「福心会報」バックナンバー



 
 

 
 
 
田中千代松、浅間一男、山本健造、渡辺政治、市村俊彦、山田孝男など(敬称略、順不同)超心理学方面で大御所的存在となっている(となった)方々によって執筆された、日本の草分け的超心理学研究誌。 
  現在でもなお第一級の研究、体験報告が多数掲載されている。この方面に関心のある方あるいは研究者には必読の文献である。

 



 
 

 
 
 
 
 
 



NO.1 1961
 

・石塚直太郎氏肖像

・念写写真

・創刊のことぱ−−−甲 田 栄 佑

・石巻史蹟崖に関する実験−−−石 塚 直太郎 (1)

・念写は成功した−−−巽  直 道 (8)

・仏舎利の念写について−−−白 井  洌 (20)

・伝説と心霊の研究−−−宇佐美 景 堂 (22)

・言  づ  け−−−中 鳥 四 郎 (36)

・一皇子神社スケッチ−−−田 中  稔 (78)

・内外トピックス−−−(81)

・編集部だより−−−(82)
 
 
 

 


 

  頒価900円
  (送料160円)



 
 

 
 
 


No. 2 1963

・巻頭のことば−−−(1)

・福来多津夫人<愛情に生きた女性>−−−中 山 栄 子(3)

・名作心理の研究−−−甲 田 栄 佑(8)

・念写を楽しむ−−−巽 直 道(11)

・夢中透視−−−河 原 長三郎(14)

・竹内先生を囲んで(座談)1−−−(16)

・三田氏の念写事件記録と私の体験−−−佐藤 権右衛門(20)

・念写の作用機構に関する仮説−−−中 沢 信 午(28)

・催眠誘導講習会を省みて−−−杉 山 清 人(35)

・霊能を開くにはどうすれぱよいか−−−浅 間 一 男(38)

・光の漫歩−−−加 藤 雅 子(53)

・片葉の笹−−−加 藤 和 男(54)

・福来博士は霊の存在をどう考えたか   中 沢 信 午(58)

・西洋における医療的催眠法について   黒 田 正 大(61)

・トリックを暴露した話−−−Z 生(64)

・夢の霊的なた解釈−−−山 田 孝 男(66)

・術語集−−−(68)

・誌友サロン−−−(70)

・福心会記事−−−(72)

 


 

  頒価900円
  (送料160円)

 



 
 

 
 
 



NO.3 1963

(二つの立場)

・写    真

・名作心理の研究(2)−−−甲田 栄佑 (1)

・私たちの念写−−−巽 直道 (2)

・念写と透視の実験−−−大月 江佐子 (11)

・自分の念写に驚く−−−西本 正一 (13)

・自  回  志−−−小河 猶太郎 (14)

・新しい人が念写に成功した−−−巽 直道 (15)

・文殊堂の怪−−−加藤 和男 (16)

・竹内先生を囲んで(座談)(2)−−−(21)

・森竹定子女余聞録−−−黒田 正大 (24)

・霊能を開くにはどうすれぱよいか(2)−−−浅間 一男 (36)

・渡辺先生の思い出−−−田中 稔 (42)

・超心理学会設立の構想−−−中沢 信午 (44)

・催眠と超心理現象(総合抄録)−−−Z 生 (45)

・超心理学用語−−−(48)

・誌友サロン−−−(50)

(霊能者求めます)
 

 


 

  頒価900円
  (送料160円)



 
 

 
 
 



No4.5 合併号 1964

・巻頭言−−−(1)

・名作心理の研究(3)−−−甲田 栄佑 (2)

・ESPカードに於ける的中分布について−−−杉山 清人 (4)

・福来多津子夫人<愛情に生きた女性>−−−中山 栄子 (11)

・森竹定子女余聞録(後編)−−−黒田 正大 (14)

・私たちの超心理体験−−−巽 直道 (27)

・見える人と見えない人(抄訳)−−−リードビータァ (37)

・夢と幽界旅行−−−山田 秀香 (40)

・福来博士と三田先生の奇蹟−−−佐藤 権右エ門 (43)

・物理的実験を成功させるための条件−−−M ・ K 生 (46)

・火の玉<不思議の話1>−−−加藤 和男 (52)

・名刀月山丸……新因縁話−−−中沢 信午 (62)

・<超常現象という概念使用>の提言−−−(67)

・トピックス−−−(68)

・会のお知らせ−−−(73)
 

 


 

  頒価1200円
  (送料160円)



 
 

 
 
 



NO.6号 1964

・名作心理の研究(4)−−−甲田 栄佑 (1)

・父三田光一の想い出−−−三田 晴康 (3)

・心霊体験−−−中岡 桂園 (6)

・私の超心理体験−−−谷水 歌子 (10)

