サービス内容

夫婦という関係を、
維持する?解消する?当面別居する?
離婚するならその条件は?
子育ては父母どちらが担当する?
養育費は?面会交流は?
といった必要な事柄についての、
“話し合い“をサポートいたします。

調停の担当者

弁護士、元裁判官、元家庭裁判所調査官等、長年家事調停に携わって来たものが調停人となり、合意ができるように中立の立場で対話を進めます。

調停を行う時間

日曜・休日を含め、ご希望に沿った時間帯での開催に可能な限り応じます。
1回の調停時間は、概ね2時間を予定しています。

調停を行う場所

公益社団法人 家庭問題情報センター 東京ファミリー相談室
〒171-0021 東京都豊島区西池袋2-29-19 池袋KTビル10階

調停成立時

調停合意書を作成し、双方に1通ずつ渡します。

費用

申込時に双方各3,000円、調停期日ごとに双方各10,000円

申込受付時間

月曜から金曜日:10時から17時まで

申請までの流れ

夫婦問題等の紛争または
離婚後の子の監護に関する紛争の調停です。

申請までの流れ
調停実施
調停実施

第1回調停開始

・原則として【申立人】・【相手方】が同席した状態で進行
・1回の調停は2時間程度を予定
・当事者はいつでも調停をやめられます

申請までの流れ
調停合意書作成
調停合意書作成

合意が形成されると【調停合意書】を作成

・【申立人】と【相手方】と【調停人】が署名押印
・【申立人】と【相手方】それぞれに1通無料交付
・1通は相談室で10年間保存

なお、大阪ファミリー相談室および名古屋ファミリー相談室においても調停事業を行っています。

 大阪ファミリー相談室
 名古屋ファミリー相談室

PAGE
TOP
navigation