安藤表題
 
○忘れられた思想家「安藤昌益(あんどうしょうえき)」

 武士が農民を支配する封建社会を厳しく批判した批判した江戸時代の独創的な思想家にこの安藤昌益がいます。
 E・H・ノーマンが1950年に出版した『忘れられた思想家ー安藤昌益のこと』(岩波新書)の冒頭の一節には次のようにあります。「今から二百年前、日本の北隅、秋田の一学者が『自然真営道(しぜんしんえいどう)』と題する哲学的・政治的論文百巻九十三冊をものしたが、その著者が果たして何者であるかについては何の手がかりも得られなかった。のちに本州北端の小都八戸に移り、遺業に携わっていた。」
 当時は、昌益の生涯についての伝記的研究がまだ進んでいなかったため、秋田住人の一学者が秋田の地で著作を書いたと考えられていました。しかし、現在は昌益は秋田県大館市で生まれたが、京都市で医学を修業し、その後青森県八戸市で町医者をしながら「独創的な思想」を形成し、『自然真営道』という膨大な書物をしたため、やがて故郷の大館市に戻り、ここで死去したと見られています。

 東北の片隅の先鋭的な民主的な革命思想家、それが安藤昌益でした。

八戸と安藤昌益(三浦忠司著)より抜粋
 
そんな安藤昌益の資料が手にとってじっくりと感じることができる日本唯一の資料館がここに誕生しました!当蔵試飲展示場の2階。蔵見学のついでに是非ご覧下さい。貴重な資料が数多く展示されています。
 
《定休日》 火曜日 《営業時間》午前10時〜午後4時 入場料300円(運営協力金)
これ以外に蔵見学時に一緒に見ていただく事ができます(事前予約が必要です)
 
【資料館の様子】
全体図
店じまい前の展示場
kanban
資料館のオープンの告知看板

naka1
雰囲気を出しています

naka2
たくさんの資料です
douzou
安藤昌益銅像。数ある情報からの想像です。
naka3
1階導入部分
naka3
ガイドブックなども販売しています

しっかり酒屋もしてます
naka5
蔵限定酒 命根(いのちのね)
naka4
特別純米酒 直耕(ちょっこう)


オープンを記念して
安藤昌益の思想にちなんだお酒
2種新発売してます!

特別純米酒 
「直耕(ちょっこう)」
1.8L 2,100円(税込)

華想い無ろ過純米大吟醸
「命根(いのちのね)」
180ml 800円(税込)

詳しい案内はこちらです。



 
いままでどおりいろいろなイベント企画等も開催していきます。こうご期待!
ご来場お待ちしています。
 
まちなか市日めぐり参加します!
八戸市八日町にちなんで毎月8日、18日、八の市を開催します。
季節の限定品試飲販売、グッズ販売など
《主催》はちのへ市日サミット・八戸商工会議所
 
戻る