2005年6月11日(土) 西荻窪 CLOP CLOP
出演: 山川のりを / ワタナベマモル


地味な夜シリーズも第4回目となりました。今回はギターパンダでお馴染みの山川のりをさんをゲストにお招きしました。このカップリングの弾き語りライブを東京でやるのは、意外にも何年ぶりではないでしょうか。

最初に登場は、自称ボブディランヘアーの山川のりをさん。井上揚水ヘアーとも林家ペーヘアーとも言えましょうか。本日はパンダさんお留守番でした。CLOPのマスターがリハの時から「いい声してるね〜」と感心しておりましたが、のりをさんの唄とギターが店中に広がって、すっかりいい雰囲気でございます。“仲良しライバル”を歌い終わった後、「この曲をマモル君に捧げます」と言っていましたがまさに今日のために作られたような曲でした。そして、のりを名物コール&レスポンスでお客さんがすっかり盛り上がったところでワタナベマモルの登場です。

この「地味な夜」シリーズの弾き語りライブでは回を重ねるたびに新境地を開拓しつつあるマモルですが、今日はギターのタッチが今までと違う!どうやら弾き方に秘密があるようですが、リズムがバシバシ聴こえてきて荒っぽく図太い音が妙にかっちょいいです。まるで黒人のオッサンのようです。“恋をしようよ”や“君のことばっかり”ではアレンジがガラッと変わって、お客さんからどよめきが聞こえてきました。次回のライブでは、また全く違うものになってるかもしれません。音楽が、日々変化する生ものであることを実感しました。

2人の演奏が終わって、お待ちかねのアンコールですが、今日はもう、アンコールというより3ステージ目のライブでした。あらかじめスタンバイされていたドラムセットには、当然マモルが着席。「せっかくのりをがいるので、オレはもう唄いませ〜ん」と、のりをさんの曲にマモルのドラムで“お弁当箱”や“10円”など、絶妙なリズム感と阿吽の呼吸で、すごい演奏を聴かせてくれました。これからもこの2人は、同じ温度で音楽を感じることのできる、同志でありライバルであり続けることでしょう。


【 ワタナベマモル セットリスト 】

1. ひとりで何ができるかな
2. 南新宿のうた
3. One After 909
4. 恋をしようよ
5. 地味な夜
6. 動き出すNo Where Man
7. ひじき
8. ヒコーキもしくは青春時代
9. 8月4日B級劇場
10. 君のことばっかり
11. メンドクセー
12. ハレンチな夜




新発売DAViESバッジ


ボブディラン免許取得中


“スキンシップは特効薬”


カルピスプレスリーさん


名コンビ


LIVE REPORT のTOPへ

TOPページへ戻る

Copyright © 2005 SIMPLE RECORDS All Rights Reserved  文章・画像などの無断転載はご遠慮下さい。