ごあいさつ

代表取締役/濱田武雄


レギュラーコーヒーの需要が増えるにつれオートメーション化や共同焙煎業者まかせの風潮が強まる中で、ギンカコーヒーは一級品の豆の選別、焙煎技術の向上に取り組んでいます。さまざまな形での侵出方法、条件(点て方)の研究、そして焙煎の方法・技術の改良、工夫など、ギンカコーヒーは、「ほんものの中のほんもの」と呼ぶにふさわしい品質の珈琲豆をお届けするためにあらゆる努力を怠りません。
今日までの珈琲の長い歴史を考える時、大自然の偉大なる恵みに感謝を、そしてコーヒー農園の皆様の汗と努力の結晶である可愛いコーヒービーンズたちの素晴らしい個性(持ち味)を大切にしなければならないと思います。一杯のコーヒーにも人々の喜びや悲しみなどさまざまな物語(ロマン)が共にあるわけです。時には甘く、時にはほろ苦く、限りなく広がる美味しいハーモニーは、人々の心を癒し、勇気と元気を与え深く関わっています。かってこれ程までに愛され、語られ来た魅力あふれる飲み物はありません。ギンカコーヒーは、一粒のコーヒーにも愛と感謝の気持ちを込めて、本当に美味しいと喜んで頂けるコーヒー作りに日夜、研磨怠ることなく情熱を傾けています。



プロバット焙煎機

ギンカコーヒーの焙煎機はドイツ製のプロバット社のものを使用しています


 
社 名 株式会社ギンカコーヒー
本 社 大阪市中央区東心斎橋1-2-10
インターネット事業本部 大阪市中央区東心斎橋1-2-10
創 業 昭和3年(1928年)
代 表 者  代表取締役 濱田武雄
資 本 金 1000万円
従 業 員 数 10名
官能資格者  2名(コーヒーインストラクター2級、2003年12取得)
焙煎加工技術者  3名
事 業 内 容 高級珈琲専門・喫茶店経営総合コンサルタント
業務用珈琲卸売専門
喫茶飲食店経営
コーヒービーンズショップチェーン
喫茶珈琲教室(プロコース/一般コース)
所 属 団 体 全日本コーヒー商工組合
京都珈琲商工組合
事 業 所 卸事業部
・大阪市中央区東心斎橋1-2-10
・京都市下京区東洞院通り五条下ル和泉町540

コーヒービーンズショップ豆堂京都店
京都市下京区東洞院通り下がる和泉町547

コーヒービーンズショップ豆堂大阪店
喫茶教室研修所
大阪市浪速区難波中1-15-23
 
 
純白のコーヒーの花 ギンカコーヒー名前の由来
コーヒーの樹は2~3年で真っ白なジャスミンの香りにも似た小さな可愛い花を咲かせます。それは銀色にも輝く神秘的で美しい花です。
シルバーフラワー香り高き銀色に輝く薫しい純白の花・・・ギンカコーヒーの名前は、この香り高いコーヒーの可憐な花から名付けられました。