いろはかるた


 「いろはかるた」 は、「色は匂へど散りぬるを、我が世誰ぞ常ならむ、有為(うい)の奥山 今日越えて、浅き夢見し酔(ゑ)ひもせず」(涅槃経)という仏教精神を和文で表わしたと 言われる 「いろは歌」 47文字と、「京」 を合わせた 48文字を、句の頭において作った 短歌のかるたです。
 この 「いろはかるた」 は、江戸中期に京都で作られ、大阪、名古屋、江戸にひろがってきたと いわれています。

いろはかるた
文字 江  戸 大  阪 京  都
犬も歩けば棒にあたる 一を聞いて十を知る 一寸先は闇
論より証拠 六十の三つ子 論語読みの論語知らず
花より団子 花より団子 針の穴から天井をのぞく
憎まれっ子世にはばかる 憎まれっ子神直し 二階から目薬
骨折り損のくたびれ儲け 惚れたが因果 仏の顔も三度
屁をひって尻つぼめ 下手の長談義 下手の長談義
年寄りの冷や水 遠い一家より近い隣 豆腐にかすがい
ちりも積もれば山となる 地獄の沙汰も金次第 地獄の沙汰も金次第
律儀者の子沢山 綸言汗のごとし 綸言汗のごとし
盗人の昼寝 盗人の昼寝 糠に釘
瑠璃もはりも照らせば光る 類をもって集まる 類をもって集まる
老いては子に従え 鬼の女房に鬼神 鬼も十八
割れ鍋にとじ蓋 若い時は二度ない 笑う門には福来たる
かったいのかさ怨み かげ裏の豆もはじけ時 蛙のつらに水
よしのずいから天井のぞく よこ槌で庭を掃く 夜目遠目傘の内
旅は道づれ世は情け 大食上戸の餅食い 立板に水
れう薬(良薬)は口に苦し 連木で腹を切る 連木で腹を切る
惣領の甚六 袖振り合うも他生の縁 袖振り合うも他生の縁
月夜に釜を抜く 爪に火をともす 月夜に釜を抜く
念には念を入れ 寝耳に水 猫に小判
泣きっ面に蜂 習わぬ経は読めぬ なす時の閻魔顔(えんまがお)
楽あれば苦あり 楽して楽知らず 来年のことを言えば鬼が笑う
無理が通れば道理が引っこむ 無芸大食 むま(馬)の耳に風
嘘から出たまこと 牛を馬にする 氏より育ち
芋の煮えたもご存知ない 炒り豆に花が咲く 鰯の頭も信心から
のど元すぎれば熱さ忘れる 野良の節句働き 鑿(のみ)と言えば小槌
鬼に金棒 陰陽師身の上知らず 負うた子に教えられ浅瀬を渡る
臭いものに蓋 果報は寝て待て 臭いものに蠅がたかる
安物買いの銭失い 闇に鉄砲 闇夜に鉄砲
負けるは勝ち 待てば甘露の日和あり まかぬ種は生えぬ
芸は身を助ける 下戸の建てた蔵はない 下駄に焼き味噌
文はやりたし書く手は持たぬ 武士は食わねど高楊枝 武士は食わねど高楊枝
子は三界の首っ枷 志は松の葉 これに懲りよ道斉坊
えてに帆をあげる 閻魔(えんま)の色事 縁の下の力持ち
亭主の好きな赤烏帽子 天道人を殺さず 寺から里へ
頭かくして尻かくさず 阿呆につける薬がない 足の下から鳥が立つ
三べん廻って煙草にせう さわらぬ神にたたりなし 竿の先に鈴
聞いて極楽見て地獄 義理とふんどし 義理とふんどしかかねばならぬ
油断大敵 油断大敵 幽霊の浜風
目の上のたんこぶ 目の上のたんこぶ 盲の垣のぞき
身から出た錆 身うちが古み 身は身で通る裸ん坊
知らぬが仏 尻食への観音 しはん坊の柿の種
縁は異なもの味なもの 縁の下の力持ち 縁と月日
貧乏暇なし 貧相の重ね食い ひょうたんから駒
門前の小僧習わぬ経を読む 桃栗三年柿八年 餅は餅屋
背に腹はかえられぬ 背戸の馬も相口 聖は道によりて賢し
粋は身を食う 墨に染まれば黒くなる 雀百まで踊り忘れず
京の夢大阪の夢 (京なし) 京に田舎あり

参考文献 : 「新釈いろはかるた」 (1983年) = (株)ぎょうせい


--- いろはかるた ---
2002.12.7 作成



表紙へ