大菩薩の湯   
                   
<料金・施設>
料金:大人3時間 600円(小人400円)
 1日利用 大人1,000円 小人500円
営業時間:10:00〜21:00
定休日:火曜定休
食べ物持込:(おやつ程度可)
露天風呂・ジャグジ・寝湯・サウナ
・源泉風呂・軽食コーナー・休憩室・ホール・農産物直売コーナー
駐車場:70台
 <おすすめポイント>
・山々の眺望と自然の中の露天風呂
・静か!素朴でのんびりした雰囲気
・地元特産品の直売コーナー

<アルカリ性単純温泉>
神経痛・筋肉痛・関節痛・五十肩・運動麻痺・打ち身

<交通アクセス>
塩山市上小田原730-1
TEL:0553-32-4126
中央道:勝沼ICから国道411号経由、16km。
一般道:青梅街道、国道411号を真っ直ぐ、奥多摩湖〜柳沢峠〜大菩薩の湯。
電車:JR中央本線塩山駅から大菩薩峠登山口行きバスで、番屋下車、徒歩5分

快適度<80%>

大菩薩の湯 ★★(ご案内)


青梅街道のドライブを楽しみながら、柳沢峠をこえてたどり着きました。標高が高いのか、とても静かで、空気は澄んでカラッとしています。

こんな奥地でもかなりの入場者で、休憩室は仮眠をとる人で一杯です。ホールの所も今は休憩用のテーブルが置かれています。ハイカーがたくさんいます。

素朴で”お茶を召し上がりませんか”と差し出してくれた地元の親切なおばあちゃんもいたのですが、これほど多くの外来者がいたのでは、もうちょっと手に負えませんね。

温泉としての条件は良いのですが、日帰り温泉の距離限界で、その分快適度数減となりました。。

(評価結果)

<施設利用料> 安い・他の費用 ★★★グッド
<施設快適度> 観光・快適条件・近い ★★(距離が遠い、観光の途中で)
<露天風呂> 湯質・肌触り・眺め開放感 ★★★グッド
<仮眠休憩室> 有・無・又は快適スペース ★★★(休憩スペースが少し増えた)
<雰囲気> 従業員の対応・客質 ★★(女性従業員が少ない?)


ディテール

 ←途中の柳沢峠を過ぎたあたり

東京から青梅街道をそのまま真っ直ぐに進めば山梨です。気候も乾燥して、ドライブも快適です。(10月20日頃)
  

観光案内→ 

フルーツの産地、大菩薩峠、恵林寺、慈雲寺、山々に囲まれた甲斐の国


 
 ←駐車場

なだらかな傾斜地で、山門の入口が印象的。どこかなぜだか”甲斐の国”らしく立派です。静かな場所です。

休憩室→ 

窓が大きく眺望が開けてとても明るい感じです。大広間で仮眠しているハイカーがたくさんいました。大菩薩峠までは随分遠いのでしょうね。


 
 ←入場券販売機

ホールの片側に入口があり、横に券売機が置いてあります。カーペット敷きのホールにテーブルが置かれ、休憩できるようになりました。
 

農産物直売コーナー→ 

ホールの反対側にあります。東京ではお目にかかれない特産品もあり、売り場の右側は軽食コーナーになっています。

2001.10作成ホーム
大菩薩の湯 オフィシャルHPへ
塩山市観光情報
甲州市観光協会