+

施工例:店舗


町屋 呑み屋ヒロ 2009年12月竣工
内装

 ホルモン焼きと立ち飲みのお店の内装工事です。

打ち合わせに2ヶ月近く掛け プランニングを詳細にわたり計画してから工事を始めました。 スケルトンの状態から引き受けまして、工事期間は約1ヶ月。 

 雰囲気は和で入り安いよう敷居を高くしないイメージとコストダウンにこだわり、計画しました。

 お土産用のカウンターも併設し、やきとんのみのお客さんにも対応できるようになっています。
お土産カウンターは3枚の簡単なガラス引戸でして既存シャッターで戸締りするようになっています。
全ガラス開口ですので、道路側から厨房の焼き具合が見えるような開けたカウンターです。
 オーナー様が毎日顔を出して頂けたというのもありまして、変更の際の確認がスムーズに行えたので、こちらも納得のいくまでご説明と作成 取付をさせて頂きました。

 工事中盤から軸組が出来始めますと、序〃にお客様にもスケール感や雰囲気が伝わり始めます。 
 この辺りは こちらは図面にてお伝えできるよう勤めますが、現場立会いのもとで詳細を決めていくのが間違えないと弊社では考えてます。
 変更の際の工期は材料の納期によりますが、そこもきっちりご説明して納得いただいた上で施工致します。
 
そういった経緯と今回の立ち飲みの入りやすい昭和の雰囲気。 これをヒントに、外部に古材をアクセントに使う事にし、錆びトタンで仕上る用に致しました。
 さびトタンは弊社の工房にて希塩酸を数回に渡って拭きつけ 独特のくすんだ仕上がりにしました。
 内装は素材感の出る木目を基調とし、ラーチ材をカウンターに使ってみました。
ラーチベニアは雰囲気が出る素材なのですが、目が粗く、ささくれやすいので加工後のサンダ^-掛けやウレタン塗装や、節の処理など、気をつけて仕上げました。
 お客様にも是非次の機会があったらこちらの材料を使いたいと慶びの言葉を頂きました。  






高島平 ラーメン屋 2009年10月竣工
内装

トビウオの出汁を使ったラーメン屋さんの新装工事です。
トビウオ・海・帆船というキーワードを元に内・外装をイメージしました。

前店舗の利用出来る所は利用し、企画・施工・設計まで関わり、仕上がり運営に反映されるよう打ち合わせを重ねました。

内装壁には、普段あまり内装材としては使わないローコストで木目が強く出るラーチ材を使用し塗装仕上げとしました。


カウンタートップはタモ材30mmを使い、ウレタン塗装。 さらに付け額縁により堅牢なカウンターになっております。

椅子はこちらの店舗オリジナルを製作しました。

トビウオのオブジェはステンドグラスとなっており、店内を群れで泳いでます。
 



正面 ファサード

 前店舗の4枚引戸を取り入れ、外からのオープンな雰囲気づくりを心がけました。

 また 歩道からのお客様に対し、アイストップとなるように意識し、縦の縁甲板に絵描きさんによる壁画提灯を設けました。 どこか懐かしい気分になります。

 さらに庇を長く持たせる事により内部に人を取り込むような工夫を持たせました。混みどきの客待ちの際の木製ベンチを設置しました。 



王子つけ麺屋 五三郎さん 2009年1月竣工
内装

明るく開放的な雰囲気を持たせたつけ麺屋さんです。厨房レイアウトからカウンター高さ 棚の位置まで、細部に渡り、オーナーと現場打ち合わせしました。
 

施工前はスケルトン状態でした。 工期は引渡しまで1ヶ月かかりました。 設計もこちらの物件を見せて頂いてから1週間。そこから、変更打ち合わせを重ね、着工まで1ヶ月ほどかけました。


カウンターはタモ材30mmを使い、ウレタン塗装。 さらに付け額縁によりどっしりとした デザインになっております。

椅子はこちらの店舗オリジナルを製作しました。

厨房までFIX窓を用いて、作り手の顔が見えるオープン厨房となっております。
 
正面 ファサード

 4枚引戸により、開放時にオープンカフェスタイルになります。 前面歩道に傾斜があるため、王子駅側からの見た店構え、区役所側から見た店構えで、カウンター高さを検討しました。 花もあるからですが、シンプルかつ明るさのある正面になったと思います。

成増のつけ麺屋さん 2008年6月
施工前

新築の賃貸デザインマンションの1階にオープンする店舗新装工事です。
高島平のつけ麺やさんの2店舗目という事でよりオープンな空気感と、商店街とマンションに調和させるよう努めました。
 
カウンター施工中

 マンションベースの階高設定の為にスラブ天井一杯にダクトを配置し、いかにそれを低さを感じさせないよう職人さんに苦労してもらいました。コノ字カウンターは店の内部を広く見渡せ、つけ麺づくりを目の当たりにできる劇的な視界を演出します。
カウンター施工中2

 
カウンター完成

タモ36mmの集成材カウンターは正面5.2m奥行き600mm つけ麺は皿の数が多いため、奥行きは必要になります。
カウンター 腰壁破目板はウレタン塗装を施しました。  

富士見が丘のつけ麺屋さん 2007年竣工
施工前

現状スケルトンの店舗新装工事です。
2006年施工のつけ麺やさんの雰囲気と、地域に合わせファミリー向けのテーブル席エリアを広く設けた 店です。 細く長い店内は、手前のカウンターから奥のテーブル席に向かう目線の横に 火力の強い中華調理器具が配置してあり、オープンキッチンを目でみて楽しめるような 店内になっております。
内装施工中

塗装前のカウンターと、杉の縁甲板です。工場製品などではなく、すべて大工さんの手で作りました。

高島平のつけ麺屋さん 2006年竣工
内装

全体に和の雰囲気を持たせ落ち着いた空間を意識しました。
 床には仕上げモルタルに墨を入れ深みを出す事により、掃除の簡易さと雰囲気づくりの両面の良さが出ました。
外装 出入り口

 店舗間口一杯に開けた開口には、造り付けの木のサッシを入れ、引き残し1枚の開放的な入口になりました。
 画像下は床作業中の社長です。
 2008年春に2店舗目も出来ました。人気のお店です 

フッターイメージ