グレゴリオ暦


 現在、日常使われているグレゴリオ暦は、1582年に制定された事実上の世界標準の暦です。 このグレゴリオ暦の前身はユリウス暦で、そのユリウス暦は、古代ローマ暦にエジプト 発祥の太陽暦を導入したものです。
 日本では、1872年からグレゴリオ暦が採用されています。

ローマ暦(ヌマ暦)とユリウス暦(アウグストゥス改暦)
ロ ー マ 暦 ユ リ ウ ス 暦
呼 称 日 数 呼 称 日 数
第11月ヤヌアリウス 29日第 1月31日
第12月フェブルアリウス 28日第 2月28日
第 1月マルチウス 31日第 3月31日
第 2月アプリリス 29日第 4月30日
第 3月マイウス 31日第 5月31日
第 4月ユニウス 29日第 6月30日
第 5月クインチリス 31日第 7月(ユリウスに改称)31日
第 6月セクスチリス 29日第 8月(アウグストゥスに改称)31日
第 7月セプテンベル 29日第 9月30日
第 8月オクトベル 31日第10月31日
第 9月ノヴェンベル 29日第11月30日
第10月デケンベル 29日第12月31日

 英語の各月の表記は、すべてユリウス暦の呼称から名づけられたものです。


ロ ー マ 暦
 ローマの建国は、紀元前8世紀頃といわれます。初代の王ロムルスがローマ最古の暦を 制定したといわれ、1年はマルチウス(春分の頃)に始まり、デケンベル(冬至の頃)までの 10ヶ月でした。(=ロムルス暦)
 二代目の王ヌマ・ポンピリウス(紀元前7世紀頃)は、冬季を計算しないため、1年が304日 しかなかったロムルス暦の後ろに、ヤヌアリウスとフェブリアリウスの2ヶ月を付け加え、1年を 12ヶ月としました。(=ヌマ暦)
ユ リ ウ ス 暦
 紀元前46年、エジプトでクレオパトラと運命的に結ばれたユリウス・カエサルは、当時エジプトで 使用されていた太陽暦の合理性を感じ、当時、立春が厳冬期にくるほど大きくずれていた ローマ暦を改正しました。このとき、4年に1度のうるう年も設けられました。7月の呼称、 ユリウス(英語のジュライ)は、カエサルの名ユリウスに由来します。(=ユリウス暦)
 西暦8年、ローマのアウグストゥスは、それまで誤って3年に1度置かれていたうるう年を 本来の4年に1度に修正しました。(=アウグストゥス改暦)
グ レ ゴ リ オ 暦
 1582年、当時のローマ法王グレゴリウス13世は、それまで1500年以上使われてきた ユリウス暦において、春分が10日ずれてしまい、キリスト教の重要な祝祭日である 復活祭の日付が、春分を基準に正しく決めることができなくなったため、改暦を行いました。 (=グレゴリオ暦)
 1. 西暦1582年10月4日(木)の次の日を、10日ずらして、10月15日(金)とする。
 2. ユリウス暦では、西暦年数が4で割り切れる年をうるう年としているが、100で割り切れ、 かつ400で割り切れない年はうるう年としない。


太 陰 暦
 月の運行、つまり月の満ち欠けの周期(朔望月という)を基準とするのが太陰暦です。 月の運行は季節推移と無関係で、1朔望月は約29.5日なので、12ヶ月を1年とすると、 1年は354日にしかならず、毎年、季節と11日あまりずれていくことになります。 「太陰」は月のことです。
太 陽 暦
 地球が太陽の周りを一回りする期間を1年とするのが太陽暦で、季節と一致します。 太陽暦は古代エジプトで発祥しましたが、毎年、ナイル川の増水の頃、太陽とシリウス (おおいぬ座の一等星)が同時に昇るという偶然からです。1太陽年は365.2422日で、 4年で1日ずつずれていくため、うるう年があります。「陽暦」、「新暦」 などともいいます。
太 陰 太 陽 暦
 太陰暦に、季節変化など太陽暦の要素を取り入れて作られた暦が、太陰太陽暦です。 「陰陽暦」 ともいわれますが、通常 「陰暦」、「旧暦」 とは、この太陰太陽暦をさします。
 グレゴリオ暦が採用されるまで、中国で3000年以上、日本で1000年以上も使われていたのは、 太陰太陽暦です。



 年月日という時間単位は、それぞれ、地球の公転周期(=年)、月の公転周期(=月)、 地球の自転周期(=日)を基準にしています。

1年の長さ (=日数)
年の種類 1年の日数 基 準
恒星年365.2564日恒 星 恒星を基準とする地球の公転周期
近点年365.2596日近日点 地球が太陽に最も近づく点(位置)
太陽年365.2422日春分点 太陽が天球の赤道を南から北へ通過する点

1年の平均日数
暦の種類 1年の平均日数
太陰暦354日
ユリウス暦365.25日
グレゴリオ暦365.2425日

 太陽年の平均をとって1年の長さを決め、これを暦年と調和させているのが現行の グレゴリオ暦ですが、3300年に1日のずれが生じます。


--- グレゴリオ暦 ---
2002.9.20 作成



表紙へ