・私のプシー体験−−−曾根 大裕 (12)

・御船常代女余聞録(1)−−−黒田 正大 (15)

・霊能を開くにはどうすれぱよいか〔3〕−−−浅間 一男 (21)

・見える人と見えない人〔2〕−−−リードビータァ (33)

・私の体験 ― ひと魂と正夢−−−田村 有史 (38)

・ある狐の話−−−中沢 信午 (40)

・森竹定子女余分録〔追報〕−−−M K 生 (47)

・誌友サロン

 ・福来先生ご夫妻の想い出−−−松山 廉 (49)

 ・薄田師小冊子寄贈に寄せて−−−田村 有史 (50)

・会のお知らせ
 

 


 

  頒価900円
  (送料160円)



 
 

 
 
 


NO.7号 1965

・巻頭のことぱ

・名作心理の研究[5]−−−甲田栄佑 (2)

・理想的な死−−−巽直道・中岡桂園(4)

・心霊体験(2)−−−中岡桂園(9)

・念写実験−−−福本晋也(14)

・私の霊的体験と思索−−−山本健造(18)

・見える人と見えない人〔3〕−−−リードビータァ(31)

・御船常代女余聞録〔2〕−−−黒田正大(33)

・天草四郎の画−−−中沢 信午(39)

・霊能を開くにはどうすれぱよいか〔4〕−−−浅間一男(41)

・念写に思う−−−杉山清人(44)

・テレパシーの正体は電磁放射線波?−−−MK生(45)

・誌友サロン

 ・読者だより−−−隼田重之(51)

 ・超心理学情報−−−SN生(51)

・会のお知らせ
 

 


 

 頒価900円
  (送料160円)



 
 

 
 
 



NO.8.9合併号 1965

・名作心理の研究(6)−−−甲田 栄佑 (1)

・かんのむしを観て−−−杉山 清人 (3)

・カンの虫の鑑定−−−中沢 信午 (6)

・“音楽についての一実験”(抄録)−−−カ イ ル (9)

・神霊現象写真について−−−高橋 謙次郎 (11)

・私の超心理体験(2)−−−谷水 歌子 (14)

・心霊体験(3)−−−中岡 桂園 (20)

・父三田光一の思い出(2)−−−三田 晴康 (26)

・私の霊的体験と思索(続)−−−山本 健造 (29)

・お燈明の哲理−−−山本 健造 (35)

・水晶球霊像法(1)−−−宇佐美 景堂 (42)

・視覚の走査機構との関連体験−−−渡辺 政治 (48)

・楽しくやれるESP能力開発法(1)−−−山田 秀香

・卜ランス状態について−−−加藤 隆吉 (54)

・見える人と見えない人(抄訳続)−−−リードビータァ (57)

・霊魂秤量の実験(紹介)−−−M K 生 (59)

・幻覚剤について−−−黒田 正大 (64)

・“人”−宇佐美景堂氏−−−S N 生 (66)

・“誌友サロン”“念写は誰でもできる”−−−岩国 政徳 (68)

・会のお知らせ−−−(70)

 


 

 頒価1200円
  (送料160円)



 
 

 
 
 


NO.10号 1966

・巻頭言 パラレリズム

・名作心理の研究(7)−−−甲田 栄佑 (2)

・“疳の虫”考−−−加藤 和男 (5)

・水晶球霊像法(2)−−−宇佐美 景堂 (21)

・心理観の革命−−−山本 健造 (26)

・想念は形をとる−−−巽 直道 (38)

・心霊体験(4)−−−中岡 桂園 (46)

・体験と所感−−−谷水 歌子 (53)

・私の体験−−−大月 恵照 (56)

・透視−−−竹林 澄子 (61)

・私は幽霊を見た−−−曾根 大裕 (63)

・学生“お遍路”の四国独り歩き(1)−−−山田 孝男 (68)

・テレパシー実験の試み−−−山本 正夫 (79)

・自動書記の体験−−−阪上 文夫 (80)

・見える人と見えない人〔抄訳続〕−−−リードビー夕ァ (82)

・女性と霊能−−−中山 栄子 (85)

・霊能開発と精神統一について−−−岩口 政徳(86)

・“人”−菅生きちさん・山本健造氏−−−S N 生 (89)

・“誌友サロン”−私の遠隔施術例−−−野村 順三 (91)

・       −私が見た“虫封じ”−−−小出 君子 (92)

・会のお知らせ−−−(93)

 


  頒価900円
  (送料160円)



 
 

 
 
 
 
 


