会 社 案 内

      

会社概要

 商   号   株式会社ハタナカ昭和
 本   社   北海道留萌市本町3丁目60番地(留萌十字街西ビル1F)
 代 表 者   代表取締役社長 畑 中 修 平
 資 本 金   3億1,650万円
 事業の内容   ・コンクリートブロック製品の製造販売
         ・生コンクリート製品の製造販売
         ・日高三岩かんらん岩の採取及び販売
         ・建築土木用資材の販売
         ・建物賃貸業
         ・一般建設業《北海道知事(般-24)留第00562号(土)(と)(石)》
         ・設立年月日 昭和38年2月20日 

会 社 沿 革

 昭和38年  有限会社畑中組設立(資本金50万円)。コンクリート製品製造業・土木事業を開始。
   40年  遠別工場新設。護岸用コンクリートブロックの製造を専業とする。
   42年  留萌工場・奈井江第一工場新設。
   47年  帯広工場・奈井江第二工場新設。
   51年  旭川工場新設、札幌支店開設。
   52年  株式会社ハタナカに社名変更。北見工場新設。
       留萌市花園町4丁目に本社社屋完成。
   54年  八雲町に道南工場新設。増毛生コン工場・増毛機材センター新設。
       資本金5,000万円に増資。
   56年  資本金9,800万円に増資。
   57年  岩見沢工場新設。名寄工場及び厚岸生コン工場新設。
   58年  資本金1億9,600万円に増資。
 平成元年  岩見沢工場(大型コンクリートブロック製造専用工場)新設。
    3年  音更生コン工場新設。道央生コンクリート工業㈱吸収合併し岩見沢生コン工場とする。
    4年  北海道開発興産㈱吸収合併。資本金を3億100万円に増資。
       富士ジュナイト㈱吸収合併。資本金を3億650万円に増資。
    7年  昭和コンクリート工業㈱吸収合併。資本金を3億1,650万円に増資。
       株式会社ハタナカ昭和に社名変更。
   10年  新冠生コンクリート工業㈱吸収合併し新冠工場・新冠生コン工場とする。
   11年  ㈱ハタナカ型枠工作所吸収合併しブロック事業部型枠工作所とする。
   12年  畑中光雄代表取締役会長就任、畑中修平代表取締役社長就任。
   13年  本社を現在地に移転。
   14年  確定拠出年金制度(日本版401K)導入。
   15年  中小企業経営革新法の承認を受けて奈井江工場に大型成型設備導入。
   16年  手形払いを原則廃止し、一括決済システム(ノートクリア)を導入。
   18年  札幌市白石区の生コンクリート製造工場を取得し、札幌生コン工場とする。
   20年  札幌生コン工場、㈱ニレミックスと共同操業(札幌市南区川沿)開始。
   22年  中小企業経営革新法の承認を受けて日高三岩採石事業所に自走式大型クラッシャー導入。
   23年  日高三岩採石事業所、第3プラント設備増設。
   25年  札幌市北区屯田に生コン製造工場取得、會澤高圧コンクリート㈱と共同操業開始。
       ㈱ニレミックスとの共同操業(札幌市南区川沿)解除。
       創立50周年。

ページのトップへ戻る