十干・十二支


 「えと」は、漢字で「干支」と書きますが、これは当て字で、「十干・十二支」のことです。
 十干・十二支は、十干と十二支を組み合わせたもので、略して干支(えと)と言います。 「干」は木の幹、「支」は枝を意味します。


十干
 十干は「陰陽五行説」に基づくものです。
 五行説とは、古代中国の思想で、木・火・土・金・水の五元素(五行)が万物を構成すると考えるものです。陰陽道も中国からきた思想で、すべては「陰」と「陽」の2つに分けられるというものです。
 これと五行説が結びつき、陰陽五行説と言われます。こうして、五行をそれぞれ兄(え)と弟(と)に分けたのが十干です。兄は「陽」を、弟は「陰」を意味します。本来はこの十干を「えと(兄弟)」というわけです。
 甲、乙、丙、丁・・・は、漢字を当てたものです。

十二支
 中国で使われている旧暦では、毎年の木星の位置を知ることが必要でした。木星は12年で公転(太陽を1周)します。
 十二支は、毎年度における木星の位置を示すために天を12に分けた場合の呼び方で、それぞれに動物の名前を当てたものです。
 十二支の時間で現在にも引き継がれているのは、午前、午後です。午の刻(12時)の前と後です。また、地球の子午線は十二支での方位、子(北)と午(南)とを結ぶ線です。
 一説によると、これは植物の成長の過程を表すものだったそうです。

十干・十二支
 干支は、十干を甲乙、丙丁、戊己、庚辛、壬癸の五行として十二支と組み合わせ、60通りとしたものです。それぞれの行の一方と組み合わせれば他の一方とは組まないようになっています。甲子、乙丑はありますが、甲丑や乙子はありません。


十干 (じっかん)
五 行 陰 陽 意 味 読 み 十干 音読み
木 (き) 兄 (え)木の兄きのえ 1コウ
弟 (と)木の弟きのと 2オツ
火 (ひ) 兄 (え)火の兄ひのえ 3ヘイ
弟 (と) 火の弟ひのと 4テイ
土 (つち) 兄 (え)土の兄つちのえ 5
弟 (と)土の弟つちのと 6
金 (か) 兄 (え)金の兄かのえ 7コウ
弟 (と)金の弟かのと 8シン
水 (みず) 兄 (え)水の兄みずのえ 9ジン
弟 (と)水の弟みずのと 10


十二支 (じゅうにし)
十二支 音読み 訓読み 動物 時刻 方 位 植物の状態
1 11 月 0 時種子から芽が出る
2 チュウうし12 月 2 時北北東芽がのびる
3 インとら1 月 4 時東北東地上に芽が出る
4 ボウ2 月 6 時芽が出そろう
5 シンたつ3 月 8 時東南東若葉が出る
6 4 月 10 時南南東成熟しきる
7 うま5 月 12 時さらに大きくなる
8 ひつじ6 月 14 時南南西衰え始める
9 シンさる7 月 16 時西南西衰えつつも大きくなる
10 ユウとり8 月 18 時西成長が止まる
11 ジュツいぬ9 月 20 時西北西滅び始める
12 ガイ10 月 22 時北北西種子にこもる


干支 (えと)
干 支 読 み 干 支 読 み 干 支 読 み
1甲 子きのえ ね 21甲 申きのえ さる 41甲 辰きのえ たつ
2乙 丑きのと うし 22乙 酉きのと とり 42乙 巳きのと み
3丙 寅ひのえ とら 23丙 戌ひのえ いぬ 43丙 午ひのえ うま
4丁 卯ひのと う 24丁 亥ひのと い 44丁 未ひのと ひつじ
5戊 辰つちのえ たつ 25戊 子つちのえ ね 45戊 申つちのえ さる
6己 巳つちのと み 26己 丑つちのと うし 46己 酉つちのと とり
7庚 午かのえ うま 27庚 寅かのえ とら 47庚 戌かのえ いぬ
8辛 未かのと ひつじ 28辛 卯かのと う 48辛 亥かのと い
9壬 申みずのえ さる 29壬 辰みずのえ たつ 49壬 子みずのえ ね
10癸 酉みずのと とり 30癸 巳みずのと み 50癸 丑みずのと うし
11甲 戌きのえ いぬ 31甲 午きのえ うま 51甲 寅きのえ とら
12乙 亥きのと い 32乙 未きのと ひつじ 52乙 卯きのと う
13丙 子ひのえ ね 33丙 申ひのえ さる 53丙 辰ひのえ たつ
14丁 丑ひのと うし 34丁 酉ひのと とり 54丁 巳ひのと み
15戊 寅つちのえ とら 35戊 戌つちのえ いぬ 55戊 午つちのえ うま
16己 卯つちのと う 36己 亥つちのと い 56己 未つちのと ひつじ
17庚 辰かのえ たつ 37庚 子かのえ ね 57庚 申かのえ さる
18辛 巳かのと み 38辛 丑かのと うし 58辛 酉かのと とり
19壬 午みずのえ うま 39壬 寅みずのえ とら 59壬 戌みずのえ いぬ
20癸 未みずのと ひつじ 40癸 卯みずのと う 60癸 亥みずのと い


西暦年の干支を知るには、余りを求める関数 MOD を使います。
   干支の番号 = MOD ( 西暦年 , 60 ) − 3
この場合は、西暦年を 60 で割った余りから、3 を引きます。
1924年の場合、上式の西暦年に 1924 を入れると、
      1924 / 60 = 32 余り 4 ですから、
      4 - 3 = 1 で、
   干支の番号 = 1 となり、干支は「甲子」です。
この年(大正13年)、西宮市に「甲子園球場」が完成しました。

なお、干支の番号 0 は、60 の癸亥(みずのとい)です。


--- 十干・十二支 ---



関連ファイル

西暦・和暦対照表



表紙へ