信頼と実績の亀甲実印のEIBUNDO

TOPページ/江戸はんこ(個人用)/江戸はんこ(会社設立印)/丸型実印/丸型銀行印/丸型認印/セット印鑑/会社設立印/会社手続きの方法/
個人用風雅印/個人用住所印/法人用住所印/組合せ式ゴム印(フリーメイト)/
通信販売法に基ずく表示/象牙改刻/象牙断面図/ハンコQ&A/プレゼントコーナー/当選者発表


亀甲印とは??


1979年意匠登録 第 504103号
「漢倭奴国王」の金印(国宝)で知られる後漢の光武帝は、宰相将軍の任務に
際して、亀の飾り(鈕)を施した印章に紫のふさ(綬)をむすんで下腸しましたが、

これは「印綬を佩びる」と言い、地位や官職を表徴するもので、紺綬、紫綬など
現在の日本での褒賞もこれに因んだものであります。

【亀甲実印】は栄達と弥栄を意味する、「印綬」の故事を収めたものでございます。

このように長寿と神秘性に由来し、その形は捺印の度に亀甲を生じます。

この類まれな六角形の品格ある印影はその形状的個性と相まって「首とつりがね」
といわれる実印にふさわしい「世界に1つの印章」といえます。

もちろん銀行印・認印にも使用できます。

彫刻する名前を手書きでお客様にお見せするサービス、(版下校正・無料)をさせて頂きます。
一本に付き二書体のみとさせて頂きます。
E‐Mailには書いてほしいお名前と書体(2書体まで)・実印・認印の種類と住所・お名前・職業・
年齢・E-Mailを明記してお送り下さい。E-Mail(JPG画像)でお送り致します。
≪印稿はすべて筆書き作業(コンピュータ文字不使用)となりますので添付まで4〜5日頂きます。≫

ご自分で書いた文字も修正いたします。ご希望の方はE‐Mailにてお受けいたします。

《亀甲実印 書体見本


亀甲実印 篆書体




亀甲実印 篆書体

 

尚、亀甲実印の書体は篆書体はに限らせて頂きます。またその他の書体がご希望の方の方は、
E‐Mailにてお受けいたします。

《亀甲銀行印・認印 書体見本


篆書体

行書体

古印体

隷書体




篆書体

行書体

古印体

隷書体

また、亀甲銀行印・認印の書体は上記に限らせて頂きます。その他の書体がご希望の方の方は、
E‐Mailにて お受けいたします。


アフリカ象は単一の種ではなく、サバンナ象とマルミミ象のゲノム(全遺伝情報)が
大きく異なると、ハーバード大学等の国際チームが、米科学誌に2009年に発表しています。

サバンナ象はマンモスに近く、牙も大きく、これがソフト材にあたり、
マルミミ象はアジア象に近く、牙も小さく、これがハード材にあたると考えられます。
 

送料無料・税込み ・本象牙品のお支払いは代引き限定となります:手数料無料)                                                   

亀甲型印材 

象牙
ハード材

径16、5o×48o
実印用

径13、5o×45o
銀行・認印用 

上  材

\57,000
専用ケース付

\47,000
専用ケース付

中  材

\47,000
専用ケース付

\37,000
専用ケース付

もっと詳しく印材を見たい方はココをクリックして下さい。

上材は象牙の中心に近く、目が細かくなっております。

◆ 象牙にはソフト材とハード材があり現在流通している象牙のほとんどがソフト材ですが、
その材質上、特上はありません。
ハード材は硬度、光沢、質感等、最も印材に適していますが品薄でかつ高価なので、
多くの通販店・安売り店と称する店では扱っていません。
ハード材は原材料が細いので本質的に粗目です
ハード材の並質はあまりに見栄えが悪く、印材として当店では使用していません。)
また、象牙は長く使っても変質したり磨耗しにくく捺印した印影は鮮明、しかも堅さもよく
繊細な彫刻ができる最高な印材です。

 

亀甲実印、銀行印・認印用専用ケース

亀甲型印鑑ケース1

亀甲型印鑑ケース2


亀甲実印は姓名・亀甲銀行印及び認印は姓又は名のみ彫刻致します。
ご注文は、書体名・上材か中材か・価格をメモの上《注文フォームへ》にお進み下さい。
なにか希望がある場合は《注文フォームへ》の備考の欄にお書き下さい。
本象牙品のお支払い方法は、代引き限定となります。(手数料無料)

尚、10,000円以上お買い上げの方に、のし用ゴム印の無料サービスをいたします。
詳しくは
《注文フォームへ》《ご意見箱》をご覧下さい。

《注文フォームへ》

亀甲実印のEIBUNDOバナー