四万温泉:積善館元禄の湯
                    

<料金・施設>
料金:4時間まで大人1000円(小人700円)
   4時間以上大人1800円(小人1300円)
  (個室:4時間まで4000円)
日帰りプラン:京風弁当3000円税別、入浴料込
 要予約・2名より(食事12:00〜13:30迄)
営業時間:10:00〜17:00
定休日:無休
大浴場「元禄の湯」、休憩室(大広間)、
歴史展示室、飲泉所、他
駐車場:20台、公営駐車場利用?(手前の河原沿)
 <おすすめポイント>

・透明で清冽な青色の四万温泉
・指定文化財の歴史とおもてなし
・日本一ほんもの美人女将さん

<含石膏弱塩泉>
特に胃腸病に良い、リウマチ、神経痛、等々・・・

<交通アクセス>
群馬県吾妻郡中之条町四万温泉
TEL:0279-64-2101(本館:64-2772)
FAX:0279-64-2369
関越道:渋川伊香保ICから国道353号、
経由、39km(60分)
一般道:国道17号〜国道353号、現地
電車:JR上越線新特急、中之条駅下車、
バス(40分)またはタクシー(20分)

快適度<90%>


積善館元禄の湯 ★★★ (ご案内) 


四万温泉の 積善館は歴史の古い湯治旅館 として有名です。一番古い本館の玄関部分は1691年(元禄4年)頃のもの。平成8年群馬県重要文化財に指定されています。
何でも先祖は藤原氏の時代に始まり、鎌倉時代に現山口県に領を賜ったことから”関”名を称しているそうです。由緒有る名主の建物様式、本館内(正面)には代々の調度品なども展示されています。赤い橋の右側に前新館「元禄の湯」(昭和5年築)があります。お湯は四万川のように清冽で、近代的施設の日帰り温泉では味わえないなんともレトロな雰囲気でした。
日帰り入浴では「元禄の湯」のみの利用ですが、”本館宿泊プラン”は湯治向きのおすすめプラン!料金格安、別館露天風呂も自由、食事のお弁当も美味。
それから・・・噂には聞いていた、、あの有名な美人の女将さんにはびっくり!(えのさん腰抜かすほどでした)快適度5%アップ

(評価結果)



<施設利用料> 安い・他費用 ★★★本館はグッド
<施設快適度> 観光・快適条件・近い ★★★(遠いけど四万川の自然)
<露天風呂> 湯質・肌触り・眺め開放感 ★★(元禄の湯、脱衣場の仕切り無し)
<仮眠休憩室> 有・無・又は快適スペース ★★★(古さを快適と感じれば)
<雰囲気> 客質・従業員の対応 ★★★グッド
<浴湯管理> 循環湯の交換・清掃管理・意識 ★★★(鏡面状の掛け流しの湯)
<美人湯度♪>美肌効果・評判・事実検証 ★★★グッド(石膏を含む湯で肌もヴィーナス?)

ディテール


 ←四万川の支流(新湯川)

旅館の横を四万川の支流が流れています。温泉を含んだ山の清流です。上流に源泉があり、毎分900L湧出量。
  

本館入口→ 

とにかく古めかしい建物。見学で入るのも良し。


 

 ←元禄の湯(本館)
このお風呂は、1930年(S.5)建築でございまして、私の祖父が建てたものです。大正ロマンが感じられるホール風のお風呂です。当時としましては随分と贅沢なお風呂だったと聞かされております。全面が洗い場となっておりますので、どこで洗って頂いてもよいのです。湯船から直接掛け流しで使っていただきます。平成9年に国の登録文化財、群馬県の近代化遺産となりました。古いお風呂ですが、豊かな出湯に支えられ積善で一番人気のお風呂です。(女将)
  休憩室(本館)→ 
昔の良き時代に戻った感じ、古い建物に愛着を感じれば快適です。元禄の湯の反対側です。

 

 ←美人の女将さん(19代目)

どんな美人か想像つかない、、と言う人は、、←左の画像をクリック! (説明省略)  次々とお部屋のごあいさつに奔走。 


積善館資料室→ 
代々伝わる調度品の数々、昔の温泉旅篭の様子がよくわかります。
2002.8作成  ホーム
  積善館元禄の湯 オフィシャルHPへ
中之条町観光協会へ