【クランクベイト】

印旛沼でのクランクベイトのイメージは…。
大抵の人が春のシャロークランクのイメージが強くそれ以外は。。
根掛りしそうでなかなか使えず、ついついスピナベを多用する人も多いとの事。
でも意外と根掛りしないものですよ!
カバークランクは思いっきりが大切です!
ある程度のスピードがあれば、しっかりヒラ打ちするよう設計されているルアーが多いはずです。
そして、未開拓のエリアで釣りをするなら絶対クランクの使用をお勧めします。
理由はスピナベでは分かりにくい底質を、リップやフックに付いた泥やゴミからある程度判断できるからです。
ようは泥やゴミをたくさん拾ってしまうエリアは水通しが悪いエリアであり、
逆に何も拾わないエリアは砂地(=水通しの良いエリア)の場合が多いのです。
ゴミを拾ったら大きくエリアチェンジする事で効率良く釣りが出来るはずです!

 

マンズ ベビー1マイナス

潜行深度:0〜30cm

ここ数年流行のサーフェイスクランクの元祖。
印旛沼では遠く昔から定番ルアーですが、最近これを使っている人をあまり見かけなくなりました。
どんなシャローでもガンガン引ける!しかも安い!!やっぱり印旛の定番ルアーですね!

 

ラッキークラフトUSA Fat CB B.D.S.0

潜行深度:30〜50cm

ラッキークラフトUSAのファットCBシリーズの最小サイズ。
潜行深度が通常のシャロークランクより浅く、それでいてサーフェイスクランクより潜ると言う、
有りそうでなかった潜行深度は今後印旛において活躍する事間違いなし!
サイズが一口サイズなのも超魅力…。

 

ベルズ シャローラビット

潜行深度:50〜60cm

あの鈴木智司が作成した伝説のシャロークランク!
もちろん印旛でも何年にも渡って活躍したルアーです。
私が始めてサポートを受けたのもこのルアーからでした。。
もちろん今でも外せないルアーのひとつです。

 

ベルズ シャローチャップリン

潜行深度:50〜60cm

シャローラビット同様ベルズ社長(鈴木智司)によるプロデュース。
両者とも固定ウエイトを採用し、重心移動システムには出せない魅力的なアクションを追求。
ラビットがキビキビアクションなのに対し、こちらはヌメヌメ系のアクションかな。。
重心が後方に寄りのためこちらのほうが若干飛距離が出やすい設計になっています。

 

ラッキークラフト CB50(ムーンサルトCB50)

潜行深度:50〜70cm

印旛沼でのトーナメントにおいて幾度となくウイニングルアーとなっている実績からも実力は実証済み!
印旛沼では問答無用のスーパールアーです。
一応「ラッキークラフトUSA」よりサポートを受けている身ですから、あえて「ムーンサルトCB50」と言わせて下さい。
ちなみに本湖で使用するにはCB50、新川・鹿島川・捷水路等ではCB100がおススメ!

 

ブリッツ

潜行深度:50〜70cm

「世界の並木」がこだわりにこだわったシャロークランク。
小刻みなバイブレーションは手返しよくシャローエリアをサーチするのにうってつけです。
先日並木プロが真夏の印旛沼でほぼ初挑戦でありながらこれでビッグバスをキャッチしたのはさすが…の一言に尽きますね!
すでにローカルトーナメントでも数々の実績有り!

 

B.D.S.Marty 1.2


潜行深度:1.0〜1.5m

99・04年バスマスターツアーウィナーのMARTY STONEデザインのスモールクランク。
他のラッキーUSAに比べスリムでアクションも地味め、しかもノンラトルとなれば日本のどこのレイクでも活躍間違いなし!
事実印旛沼では初テスト数投めで45aと40aを連続キャッチ!
当日はトーナメントを控えたプリプラだったため、あまりの凄さにその後投げれなくなってしまいました(笑)

 

ラッキークラフトUSA S.K.T.Mini DR

潜行深度:1.8〜2.0m

03年バスマスターツアーウィナーのSKEET REESEデザインによるこだわりの一品。
印旛沼においては捷水路の水深にベストマッチ!
最近流行のノンラトルにヌメヌメとしたアクションはスレたバスに効果的!!
これのMRモデルとのローテーションもGood!

 

ラッキークラフトUSA G.D.S.Mini DR

潜行深度:1.8〜2.0m

98年FLWツアーウィナー・04年バスマスターツアーAOYを獲得したGERALD SWINDLEデザイン。
S.K.T.同様最近アメリカで流行のスモールクランクは、日本ではベストマッチなサイズとして活躍する事でしょう!
私の場合広範囲にサーチする時に、小ぶりながらアクションの大きいこのG.D.S.を使用します。
先行角度も理想的です!

 

ラッキークラフト CB200(ムーンサルトCB200)

潜行深度:1.8〜2.0m

いわずと知れたラッキークラフトの看板ルアー。
アメリカでは「ムーンサルトCB」シリーズとしてリリースされています。
アクションはアメリカンクランクと比べるとおとなしめ…。
だからこそ日本のようなタフレイクには欠かせないルアーなのでしょう。

 

ラッキークラフトUSA R.C.1.5DD

潜行深度:2.0〜2.5m

神様RICK CLUNNが手塩にかけてデザインしたこだわりのルアー。
当シリーズは全体に大きめのクランクですが、このサイズなら誰でも抵抗無く使えるはず。
最もバスの濃い水深をくまなくトレースできアピール力も◎
印旛沼でもすでに実績をあげています。

 

 

 

戻る