくは青春時代 10)スキだらけで行こう 11)メンフィス 12)ヒッピーヒッピーシェイク

<アンコール>
1)ECHO 2)君はボクのどこが好きなの


LIVE REPORT のTOPへ
TOPページへ戻る

Copyright © 2005 SIMPLE RECORDS All Rights Reserved  このページの文章・画像などの無断転載はご遠慮下さい。