この日の高円寺は阿波踊りの真っ最中。駅を降りたとたんに人の多さと祭りの熱気で街中が大騒ぎでした。
お囃子の日本古来のリズムも捨てたもんじゃないですね。もういつのまにかテンションが上がってしまいます。
JIROKICHIに来るお客さん皆がそんなカンジで、店に入ってくる足取りも軽やかでした。この店は床がシブい板張りで落ち着いたつくりなのですが、お客さんの様子は落ち着いちゃあいらんないと言った具合で、ライブ開始前から雰囲気はバッチリ。

大歓声の中、メンバー登場。イカしたビートでしょっぱなからすっ飛ばされました。CD発売ツアーで九州〜西日本を経て、今日は久々の東京ライブ。メンバー3人のR&Rな旅気分が伝わってきて、じっとしてはいられません。
新しいCDからのラインナップも盛りだくさん。
“キャデラック2号”ではイントロが始まったとたんに「は、速えぇーー!」というマモルくんを尻目に マサルとコンちゃんは構わずリズムキープ。ものすごいスピード感のある演奏でした。「東京のお客さんなのに、今日はやけにテンション高っけーなあ!」というMCの通り、1stステージからお客さんはノリノリ。メンバーと共に突っ走って休憩タイムへ。

休憩の間に酒がどんどん売れて、さらに盛り上がる予感。実はJIROKICHIのドリンクは酒の量が多いと評判なのです。まったくトーンダウンすることなく2ndステージに突入。
“オンボロ列車”が始まると、このR&Rな旅気分がこれからも続くというカンジで どこまでもついて行きたい気持ちになりました。
マモルくんの「バカロック復活だーー!」の宣言を受けて、前のほうでも後ろのほうでも、勝手に踊ったり叫んだりでお客さんもバカ騒ぎ。盛り上がりは最高潮に。 最後まで走り続けて“R&R HERO”でひとまず終了。

アンコールは2回。
今日はワンマンで2ステージだったので曲数も多く、たっぷり聴けて大満足のライブでしたが、 あまりにも盛り上がりすぎてしまったので、いちどめのアンコールのあと、メンバーが引っ込んだ後も興奮冷めやらない数名のお客さんの拍手が止まず。 そしてだんだんその人数が増えていって、アンコール続行。かなり長いアンコールが続く中、まさかのメンバー再登場!PAをやっていた店長ワオさんも大慌て!!帰りかけていた人や、もう外に出た人まで走って戻ってきて“今週週末〜”の大合唱となりました。
NOTES:ニューオリンズ菅原




 
<1部> 
1.オイラの部屋へおいでよ / 2.ヒットパレード / 3.あの娘が知ってる / 4.キャデラック2号 / 5.間がもたねえんだ / 6.野球小僧 / 7.冗談だろ / 8.君はぼくのどこが好きなの / 9.あつい夏だぜ / 10.ヘイ!キャデラック / 11.君のコトばっかり / 12.人は見かけによらぬもの / 13.ノーテンキ

<2部>
1.オンボロ列車 / 2.メイベリーン / 3.期待はずれ / 4.恋をしようよ / 5.思い出を作ろうよ / 6.二人で歩いた / 7.明日なき世界 / 8.8月4日B級劇場 / 9.ドロ沼天国 / 10.炎のパブロッカー / 11.スキだらけで行こう / 12.R&R HERO

<アンコール1>
キャロル / メンフィス

<アンコール2>
今週週末来週世紀末

 


LIVE REPORT のTOPへ
TOPページへ戻る

Copyright © 2004 SIMPLE RECORDS All Rights Reserved  このページの文章・画像などの無断転載はご遠慮下さい。