NO.11 1966 幽霊・ひとだま特集
 

口絵写真:実験室で作ったメタンガガスの炎−−−山名 正夫
 

・巻頭の こ と ぱ−−−中沢 信午

・超心理学における勇敢と慎重−−−J.G.Pratt

・火の玉について−−−渡辺 満夫

・霊魂の世界―その意味するもの−−−福田 育二郎

・幽体離脱−−−千原 範一

・本当にあるのか−−−増田 勝彦

・現幽の架け橋−−−星 猛夫

・幽霊の研究について−−−編集部

・幻覚について−−−黒田 正大
 
 
 

 


 

  頒価900円
  (送料160円)



 
 

 
 
 

NO.12.13合併号 1966

巻頭言−−−(1)

“幽霊屋敷”探訪ならず−−−黒田正大(2)

・津軽の霊場赤倉山探訪記−−−T ・ Y 生(8)

・幽霊についての考え方−−−巽直道(12)

・予知とテレパシー−−−谷水歌子(19)

・「蛾と私」の不思議な関係−−−市村俊彦(23)

・内観による内光発相の体験−−−阪上文夫(28)

・超物理現象の体験と思索−−−山本健造(37)

・水晶球霊像法(3)(4)−−−宇佐見景堂(52)

・学生“お遍路”の四国独り歩き(2)−−−山田孝男(59)

・テレパシーと遠隔透視実験の結果発表−−−(68)

・“人”−松山健氏−−−(69)

・誌友サロン―念写と精神統一について−−−岩口政徳(71)

      ―猫との心霊的交流−−−野村順三(72)

・会のお知らせ−−−(73)
 

 


 

 頒価1200円
  (送料160円)



 
 

 
 
 


N014  1967

・評   論

 巻頭言―方法と立場について−−−(1)

 名作心理の研究(8)−−−甲 田 栄 佑 (2)

 心霊と精神統一−−−岩 国 政 徳 (3)

 神秘な機械−−−中 沢 信 午 (5)

・特集=三田光一集

 父三田光一の思出(3)−−−三 田 晴 康 (11)

 三田光一氏の新聞切抜帳より−−−巽 直 道 (14)

 “三田光一”余聞録(1)―幼少年時代―−−−黒 田 正 大 (26)

 三田光一参考文献目録−−−編  集  部 (36)

・体験

 熱気をはらむ異常な幽霊−−−安 居 史 郎 (39)

 故小泉博士との対話−−−中 沢 信 午 (44)

・誌友サロン―生まれかわりの実話−−−足 立 勝 彦 (48)

       超心理への疑問−−−U T 生 (49)

 ・紹介“ラジェスセシア”ついて−−−山 田 孝 男 (50)

  “人”霊能者伊達鞠子夫人−−−中 山 栄 子 (52)

 ・報告−カストル女史来訪−−−S N 生 (55)

 〔会のお知らせ〕−−−(59)
 

 


 

  頒価900円
  (送料160円)



 
 

 
 
 


No.15 1967

巻頭言−−−(1)

・研究と報告

 カントとスヴェーデンポルグ−−−田 中 千代松(2)

 六次元哲学と内観療法−−−山 本 健 造(5)

 三田光一余聞録(2)―幼少年時代雑感−−−黒 田 正 大(34)

 新精神学による心経謹解と治療十二章−−−足 立 勝 彦(37)

 新精神学による治療上の想念・テレパシーに就いて
                         −−−足 立 勝 彦(46)

・記録と資料

 心霊写真について−−−巽 直 道(54)

 三田光一氏の新聞切抜帳より(2)−−−巽 直 道(59)

・誌友サロン

 心霊手術に関する映画・講演会感想−−−江 刺 興次郎(71)

・見聞記

 巨  岩−−−Z 生 (73)

雑誌紹介−−−(76)

会 員 消息−−−(78)

会員名簿−−−(79)
 
 
 


 

  頒価900円
  (送料160円)



 
 

 
 
 


No.16.17 1968

巻頭言−−−(1)

・研究と報告

 福来友吉博士の業績の紹介−−−黒田正典 ほか (2)

 催眠医学心理学会大会印象記−−−杉山清人 ほか (7)

 感覚工学−−−A.D.M.ディレイ (10)

 六次元哲学より見たる宇宙における人間の位置−−−山本健造 (15)

 超心理の問題点−−−中沢信午 (35)

・体験

 テレパシーとガングリオンと般若心経−−−巽直道 (38)

 幽界−−−安居史郎 (46)

・記録と資料

 三田光一氏の新聞切抜帳より(3)−−−小出君子 (51)

 フィリピンの神霊手術視察記−−−幸地政雄 (64)

 ?田山の穴?音?と六右衛門?の由来−−−岩口政徳 (65)

会員消息−−−(68)

会のお知らせ−−−(70)
 
 
 


  頒価1200円
  (送料160円)



 

・以下〜NO.33(通巻25)号 (工事中)
 


頒布物一覧お申し込み「福来心理学研究所に集う科学者たち」