用意するものは、ドリッパー、サーバー、ロシ、計量スプーン、ポット・・他


 
 ドリッパーとサーバーを保温します。同時にコーヒーカップにお湯を入れて温めておきます。 人数分のコーヒーの粉を正確に計りドリッパーに入れセットします。分量は1人分8~12gです。好みで加減して下さい
コーヒーの粉(メッシュ)は、中挽き又は中細挽き
 
 水は必ず沸騰してから使用して下さい。
沸騰(100℃)したら火から外しひと呼吸おいてから立てます(80~90℃前後の状態が適温)。沸騰した100℃のお湯で立てると苦く、力強いコーヒーになります。アイスコーヒー等は、高温で立てても良いです。より風味がでます。


 
 最初の注湯では蒸らしを丁寧に行います。美味しいコーヒーエキスを抽出する為の第一段階。ドーツと湯を入れないで少しずつ粉にのせる様にゆっくりと蒸らして下さい。プクプクと充分拡張するまで待って下さい。(20~30秒)


蒸らしを充分にする事が美味しいコーヒーを立てるポイントです
     

2回目の注湯では湯量を細目にしてゆっくりと、さらに丁寧に数回(10回~15回位)円を描く様に廻しながらたてます。ドリッパーの上までお湯を注いでゆきます。丁寧に円を描くように廻す



3回目の注湯は、2回目のお湯が完全にドリッパーの底に落ちてしまわない内に(泡が消えない内に)お湯を注ぎます。廻す回数は2回目の半分位にします。
3回目の注湯は2回目の半分位の回数で5~8回廻す

4回目の注湯は軽く2~3回廻して湯量の調節をする程度とする。この段階ではアクや苦味・渋みなどが出やすいのであまりしつこく立てない様にして注湯を終了します。
4回目は2~3回廻してお湯の分量を調節程度で仕上げ

保温していたコーヒーカップに注いで美味しいコーヒーの出来上がりです。コーヒーを保温する場合は沸騰させると味も香りも飛んでしまいますので出来るだけカップを保温しておき出来立てのコーヒーを早く召し上がって下さい。


市販のメーカーのドリップ用器具は正しく設定されています。例えば2人用は2杯のコーヒーを上手に立てられる様になっています。4人用は4杯分美味しく立てられる大きさになっています。いづれも同じリズムでお湯の量を加減しながら立てるのがコツ。器具を正しく使用する事で上手に美味しいコーヒーが立てられます。いろいろ立て方を工夫してみると味が変わります。香り・味・苦味・透明感などを楽しんで下さい!!

器具によって立て方が異なる場合あります
 
 

ネルドリップ(布)

抽出の方法は、ペーパー式と同じ要領です。ネルドリップ式は、まったりとしたコクのある美味しいコーヒーに仕上がります。昔も今も通人にはたまらない魅力がある様です。味わい深いネルドリップの人気は今日も非常に高く、再びブームの気配さえあります。





新しいネル袋は古いコーヒーの粉かだしがらを入れた鍋で、15~20分程度煮沸して糊気と油分を取り除きます。


煮出したネル布を水で充分洗って絞り乾いた布で
水分を取ってから使用します。
 ネルドリップ用の器具にネル布とコーヒーの粉をセットする
(1人分10~12g位)
コーヒーの粉のメッシュは、荒挽き又は中挽き


コーヒーの立て方はペーパードリップと同じ要領で立てます。お湯は高温で立てると美味しくなります。ネルの温度が低いので温度が下がりやすいのです。

抽出後はコーヒーの粉を捨てて、ネル袋は充分水洗いをしてから冷水につけ、清潔な容器に入れて冷蔵庫で保管して下さい

ネル(布)の場合、常にネルを乾燥させないことが大切です。いつもきれいな冷水につけ清潔に保管(冷蔵保存)しましょう。乾いた布には独特の臭いがあり、そのままコーヒーを抽出しますとコーヒー液の中まで臭いが出てしまいますので美味しいコーヒーは飲めません。
 
 

ギンカ珈琲教室、インターネット編
20 第一章
コーヒー豆知識、歴史

21 第二章 ドリップコーヒー立て方

22 第三章 サイホン立て方

23 第四章 アイスコーヒー立て方

24 第五章 美味しい珈琲の条件

25 付録1 コーヒーと健康

26 付録1 紅茶、ハーブ立て方



 このオンラインショップは、㈱ギンカコーヒー が運営しています。



 copyright© Ginkacoffee Shop all rights reserved.