大島健夫オフィシャルサイト
    
                 

 

 

 

 

 

(撮影・川方祥大)


大島健夫

1974年11月20日・千葉県千葉市生
早稲田大学法学部卒業。
詩人。

2007年6月、「詩のボクシング」神奈川大会出場を機に自作詩、物語の朗読を開始。
2009年10月発表の不可思議 /wonderboy企画スポークンワーズ・コンピレーションアルバム「言葉がなければ可能性はない」に「蛇」で参加。
2010年10月、小説「そろそろ君が来る時間だ 10の小さな物語+1」を詩遊会出版より刊行。2018年2月、丘のうえ工房ムジカより新装発売。
2012年9月発表のコンピレーションアルバム「覚えたての呪文 不可思議/wonderboyトリビュート」に「先生、あのね」で参加。
2014年3月、詩集「神さまの人生」、長編物語詩「みいらの世界」をマイナビより電子書籍にて刊行。
2014年7月、史上初の「24時間朗読ワンマンライヴ」を完遂。
2015年3月、ベルギーのモンスで開催された国際ポエトリースラム「SLAMons & Friends2015」に三角みづ紀、橘上とともに日本チームとして参加。準決勝進出。
2016年3月、ポエトリー・スラム・ジャパン2016全国大会優勝。5月、フランスのパリで開催されたポエトリー・スラムW杯に日本代表として出場。準決勝進出。
2016年9月、ベルギーのブリュッセルで開催された「The Third Anual Brussels Poetry Fest」に三角みづ紀、橘上とともに参加。
2016年12月、イスラエルのテルアビブとエルサレムで開催された国際ポエトリースラム「Israel Slamstival」に出場。
2017年8月、詩「うなぎ」が漫画家・榎屋克優の画により「最初に君と出会ったのは満開のうなぎの木の下だった」として漫画化され、ミッドナイトストアーより刊行。
2018年4月、カナダのモントリオールで開催された国際ポエトリースラムとライヴショー「Richesse des langues」に出演。

「声・言葉・お話の力」をテーマに、様々なシーンで自作詩、物語を朗読する。

2009年12月より現在まで、山口勲と共同で、千葉で唯一の朗読オープンマイクイベント「千葉詩亭」を隔月で主催。
2014年12月より現在まで、渋谷RUBY ROOMにて、URAOCBと共同で、朗読ライヴイベント「SPIRIT」を毎月第一月曜日に主催。

◎新聞・雑誌等の掲載履歴はこちら
◎朗読動画はこちら
◎これまでの出演履歴はこちら

執筆/出演オファー、お問い合わせ等、何かございましたら下記までお願いいたします。
islander_works@yahoo.co.jp


********************


◆小説
「そろそろ君が来る時間だ 10の小さな物語+1」2018 丘のうえ工房ムジカ

◆漫画
「最初に君と出会ったのは満開のうなぎの木の下だった」2017 ミッドナイトストアー(榎屋克優・画/大島健夫・原作)

◆インタビュー
「いま、詩を生きる -谷川俊太郎と8人の朗読詩人が語る詩人生-」2018 日本スポークンワーズ協会

◆電子書籍
「神さまの人生」2014 マイナビ

「みいらの世界」2014 マイナビ
「愛すべき里山の生き物たち 第1集 ~名前の由来編~」2014 マイナビ
「愛すべき里山の生き物たち 第2集 ~弱者の生存戦略編~」2014 マイナビ
「愛すべき里山の生き物たち 第3集 ~里山のハンターたち編~」2014 マイナビ(
「愛すべき里山の生き物たち 第4集 ~繁殖行動の秘密編~」2015 マイナビ
「ちょっと少なくなってしまった里山の生き物たち」2015 マイナビ
「本当は美しい里山の生き物たち」2015 マイナビ

◆音源
「言葉がなければ可能性はない ― Spoken Words Conpilation 2009 ―」2009
「覚えたての呪文 不可思議/wonderboyトリビュート」2012 Sakkaku Records

「大蛇をください」2012 マイナビ(電子版)
「最初に君と出会ったのは、」2015 SPIRIT






Copyright (C) Oshima Takeo, All Rights Reserved.